ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

隔離施設で出会い結婚、新型コロナ禍の隔離対象者と医療スタッフの愛の物語

2021/05/16 10:09 JST配信
Clip to Evernote
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大

 新型コロナ禍の集中隔離施設でフオン・リンさんとホアン・ハイさんは偶然出会い、隔離中だったリンさんは医療スタッフとして自分の世話をしてくれるハイさんにシンパシーを感じた。その後6か月間の交際を経て、2人は結婚を決めた。

 2020年7月、リンさんとハイさんは、東南部地方ビンズオン省バウバン郡の集中隔離施設で初めて出会った。

 ハイさんはバウバン郡医療センターに勤務しており、ハノイ市出身のリンさんはオーストラリアに留学し、現地で働いていた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴いベトナムに帰国したリンさんは、バウバン郡医療センターで入国後の隔離措置を受けることになった。

 ベトナム国内で新型コロナが流行し始めた当初、ハイさんの勤務先であるバウバン郡医療センターは、海外から帰国するベトナム人を受け入れる集中隔離施設となっていた。ハイさんが担当した隔離対象者50人の中の1人がリンさんだった。

 隔離期間中の2人は、午前と午後の検温と、食事の配膳のときに顔を合わせるだけだった。そんなリンさんのハイさんに対する第一印象は「真面目で近寄りがたい人」だった。

 一方のハイさんは仕事が忙しく、リンさんの印象はあまりなかった。そんな中でもハイさんは、マスクの上に覗くリンさんの丸くて大きな目と、いたずらっぽく優しい声だけは覚えているという。

 「医療スタッフの仕事はとても忙しく、顔を合わせてもただ挨拶をして、一言二言を交わすだけでした。リンの隔離中で一番思い出に残っているのは、マンゴーを食べるという彼女にナイフを貸したときのことです。私がナイフを返してもらいに行くと、彼女は『もう飲み込んじゃった』とユーモラスに言ったんです。彼女のジョークで激務の疲れが和らぎました」とハイさん。

 その後、熱心に行き届いた世話をしてくれるハイさんにリンさんは好印象を抱くようになり、いつしか恋愛感情が生まれたのだった。

前へ   1   2   3   次へ
[Zing 08:58 12/05/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
サパでイチゴ栽培に奮闘する夫婦、年間3万人が訪れる人気のイチゴ狩りスポットに (13日)
 西北部地方ラオカイ省サパ町サパ街区からターフィン地域に向かって約7kmの場所に位置する面積2haのイチゴ農園は、イチゴ狩りが体験できるスポットとして多くの観光客で賑わい、サパを訪れる時に外せない「チェ...>> 続き
下半身不随でも諦めず、機械工として生きる男性 (6日)
 2歳の時に両脚が麻痺し、小学校3年生までしか学校に通えず、それでも独学で勉強し続けたカオ・コン・タインさん(男性・55歳)は、機械工として働き、数十種類もの農業機械を製造してきた。  工具が散らかっ...>> 続き
ジャングル生活40年の「森の人」、がんと闘う 村に戻って8年 (5/30)
 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護された「森の人」ことホー・バン・ランさん(男性・52歳※)は、村に戻って今年で8年が経つ。南中部沿岸地方クアンガイ省チャーボン郡チャーフォン村...>> 続き
麻薬中毒から自力で抜け出した男性、20年経て中毒者の支援に尽力 (5/23)
 レ・チュン・トゥアンさんは、麻薬に溺れる日々から自力で立ち直り、麻薬中毒者の社会復帰を支援する施設を立ち上げ、数百人もの中毒者をサポートしている。  「母は6回の流産の後に私を出産したため、私は...>> 続き
SNSで里親探しも…4人の子供を育てるシングルファザーの事情 (5/9)
 4人の幼い子供を残して内縁の妻が姿を消し、ミンさんは男手ひとつで子供たちを育てていく決心をした。ある日、苦難のあまり子供を里子に出したいとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に書き込んだミ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited