ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

タクシー配車アプリ「Uber」、ベトナムでも規制の動き

2014/10/28 17:32 JST配信
(C)  thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 ホーチミン市交通運輸局はこのほど、交通運輸省およびベトナム道路総局に対し、スマートフォン向けタクシー配車アプリ「Uber(ウーバー)」の法的規制を求めた。同市交通運輸局は、「Uber」が提供するサービスは実質、旅客運送業であるが、認可機関から営業許可を得ておらず、使用する車両も当局が認めたものではないとして、規制が必要との見方を示している。

 「Uber」は、スマートフォンアプリを通してタクシーの配車・予約をリクエストすることが出来るサービスで、利用者が場所を指定し、近くにいた車両が配車される。行き先を指定すれば、あらかじめ目的地までの料金も確認できる。支払いは事前に登録しておいたクレジットカード(Visa、Mastercard)で自動精算が可能。従来のタクシーよりも料金が割安になっている。

 「Uber」自体は車両を保有せず、仲介業者として配車している。しかし今回、同市交通運輸局が指摘したように、配車される車両はいずれも当局の規定に準拠したものではなく、タクシーメーターも搭載されていない。そのため、無許可でタクシー事業を行っているということになり、これを問題視したソウルやベルリンでは既に「Uber」の利用が禁止されている。

 因みに、「Uber」は2009年に米国で創業。現在までに世界45か国200都市以上でサービスを展開しており、ベトナムでは2014年6月末にサービスを開始した。ベトナムではサービスを開始して間もないため、まだ登録車両が少ないが、ヨーロッパの大都市では広く普及している。

 しかし、前述のように無許可営業であるため、本職のタクシー業者からの反発は強く、2014年6月11日にはロンドンやパリ、マドリード、ローマなどヨーロッパの各首都でタクシー運転手による大規模な一斉抗議デモが起きたことは記憶に新しい。

Clip to Evernote
[Phan Tuan Dantri 25/10/2014 - 15:38U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
新型コロナ収束と経済回復の両立へ、専門家諮問会議を開催 (28日)
 ブオン・ディン・フエ国会議長は27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束と経済社会発展を両立させる方策について、専門家諮問会議を主宰した。会議には世界銀行(WB)やアジア開発銀行(ADB)、国際通貨基...>> 続き
エドテックのクレバイ、2.3億円調達 (28日)
 エドテック分野の地場スタートアップ企業クレバイ(Clevai)はこのほど、プレシリーズAラウンドと呼ばれる初期段階の資金調達で、シンガポールのアルタラ・ベンチャーズ(Altara Ventures)から210万USD(約2億3000...>> 続き
バンブー航空、ハノイ~サンフランシスコ線を試験運航 空港と覚書締結 (28日)
 地場不動産デベロッパー大手FLCグループ[FLC](FLC Group)傘下のバンブー航空(Bamboo Airways)は24日、米国サンフランシスコ国際空港との間で、米国直行便の就航に関する覚書を締結した。  これにより、両者...>> 続き
ベトナムは「情報や経験を共有する用意」、中国のCPTPP加盟申請に (27日)
 外務省のレ・ティ・トゥー・ハン報道官は23日に開かれた同省の定例記者会見で、中国が包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(TPP11=CPTPP)への加盟を正式に申請したことについて、加盟希望国は手...>> 続き
バンブー航空、ロサンゼルス市などと4者間協力 直行便就航で (27日)
 地場不動産デベロッパー大手FLCグループ[FLC](FLC Group)傘下のバンブー航空(Bamboo Airways)は24日、米国ロサンゼルス市とロサンゼルス観光局(LATCB)、ロサンゼルス国際空港(LAWA)との間で、米国直行便の就航...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited