ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

170年前に初めて米国へ渡ったベトナム人、チャン・チョン・キエム

2020/11/08 05:15 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 現在のホーチミン市9区ロンビン街区(phuong Long Binh)に、「チャンチョンキエム(Tran Trong Khiem)通り」がある。この通り名の由来となった人物が、今から170年余り前に初めて米国へ渡ったベトナム人だということを知る人はほとんどいないだろう。

 物語は、阮(グエン)朝(1802~1945年)時代の1842年に始まる。現在の東北部地方フート省ラムタオ郡(huyen Lam Thao)にあたるラムタオ府スアンルン村(lang Xuan Lung, phu Lam Thao)で、チャン・チョン・キエムという名の21歳の男が、重罪を犯した。キエムは、結婚したばかりの妻が該総(村レベルの行政区画の長)に殺害され、復讐のためにその該総を殺害したのだった。

 その後、キエムは現在の北部紅河デルタ地方フンイエン省のフォーヒエン(Pho Hien)に逃げ、外国の商船で働き始めた。これが、キエムの5大陸にまたがる冒険の始まりだった。

 1842年から1854年までの12年間に、キエムは香港、英国、オランダ、フランスと、アジアからヨーロッパまで数多くの土地を旅した。知性を活かし、行く先々で現地の言葉を習得した。1849年、米国のニューオーリンズにたどり着いたキエムは、故郷に帰る手段を見つけるまでの4年間、米国をさすらうこととなった。

 米国に到着したころのキエムは28歳。「レ・キム(Le Kim)」という偽名を使って中国人を装い、ゴールドラッシュに乗じて西部地方で金の採掘集団に参加した。それから2年近くの間、キエムはレ・キムとして西部で本物のカウボーイの生活を送った。

 キエムは、マークというカナダ人が立ち上げた金採掘集団に参加していた。この集団に参加するには、全員が食糧購入費や準備費としてお金を出し合わなければならなかった。キエムは1849年当時の金額で200USDを寄付した。

 キエムは多くの外国語を習得していたため、リーダーのマークの連絡係として、またオランダや中国、フランスなど多国籍なメンバーの通訳係としての役割を担った。

 キエムは皆にベトナム語もできると話したが、それを実際に使う機会はなかった。さらに、自分は中国人ではなく、中国の隣国の出身だということも話した。集団の中でキエムは丁寧で礼儀正しく、親切なことで有名で、皆からも尊敬されていた。

前へ   1   2   3   次へ
[Thanh Nien 06:40 06/11/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホーチミンの新たな路上文化、プラ椅子でカクテルを楽しむ若者たち (5:05)
 バーといえば、多くの人はグラスやボトル、氷、火などを巧みに操る専門技術を持ったバーテンダーがいる高級なプライベート空間を想像するだろう。こうしたバーを訪れる客は、場の文化を理解し、適した服装をす...>> 続き
橋からの飛び降り自殺を阻止せよ、カントー橋警備隊の任務 (2/28)
 夜11時、警備員のフア・ニョン・ハウさん(男性・58歳)は、橋の欄干のそばに停まっているバイクと、欄干の外側に座って顔を手で覆い、泣きながらとうとうと流れる川を見下ろしている若い女性を発見した。  ...>> 続き
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (2/21)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (2/14)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (2/7)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited