ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

映画「COME & GO カム・アンド・ゴー」日本公開、小野美由紀(作家)×リム・カーワイ(映画監督)対談

2021/11/21 10:30 JST配信

 アジア9か国・地域のキャストが出演するリム・カーワイ監督作「COME & GO カム・アンド・ゴー」が、11月19日に日本で公開された。この映画は、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ネパール、日本の9か国・地域の人たちが、様々な環境の中、大阪の地でサバイブする実像を描いた158分のノンストップ群像劇だ。

 ベトナムからは、2020年に日本でも公開されたベトナム映画「ソン・ランの響き(原題:Song Lang)」で主演を務めたリエン・ビン・ファット(Lien Binh Phat)が出演し、印刷会社で働く技能実習生を演じている。

【旅する作家&映画監督】小野美由紀(作家)×リム・カーワイ(映画監督)対談


 ジャパンプレミア上映となった2020年東京国際映画祭で本作を観た作家の小野美由紀さんが、Twitterで「もう一度見たい。」と呟いたのがきっかけだった。それを見たリム監督が会いたいと連絡を取り、対談が実現。そもそも就職活動から逃避し旅に出て作家になった小野美由紀さんと、東京でのサラリーマン生活から映画監督の道を志し北京電影に入学したリム監督。旅や人との距離感から物語を紡ぎ出すふたり。旅好きという共通点もあり、話は多国籍の人々が増える日本の未来についてまで広がった。



リム)よくベトナムに行くんですか?

小野)ベトナムは大好きで、もう5回ぐらい行っています。ダナンとか中部の街が好きで。リエン・ビン・ファットさんの大ファンです。今回「カム・アンド・ゴー」も彼が目当てで映画祭に観に行ったらすごく面白かった。

リム)ファットさんに感謝ですね。僕もバックパッカーで旅をしながら映画を撮っていますが、こういう生活を始めたのは中国に行ってからですね。北京電影で映画の勉強をしたんですけど、その前には東京でサラリーマンをしていたんです。更にその前は留学生でした。当時は日本とマレーシア以外には行ったことがなかった。会社を辞めて中国に行き、向こうでフリーランスで働くようになって、経済的に不安定ですけど、その代わり時間は余ってるわけで。北京にいた頃も国内をバックパッカーして回ったのですが、初めて中国以外のところに行ったのは実はベトナムなんですよね。

小野)そうなんですか!

リム)マレーシアと同じ東南アジアですけど、ベトナムには行ったことがなかった。その時は、北京からチベット、雲南省を経由してベトナムに入ったんですよ。北から南まで。その後、タイを経由してマレーシアに帰ったんですけど。陸路で初めてベトナムに行った時は、とても面白くて。

小野)マレーシアと全然文化が違いますよね。

リム)全然違いますね。二回目はマレーシアからベトナムに入って南から北へ。だからベトナム詳しかったけれど、10年ぐらい前の話で。一昨年、ファットさんを訪ねてベトナムに寄ったんですよ。彼とも会ったんですが、びっくりしましたよ。かなり都会に変わっていた。

小野)そう!10年でも全く変わりましたよね。ホーチミンですか?

リム)ファットさんを訪ねたのはホーチミンですが、その前はダラットとかダナンも行って。ホイアンも、とても好きでした。

小野)カーワイ監督はマレーシアのどちら出身なんですか?

リム)クアルランプールです。

小野)じゃあ、都会っ子ですね。それで都会を転々とされて。北京の生活はいかがでしたか?

リム)北京は大都会ですね。僕が行ったころは2004年頃ですけど、行ったことはありますか?

小野)ないです。上海は行きましたが。

リム)上海もすごいですよね。北京と上海の違いですけど、北京は道路が広くて、なんでも大きいですね。レストランだと100席以上あるのが当たり前で、道路だと8車線。たぶん上海も2車線ですよね。広くて大きくて、初めて北京に住んだ時にびっくりしましたね。あと北京は人が面白いですね。上海、よく行きましたか?

小野)二回行って、主に中心部のショッピング街にずっといたんですけど。

リム)上海は都会的で洗練されてて、外国人が多い。外国人に憧れて、街全体もそういう風になろうとしてる。北京の場合は、外の影響を頑固に拒否し続ける街というイメージがあります。北京が世界の中心と考えている人が多くて、面白いですよ。

小野)確かに文化とかアートの中心ですもんね、北京って。そういう意味でも選民意識みたいなものがあるのかしら。

リム)そうそう!でも上海の人もそうですよね?

小野)どこの都市の人も、自分の街にはプライドを持ってるのかも。カーワイさんはご自身が都会っ子だからなのか、都市を描くのがやっぱり好きなんですか?

リム)そうですね…ちょうどこの映画(「COME & GO カム・アンド・ゴー」)も大阪が舞台の都会の映画ですね。でも、田舎でも映画は作りたいと思ってます。一作目の映画は北京で撮ったんですが、郊外の話です。二作目は香港で作ったんですが、それもランタオ島のホテルを舞台にして作った映画です。言わなければ香港で撮ったというイメージがないと思います。

小野)日本人はあまり知らないですよね?

リム)はい。ランタオ島にもいろいろ村がありまして、漁村の映画ですよね。だから必ずしも都会の映画ばかり作っているわけではないですね。

小野)たまたま今回は都市の人間関係を撮りたかったわけですね。監督が映画で撮りたいと思ってるものって、何ですか?抽象的な質問ですが。

リム)自分の場合は、まず場所ありきと考えていて。今回大阪を舞台にしてますが、さっきの香港の島の映画も、たまたま旅行で行って、物語が起こったら面白いんじゃないかなという発想があって作っていったんですよ。僕にとって、その場所に生きる人々の話を作りたいという気持ちが強いですよね、自分が惹かれる場所。

小野)土地によってインスピレーションが湧いてくるという感じですかね?東ヨーロッパやロシアを旅したと聞いたんですけど、やっぱり魅力を感じますか?

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[2021年11月20日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
ホーチミンの「資源回収集落」に暮らす人々、集団感染で生き死にの境 (11/28)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の襲来で、ホーチミン市の「資源回収(ベーチャイ=ve chai)集落」に暮らす人々のほとんどが感染者(F0)となり、多くが生き死にの境に直面した。集団感染(クラスター)の発生か...>> 続き
乳児期の火傷で顔にケロイド、差別を乗り越え夢のケーキ屋をオープンした男性 (11/14)
 顔にケロイドがあるゴ・クイ・ハイさん(男性・27歳)は、10歳のときに聴覚障害を持つ友人の誕生日ケーキを買いにケーキ屋に入ったが、顔が醜いという理由で店から追い出されてしまった。それからというもの、ハ...>> 続き
米国で7年服役した有名ハッカー、政府公認の専門家として社会貢献 (11/7)
 「HieuPC」ことゴ・ミン・ヒエウさん(男性・32歳、南中部高原地方ザライ省出身)は、多国籍サイバー犯罪者集団の1人として2013年に米国で逮捕された、有名な元ブラックハットハッカーだ。米国で7年間服役した後...>> 続き
新型コロナで彼女の故郷に足止め、そのまま結婚したサイゴンの男性とモン族の女性 (10/31)
 4月30日の南部解放記念日に伴う連休に合わせて、西北部地方ライチャウ省に暮らす恋人のもとを訪れたホーチミン市出身のグエン・タイン・ゴックさん(1996年生まれ)は、同時期に新型コロナウイルス感染症(COVID-1...>> 続き
新型コロナで路線バス運休、仕事もお金もなく…車内で生活する運転手たち (10/24)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う社会的隔離措置により、ホーチミン市内の路線バスの運行が停止されてから4か月余りの間、多くの運転手や車掌は仕事もお金もなく、故郷に帰ることも家賃を支払うことも...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited