ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

隔離施設で出会い結婚、新型コロナ禍の隔離対象者と医療スタッフの愛の物語

2021/05/16 10:09 JST配信
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大

 新型コロナ禍の集中隔離施設でフオン・リンさんとホアン・ハイさんは偶然出会い、隔離中だったリンさんは医療スタッフとして自分の世話をしてくれるハイさんにシンパシーを感じた。その後6か月間の交際を経て、2人は結婚を決めた。

 2020年7月、リンさんとハイさんは、東南部地方ビンズオン省バウバン郡の集中隔離施設で初めて出会った。

 ハイさんはバウバン郡医療センターに勤務しており、ハノイ市出身のリンさんはオーストラリアに留学し、現地で働いていた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴いベトナムに帰国したリンさんは、バウバン郡医療センターで入国後の隔離措置を受けることになった。

 ベトナム国内で新型コロナが流行し始めた当初、ハイさんの勤務先であるバウバン郡医療センターは、海外から帰国するベトナム人を受け入れる集中隔離施設となっていた。ハイさんが担当した隔離対象者50人の中の1人がリンさんだった。

 隔離期間中の2人は、午前と午後の検温と、食事の配膳のときに顔を合わせるだけだった。そんなリンさんのハイさんに対する第一印象は「真面目で近寄りがたい人」だった。

 一方のハイさんは仕事が忙しく、リンさんの印象はあまりなかった。そんな中でもハイさんは、マスクの上に覗くリンさんの丸くて大きな目と、いたずらっぽく優しい声だけは覚えているという。

 「医療スタッフの仕事はとても忙しく、顔を合わせてもただ挨拶をして、一言二言を交わすだけでした。リンの隔離中で一番思い出に残っているのは、マンゴーを食べるという彼女にナイフを貸したときのことです。私がナイフを返してもらいに行くと、彼女は『もう飲み込んじゃった』とユーモラスに言ったんです。彼女のジョークで激務の疲れが和らぎました」とハイさん。

 その後、熱心に行き届いた世話をしてくれるハイさんにリンさんは好印象を抱くようになり、いつしか恋愛感情が生まれたのだった。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Zing 08:58 12/05/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited