ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

77歳女性の終活、「どれだけ生きるかよりどう生きるか」

2024/04/07 10:06 JST配信
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大

3月末、ハノイ市ホアンマイ区在住のレ・ティ・ビック・フオンさん(女性・77歳)は、フオンさん自身が手掛けた作詞に合わせて音楽家のグエン・クオンさんが作曲した楽曲のミュージック・ビデオ(MV)の撮影に大忙しだった。

 「この曲は、私が死んだ日に発表して、子供や孫、ゲストたちに聴いてもらうんです」。

 フオンさんは、15年も前から着々と「終活」を進めている。墓を建てる土地を探し、希望や遺産の分配について子供たちへの遺言書をしたため、ありとあらゆる準備を熱心に行ってきた。

 「自分の安住の地を見つけるだけで7年かかりました。あるお墓は『死んだら売る』と言われたり、またあるお墓は私自身が気に入らなかったりね」とフオンさん。

 フオンさんが西北部地方ホアビン省の墓地に区画を見つけることができたのは、2010年のことだった。フオンさんは、家風や自身の芸術的なセンスを感じてもらえるよう、自分が入る墓をクラシカルな中庭のようなデザインにした。

 「生と死は人間の人生のルールであり、誰も避けることはできません。重要なのは、自分がそれをどのように受け入れるかなんです」とフオンさんは語る。

 しかし、フオンさんはいわゆる一般的な葬儀の準備はしていない。フオンさんは子供たちに、自分の葬儀では「葬儀」という言葉を絶対に使わず、「天に帰る母を見送る儀式」と呼ぶように頼んでいる。

 また、その儀式のときには、息子と男の子の孫たちはワイシャツまたはジャケットを着なければならず、娘はアオザイと白いズボンを、女の子の孫たちはドレスを着て、きれいにメイクをしなければならない。

 さらにフオンさんは、自分の儀式では、一般的な葬儀のように冥銭を燃やしたり、頭に白い布を巻いたり、何よりも泣いたりすることのないよう、みんなに言い聞かせている。

 その理由はこうだ。「子供がまだ小さいとき、子供が痛がったり泣いたりしているととても心が痛んで、何とかなぐさめていたんです。でも、私が死んだら、子供たちが泣いていてもなぐさめることはできないし、安心して逝けませんから」。

 フオンさんのもう1つの願いは、ゲスト、つまり弔問客には葬儀用の花輪ではなく、切り花や生花のバスケットを持ってきてほしいということだ。「お見送りの儀式」で集まったお金はすべて、重い病気と闘っている子供たちの支援に充てるという。

 「こんなふうに、幼いころから他の人とはちょっと違う生き方をしてきたんです」とフオンさん。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 06:29 30/03/2024, A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
パソナテックベトナムなど3社、ダナン進出支援コンソーシアム組成 (3:30)

 ベトナムでHRソリューションやBPOサービスなどを提供するパソナテックベトナム(Pasona Tech Vietnam、ホーチミン市)は、日本企業の南中部沿岸地方ダナン市への投資・進出支援の強化に向け、TMI総合法律事務所ベ...

ホーチミン:ホームデコ・ギフト展示会「LifeStyle」、10月開催 (2:30)

 ホーチミン市12区のクアンチュンソフトウェアパークにあるスカイエキスポベトナム(Sky Expo Vietnam:duong So 1, Cong vien Phan mem Quang Trung, quan 12, TP. Ho Chi Minh)で、10月18日(金)から21日(月)ま...

趣味でアリを飼育する会社員、月10万円以上の副収入に (26日)

 ハノイ市ドンダー区在住の会社員のブイ・ゴック・クオンさん(男性)は、ストレスの多い仕事の後の趣味として、観賞用のアリを飼育している。クオンさんは、アリの個体や飼育用品を販売することで、月に2000万~3...

「24年夏の人気観光地」にダナンが選出、トリップアドバイザー (25日)

 世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」は、世界6か国(米国、英国、イタリア、オーストラリア、シンガポール、日本)の旅行者への意識調査とサイトの利用状況データをもとに、202...

ダナン:アジアパークが新たなショー開催、ハリウッド級演出も (25日)

 南中部沿岸地方ダナン市にあるテーマパーク「アジアパーク(Asia Park)」では6月、「Symphony of River」や「Roi Viet(ベトナム人形劇)」など初登場となる多くのショーを開催して夏季の来場者を歓迎する。  ...

ホーチミン:「南部フルーツフェスティバル」開催、6月1日から (25日)

 ホーチミン市直轄トゥードゥック市タンフー街区のスオイティエン公園(120 xa lo Ha Noi, phuong Tan Phu, TP. Thu Duc, TP. Ho Chi Minh)で6月1日から8月30日まで3か月間にわたり、「南部フルーツフェスティバ...

ハノイ:深夜の貸家で火災、死者14人・負傷者3人 (24日)

 ハノイ市カウザイ区チュンホア街区チュンキン(Trung Kinh)通りの狭い路地にある3階建ての家屋で24日午前0時45分ごろに大規模な火災が発生した。これまでに14人が死亡する大惨事となっている。  この家屋は...

プーチン露大統領ら各国首脳、ベトナムのラム新国家主席に祝電 (24日)

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領をはじめとする各国の首脳らが、22日に開かれた第15期(2021~2026年)第7回国会で、ベトナムの新国家主席に選出されたトー・ラム氏に祝電を送った。  プーチン大統領は...

外国籍船とはしけが衝突、コンテナ9個がドンナイ川に落下 (24日)

 23日午後、ホーチミン市直轄トゥードゥック市カットライ街区を流れる3本の川(ドンナイ川、サイゴン川、ニャーベー川)の合流点エリアで、シンガポール船籍の船とはしけが衝突する事故が発生した。この事故により...

WEF旅行・観光開発指数ランキング、越は119か国中59位 (24日)

 世界経済フォーラム(WEF)が発表した「2024年版旅行・観光開発指数(The Travel & Tourism Development Index 2024)」のランキングによると、ベトナムはスコアが3.96で世界119か国・地域中59位となった。2019年と...

ベトテル子会社、ウェアラブル医療機器の提供で韓国企業と提携 (24日)

 韓国の医療機器メーカーであるシアース・テクノロジー(Seers Tecnology)はこのほど、ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)傘下のベトテル企業ソリューション総公社(ベトテル・ソリューションズ=Vi...

非現金決済に関する新政令、電子マネーを初めて定義 (24日)

 政府は、非現金決済に関する政令第52号/2024/ND-CPを公布した。これは、政令第101号/2012/ND-CPと政令第80号/2016/ND-CPに置き換わるもので、7月1日に施行される。  新政令によると、「電子マネー」は、電...

三菱電機、ベトナムでFA機器の合弁会社を設立 (24日)

 三菱電機株式会社(東京都千代田区)は、ASEAN向けFA機器の生産体制を強化するため、冨士ベークライト株式会社(岡山県小田郡)との間で、冨士ベークライトの子会社である冨士ベークライトベトナム(Fuji Bakelite V...

ベトジェットエア、運賃割引・0VNDキャンペーン実施中 (24日)

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、5月27日(月)まで、ベトナム~インド路線の往復運賃が最大50%割引(税など含まず)からとなるキャンペーンを実施して

ベトナムの越境EC輸出額、直近5年で4倍に (24日)

 商工省傘下の電子商取引・デジタル経済局(IDEA)は22日、アマゾン・グローバル・セリング・ベトナム(Amazon Global Selling Vietnam)と協力し、プログラム「国境を越えた電子商取引:画期的時代」の第2期の発表...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved