ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

ネット通販の販促活動、SNSへの広告掲載からライブ配信へ

2017/06/23 06:07 JST配信
Clip to Evernote
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大

 フェイスブック(Facebook)でインターネットショップを運営する企業や個人が増えているが、商品のプロモーション方法がソーシャルメディアへの広告掲載から米国のライブ配信サイト「ライブストリーム(Livestream)」を利用するかたちに変わりつつある。

 ライブストリームでは映像や音声をリアルタイムで配信することができ、視聴者はフェイスブックやツイッター(Twitter)のチャット機能を利用してリアクションやコメントをすることができる。

 販売者は商品を実際に使用している様子を消費者向けに配信し、商品に興味を持った消費者がライブ映像を視聴し、商品について質問したり視聴者同士で意見交換をする。販売者はコストをかけずに多くの消費者に商品のプロモーションができるだけでなく、消費者も商品を手に取って品定めがでいないというオンラインショップの難点を解決し、ライブ映像やチャットにより使用感など生の声を聴くことができるのだ。

 全く有名でない一般人でもライブストリームで商品をプロモーションすれば再生回数は数千回に上り、有名人ともなるとさらに増える。化粧品メーカーなどの企業も有名芸能人に商品を使用してもらう様子を配信するライブストリームによる販売促進活動に積極的だ。

 2016年11月には某化粧品メーカーが、女性歌手トック・ティエン(Toc Tien)が同社の口紅を試す様子を配信した。30分ほどのライブ配信だったが、再生回数16万回、コメント3000件、リアクション1万2000件と大反響だった。このほかにも、女優や人気ブロガーが商品を試すライブ配信はいずれも反響が大きいという。

 中国の大手通販会社アリババ(Aribaba)はライブ配信による売上増に成功したことで知られるが、東南アジア最大の大手通販会社ラザダ(Lazada)もこの手法でタイやインドネシアで売り上げを伸ばしている。

 ラザダ・ベトナムは27日から30日にかけて4日間にわたり多数の有名人を招き家電製品や衣料品、子供用品、化粧品などを試用する様子をホームページやアプリ、ファンページで同時にライブ配信する。ライブ1回の配信は45分から1時間を予定しており、再生回数は30万~40万回に達すると見込まれている。

 ラザダ・ベトナムのCEOアレクサンダー・ハーディ氏は、ベトナムは国民の3分の1にあたる3500万人がフェイスブックを利用しているとされていることから、オンライン通販のポテンシャルが非常に高いと評価している。

[Vien Thong, VnExpress, 20/6/2017 09:30 GMT+7, T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
地場ECサイトのティキ、3都市で即日配達サービス開始 (13:27)
 地場電子商取引(eコマース=EC)サイトの「ティキ(Tiki)」はこのほど、ハノイ市、南中部沿岸地方ダナン市、ホーチミン市の3都市で商品を即日配達するサービス「ティキナウ・ザオチョンガイ(TikiNOW Giao Trong N...>> 続き
フィンテックTimo、バンベト銀行と提携でネット銀行アプリ展開へ (3:08)
 地場フィンテック企業ティモ(Timo)はこのほど、VPバンク[VPB](VPBank)との提携を9月8日に解消し、バンベトバンク(Viet Capital Bank)を新たな提携先とすることを明らかにした。  また、同日からバンベトバ...>> 続き
4~6月期の中・上級人材需要、観光・飲食業界で前期比+10%回復 (10日)
 インターネット上で求職求人情報サービスを提供するエン・ジャパン株式会社(東京都新宿区)傘下のナビゴスグループ(Navigos Group)は、2020年4~6月における中・上級人材の求人状況に関するレポートを発表した。...>> 続き
新韓生命保険がベトナム法人設立へ、金融グループとの相乗効果狙う (10日)
 韓国の新韓生命保険がベトナム法人を設立することが明らかになった。 実現すれば同社にとって海外初の法人設立となる。  同社は7月31日、ベトナム財政省へ法人設立のための申請書を提出した。関係者による...>> 続き
4~6月の住宅市場、コロナ禍も取引価格変わらず 供給減で (10日)
 建設省が発表した2020年4~6月の不動産市場に関するレポートによると、新築住宅の供給減を背景に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が続く中でも取引価格は下落せず、ほぼ横ばいとなった。  今回...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited