ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

たばこの消費、庶民向けから中間層向けに移行傾向

2018/07/12 16:23 JST配信
Clip to Evernote
(C)VnEconomy
(C)VnEconomy

 商工省のレポートによると、2018年上半期の国内たばこ市場は拡大傾向にあり、庶民向けから中間層向けのたばこへの移行が進みつつある。ただし、たばこメーカーは激しい競争や原料栽培面積の減少などの困難に直面している。

 庶民向けのたばこは依然として市場シェアが高いものの、外国産たばこの密輸入の横行が脅威になっている。中間層向けたばこは、大半のメーカーがこの市場を重視しており、競争が厳しい。富裕層向けの高級たばこだけが、生産量も消費量も安定している。

 上半期の紙巻きたばこ生産量は前年同期比+3.2%増の28億箱に上る。毎年上半期よりも下半期の消費量が増える傾向にあるが、たばこ産業の競争は激しくなる一方だ。

 たばこに対する特別消費税の税率が、2019年1月1日に引き上げられる。さらにたばこの害防止基金にたばこ生産業者が納付する金額も2019年5月1日から引き上げられる。これらは、たばこの価格や消費市場に影響を及ぼす可能性がある。
 

[VnEconomy,09/07/2018 12:12,O].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [経済]
不動産FLCのバンブー航空、10月10日運航開始へ (5:01)
 ハノイ市を拠点に急成長中の新興不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)のフェイスブック(Facebook)ページによると、バンブー航空は10月10日から運航を開始する。 ...>> 続き
19年の最低賃金案、労働総連盟が+8.0%引き上げ提案―雇用側は現状維持を主張 (16日)
 国家賃金審議会は9日に第1回会合を開き、2019年の一般労働者向け地域別最低賃金の引き上げについて討議した。  労働者を代表するベトナム労働総連盟は会合で、2019年の最低賃金を地域によって+22万~33万VN...>> 続き
経済特区対象地域の不動産市場に大打撃、法案可決延期で (16日)
 特別行政経済区法(経済特区法)案の国会での可決が延期されたことを受けて、同法案で対象となる地域の不動産市場は大きな打撃を受けている。  同法案が対象とするメコンデルタ地方キエンザン省フーコック島(...>> 続き
ホーチミン:中心部の高層マンション新設を一時停止 (16日)
 ホーチミン市人民委員会は、2016~2020年までの住宅開発計画案を同市人民評議会に上程した。この中で、2020年までに総面積4000万m2の住宅を新たに建設し、市民1人当たりの住宅面積を19.8m2に引き上げるとしてい...>> 続き
FPT情報通信、米技術コンサルティング会社を子会社化 (16日)
 FPT情報通信[FPT](FPT Holdings)はこのほど、米国で急成長中の技術コンサルティング会社であるインテリネット・コンサルティング(Intellinet Consulting)の株式90%を取得し、同社を子会社化した。契約総額は50...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)