ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイの「鍛冶屋村」唯一の女性職人

2022/06/19 10:23 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 初夏の午前7時、ドー・ティ・トゥエンさん(女性・57歳)は手持ちの中で一番古い服を選び、ブーツを履き、分厚いグローブをはめ、布の帽子をかぶって、40年物の炉に火を入れる。

 トゥエンさん一家の工房は、刃物作りの伝統工芸村として知られるハノイ市ハドン区の「ダーシー鍛冶屋村」にある。炉に火がつくと、面積20m2余りの工房全体に熱風が広がる。風量を最大にした3つの扇風機は、工房の温度を下げるのに全く役立たない。

 「普通、仕事に行くときは一番きれいな服を選ぶでしょ。でも私は一番汚れている服を着るんです。冬でも夏でも長袖よ」と、トゥエンさんは手に持ったハンマーを、燃えるように真っ赤な刃金に打ちつけながら言った。

 ダーシー鍛冶屋村は北部のデルタ地方で最も古く、最も有名な鍛冶屋村の1つだ。村の人によれば、鍛冶の仕事は北中部地方タインホア省出身のグエン・トゥアンとグエン・トゥアットという2人の老人によって伝授され、16世紀の終わりから17世紀の初めにかけて形成されたという。

 村で生まれ育ったトゥエンさんは、刃物を作って売ることで生計を立てていた両親の手伝いで、14歳のころから工房に出入りしていた。

 鍛冶の仕事の大変さを目の当たりにしてきたトゥエンさんは、高校3年生のときに学校を辞め、病院で食事の配給をしていたが、1人の友人から西北部地方ホアビン省に仕事を探しに行こうと誘われた。しかし、両親は娘が家から遠く離れることを嫌がった。

 「自宅でできる仕事は最高だぞ。出稼ぎなんてする必要はないよ」と、父親は励ました。以来、若かりしトゥエンさんは、鍛冶の仕事に就き、父親に倣って刃物を作り、市場で売るようになった。

 最初はハンマーが手になじまず、強く叩いていたため刃金はなかなか思い通りの形になってくれなかった。1日中ハンマーを握りしめていたため、腕が疲れ果ててご飯茶碗を持ち上げることすらできないときもあった。両方の手のひらには水ぶくれができ、眠れないほど痛んだ。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpresss 06:31 09/05/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2023 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ハノイ旧市街の超狭小集合住宅、70人で共同便所1か所 (11/26)
 ハノイ市ホアンキエム区のハンボン(Hang Bong)通りとフーゾアン(Phu Doan)通りの交差点に、ハンボン集合住宅がある。グエン・ゴック・アインさん(女性・55歳)は、自分も旧市街の住人になって人生を変えたいとい...>> 続き
魚に昆虫…男性で賑わうホーチミンのユニークな市場 (11/19)
 観賞魚の愛好家で、ホーチミン市5区にあるルウスアンティン市場を知らない人はいないだろう。この市場は、午前3時から6時まで賑わい、その後は市場ごとすっかり「消えて」しまう。午前6時以降になると、市場の...>> 続き
騙されて中国に渡った女性、28年ぶりに母親とオンラインで涙の再会 (11/12)
 レ・ティ・フオン・マイさん(女性・42歳)は、14歳のときに叔母から「仕事を紹介してあげる」と言われ、中国に連れて行かれた。マイさんは現地の中国人と結婚させられ、ベトナムの家族とは28年間も音信不通だっ...>> 続き
「ハリー・ポッター魔法ワールド大図鑑」の表紙を手掛けたベトナム人アーティスト (11/5)
 英国の作家J・K・ローリングによる児童文学・ファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズ初の公式図鑑「ハリー・ポッター魔法ワールド大図鑑」が、10月10日に世界各国で出版された。ベトナムでもチェー出版...>> 続き
山岳地帯で荷物を運ぶ「ポーター」、モン族の副業から本業に (10/29)
 山岳地帯で観光客の荷物を運搬したり道案内をしたりする「ポーター」という仕事による収入のおかげで、ベトナムの少数民族の1つであるモン族の人々は、子供たちの養育費を支払い、妻のドレスを縫う布地を買い、...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2023 All Rights Reserved