ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト

2021/02/07 05:25 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。

 「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会いたいです。47歳にして初めて、故郷から離れたところでテトを迎えます」とティンさん。

 ティンさん夫婦は北部紅河デルタ地方ハイズオン省出身で、今は北中部地方タインホア省の海沿いの村でお粥屋を営んでいる。夫婦は毎日、故郷で暮らす息子に電話をかけているが、テトに会えないことを伝える勇気はまだない。

 ハイズオン省チーリン市で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の集団感染が発生したというニュースを知り、ティンさんは故郷の家族や親戚が感染者と接触してしまうのではないかとうろたえた。その日、北中部地方は暖かかったが、携帯電話を握る手は震えていた。

 ティンさんの故郷は感染流行地域のチーリン市から約50km離れたタインミエン郡だ。ティンさん夫婦は、まだ市中感染が発生していなかった1か月前に帰省し、2人がタインホア省に戻った後にチーリン市で感染が確認された。

 2人とも健康状態に異常はなく、新型コロナに感染していることはないと思いつつも、ハイズオン省での滞在歴があったことから、念のためタインホア省の診療所で健康申告を行った。

 「その行動は、地域社会への責任意識を示すためであり、また他の省からタインホア省に来て地元の人を相手に商売をする人間としての信頼を築くためでもありました」とティンさんは語る。

 健康申告の手続きと検温を終えて、夫婦は自宅に帰り、規定に沿って自宅隔離を行った。感染のリスクがないことがわかり、当局の許可を受けてテト期間中もお店を開けることになった。

 ティンさんは毎日、近所の人に頼んでお店のお粥を買ってもらったり、電話注文を受けたりしながら営業を続けている。ただし、客に引き渡す際にはお店の前の椅子に商品を置いておき、ティンさんがその場を去ってから客が持っていくという形で、互いに接触しないように工夫している。

 今から4年前、ティンさん夫婦は息子も一緒にタインホア省へ移り、お粥屋を開くことに決めた。以来、小さい子供から大人まで、村の人々がお店にやって来るようになった。ティンさんは「新型コロナ禍で店を開き、理解してくれる人は応援してくれますが、中には失礼なことを言ってくる人もいます。それは構いませんが、テトに息子と離れ離れということばかり考え、つらくなります」と沈んだ声で話した。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 05:10 03/02/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (18日)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (11日)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4日)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
日本のベトナム人不法残留者数1.6万人、国籍別トップ (2日)
 日本の法務省出入国在留管理庁が発表した2021年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万5689人で、2020年1月1日時点の1万5561人と比べて+0.8%(...>> 続き
ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語 (3/28)
 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話が...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited