ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムサッカー、2023年の印象的な出来事5選

2023/12/31 08:16 JST配信
(C)To Quoc
(C)To Quoc 写真の拡大

ベトナム女子代表が史上初のワールドカップ出場

7月にオーストラリアとニュージーランドで共同開催されたFIFA女子ワールドカップ2023にベトナム女子代表(通称ゴールデンガールズ)が初出場した。ベトナムは初戦で大会2連覇中の米国と激突。結果は0-3の敗戦だったが、ベトナム国歌がワールドカップの舞台で流れたことは、ベトナム女子サッカーの歴史的な一幕となった。ベトナムはその後、第2節でポルトガルに0-2、第3節でオランダに0-7で敗れてグループステージ3連敗。世界との実力差を見せつけられる結果となった。

ベトナムサッカーの父パク・ハンソが勇退、元日本代表監督トルシエがベトナム代表監督に就任

 在任期間の5年間で数々の快挙を成し遂げた韓国人指揮官のパク・ハンソ監督が勇退し、2月末にフランス人のフィリップ・トルシエ氏(元日本代表監督)がベトナム代表監督(U-23代表兼任)に就任した。白い魔術師の異名で知られるフランス人指揮官は、2026年のワールドカップ出場を目標に掲げてチームの舵取りをスタート。

 トルシエ監督は就任1年目に行われたU-23アジアカップ予選を2勝1敗の成績で勝ち抜き、グループ首位で本大会出場権を獲得。A代表では、初陣となった香港戦の勝利を皮切りに、シリア、パレスチナを下して3連勝を飾って幸先の良い船出となった。FIFAワールドカップ・アジア2次予選では、ここまで1勝1敗で2位につけている。しかし、10月中の海外遠征で実施した強豪国との親善試合では、中国、ウズベキスタン、韓国に3連敗を喫しており、現在は監督の手腕が疑問視されている。就任直後に行われた東南アジア競技大会(SEA Games)では、U-22ベトナム代表が3大会連続の金メダル獲得を期待されていたが、銅メダルという最低限の結果に終わり、国民を失望させた。

 トルシエ監督率いるベトナム代表は、戦術や選手選考、起用法などでも度々議論を巻き起こしており、現時点で国内での評価は決して高いとは言えない。2024年始にカタールで開催されるアジアカップでは、一定の結果を残すことが求められている。ベトナムは前回大会でベスト8に躍進。今大会ではグループステージ突破がノルマと考えられている。

Vリーグが2023-2024シーズンから秋春制に移行

 ベトナムサッカー連盟(VFF)とベトナムプロサッカー株式会社(PVF)は、ベトナムプロサッカーリーグ(Vリーグ)を2023-2024シーズンから、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の日程と合わせる形で秋春制に移行することを決定した。これにより、今シーズンは年をまたいでリーグ戦が開催されることとなった。

 ヨーロッパの多くの国が秋春制を採用しており、これと同様のスケジュールとなることで、ベトナムが国際サッカーに統合され、ベトナム代表やアンダー世代の代表が世界の強豪国と対戦する機会が増加。また、移籍市場でもヨーロッパから有力選手を獲得しやすくなると期待されている。

VリーグでVARの本格導入がスタート

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)は、2023シーズン終盤にVリーグで試験的に導入されていたが、2023-2024シーズンからは本格的に導入が始まった。既に世界各国のリーグで導入されており、Vリーグが国際水準に追いつくために必要なものとされている。VARの介入により、ジャッジの公平性と透明性の向上に繋がると期待されており、現時点では、4つ以上のスタジアムが導入。今後はリーグ戦が行われる全てのスタジアムでの導入が検討されている。

大型補強のハノイ公安FCが昇格シーズンでV1リーグ優勝

 人民公安FC(CAND)は2022シーズンにベトナム2部Vリーグ2を制して1部昇格を果たすと、昇格シーズンとなった2023シーズン前に本拠地をハノイ市に移転し、ハノイ公安FC(CAHN)に改称。オフシーズンに大型補強を敢行して、ベトナム代表の主力級を次々と買い漁り、 他クラブがうらやむ強力な戦力を揃えたハノイ公安FCは、強豪ハノイFCと熾烈な首位争いを演じて、最後は得失点差で僅かに上回り、リーグ優勝を果たした。昇格シーズンでのV1優勝は、2003シーズンのホアン・アイン・ザライ(HAGL)以来の快挙だった。

※記事提供:ベトナムフットボールダイジェスト+

[2023年12月30日 ベトナムフットボールダイジェスト+].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
「世界の空港トップ100」、ノイバイ空港とダナン空港がランクイン (6:31)

 英国航空サービスリサーチ会社のスカイトラックス(Skytrax)が発表した「世界の空港トップ100(The World’s Top 100 Airports)」2024年版で、ベトナムからハノイ市の

電子身分証明書、7月から行政手続きなどで使用可能に (6:10)

 身分証明法(7月1日施行)によると、ベトナム国民には電子身分証明書が付与され、これを介して行政手続きや公共サービスなどの手続きを行うことが可能となる。  電子身分証明書は、ICチップ搭載の身分証明書...

サービスエリアにEV充電スタンド設置義務付け、国家技術基準改正で (5:37)

 交通運輸省は5日、道路サービスエリアに関する国家技術基準を改正する通達第9号/2024/TT-BGTVT(10月5日施行)を発出した。  通達では、道路サービスエリアについて、◇高速道路、◇国道、◇省道に設置され、交...

10代で結婚、30代で孫の世話…連鎖する児童婚 (21日)

 他に人のいない家の中で、タオ・バン・ポーさん(男性・36歳)が子供をあやして泣き止ませようとしている。一見、ポーさんが自分の子供をあやしているのかと思いきや、実はこの子供はポーさんの「孫」だ。  ...

社会住宅の購入条件「世帯月収18万円以下」、建設省提案 (5:06)

 建設省は、社会住宅(政府・地方自治体が建設・購入を支援する工場労働者などの低収入者や公務員向け住宅)の開発に関する政令草案を策定中だ。草案には、社会住宅購入の対象者に求められる収入の条件が盛り込ま...

ベトナム航空、ハノイ~ディエンビエン線を増便 戦勝70周年で (4:16)

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は5月3日から8日にかけて、ハノイ市ノイバイ国際空港と西北部地方ディエンビエン省ディエンビエンフー空港を結ぶ路線を1日3往復に増便する。

ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、1~3月期の動向 (3:56)

 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は、2024年1~3月期におけるベトナムのホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。  ベトナムの求人数は前...

Sustech、地場サングループとグリーンエネルギー開発で連携 (2:18)

 カーボンニュートラル化支援事業を複数展開する株式会社Sustech(東京都港区)は、観光不動産開発を手掛ける地場サングループ(Sun Group)との間で、サングループが手掛ける南中部沿岸地方カインホア省のバンフォ...

桑原史成 写真展「ベトナム戦争の終結から半世紀」開催中 (20日)

 公益社団法人日本写真家協会によると、東京都千代田区の丸の内フォトギャラリーで4月30日(火)まで、桑原史成 写真展「ベトナム戦争の終結から半世紀」が開催されている。  ベトナム戦争は、1975年4月30日に...

WNBAに初の越僑プロ選手が誕生、ミスティクスがドラフト指名 (20日)

 米女子バスケットボールのプロリーグであるWNBAの2024年ドラフト会議がニューヨークで15日に行われ、ゴンザガブルドッグス所属(ゴンザガ大学)の越僑選手チュオン・タオ・ヴィ(カイリーン・チュオン、23歳)が、2...

サイゴン動物園で4月末にグルメフェスティバル開催 (20日)

 ホーチミン市1区のサイゴン動植物園で、4月26日(金)から5月1日(水)のメーデーまで、ベトナム3地域(北部・中部・南部)の料理の融合をテーマとしたグルメフェスティバルが開催される。  イベントは入場無料で...

日系飲食FC展開の地場ロータス、シンガ系投資ファンドと資本提携 (19日)

 食品製造や飲食店経営などを手掛ける地場企業のロータスグループ(Lotus Group)はこのほど、シンガポールを拠点とする東南アジアの女性起業家を対象としたジェンダー投資ファンドであるビーコンファンド(Beacon ...

プラップジャパン子会社、ベトナム現地法人を設立へ (19日)

 総合PR会社の株式会社プラップジャパン(東京都港区)の連結子会社であるプラップポインツ・シンガポール(PRAP POINTS Singapore、シンガポール)は、マーケティング・PR業務における制作を行う子会社として、ベト...

三菱食品、ベトナムの輸入食品小売スタートアップに出資 (19日)

 三菱食品株式会社(東京都文京区)は、ベトナムで輸入食品専門小売店を展開するスタートアップ企業であるホームファーム・ホールディング(Homefarm Holding、ハノイ市)の第三者割当増資引受による出資を行った。 ...

外務省、国連人権理事会のUPRで政府報告書 国連機関には反論 (19日)

 ベトナム外務省は15日、記者会見を開き、国連人権理事会の第4回UPR(普遍的定期的審査)の政府報告書を発表した。UPRは全ての国連加盟国が互いに人権状況を審査し合う制度で、約4年半に1度のペースで全ての国が審...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved