ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムのブランド価値ランキング、ベトテルが1位を維持

2019/01/24 16:36 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 英ブランドコンサルティング会社のブランド・ファイナンス社(Brand Finance)はこのほど、ベトナム企業のブランド力を数値化したランキング「ベトナムで最も価値のあるブランドトップ50」2018年版を発表した。

 同ランキングは、◇製品価値の増加可能性、◇顧客の購入決定への影響度、◇ブランド構築コスト、◇株式市場の時価総額、◇収益可能性の各指標をUSDに換算し、ランク付けしたもの。

 2018年版のランキングのトップ5は前年と変わらなかった。前年に引き続き1位となった国防省傘下の携帯通信大手ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)のブランド価値は、前年比+16%増の28億USD(約3000億円)だった。

 トップ5の5社の価値総額の合計は、前年比+39.5%増の81億6000万USD(約8800億円)となっている。トップ5のブランド価値は以下の通り。

1位:ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel) 前年比+16%増の28億USD(約3000億円)
2位:ビナミルク[VNM](Vinamilk) 同+15%増の19億USD(約2050億円)
3位:ベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT) 同+16%増の13億4000万USD(約1450億円)
4位:ビンホームズ[VHM](Vinhomes) 同+10%増の11億8000万USD(約1270億円)
5位:サイゴンビール・アルコール飲料[SAB](Sabeco) 同+16%増の9億4700万USD(約1020億円)

 トップ10にはこのほか、◇モビフォン(Mobifone)、◇ビナフォン(Vinaphone)、◇ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)、◇ヴィエティンバンク[CTG](Vietinbank)、◇ベトナム投資開発銀行[BID](BIDV)が入っている。

[Thanhnien 19:22 10/01/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ベトナム産マンゴー、米国へ初めて輸出 (4:11)
 メコンデルタ地方ドンタップ省のチャイントゥー果物輸出入有限会社(Chanh Thu)は18日、ベトナム産マンゴー8tを米国へ初めて輸出した。これに先立ち、米農務省動植物検疫局(APHIS)はベトナム産マンゴーの輸入を...>> 続き
エアアジア、地場ハイアウ航空との合弁設立を中止 (19日)
 マレーシアの格安航空会社エアアジア(AirAsia)はこのほど、地場企業2社との格安航空合弁会社の設立計画を中止したことを発表した。  これに先立ち、エアアジアは2018年3月に、グミン(Gumin)とハイアウ航空(...>> 続き
家電チャンアイン、全店舗閉鎖へ―テーゾイジードンの買収で (19日)
 株式会社ノジマ(神奈川県横浜市)が出資していたチャンアインデジタルワールド[TAG](Tran Anh Digital World)の取締役会はこのほど、全店舗の閉鎖を決議した。  これに先立ち、34店舗を擁する国内大手の家電...>> 続き
ペトロベトナム社長の辞任、首相が承認―海外事業の損失で (19日)
 大手国営企業における国の資金を管理する「企業における国家資本管理委員会(CMSC、通称:スーパー委員会)」は17日、グエン・スアン・フック首相の承認のもと、ペトロベトナムグループ(PVN)のグエン・ブー・チュ...>> 続き
配車アプリの扱いに関する政令草案、グラブが問題点を指摘 (19日)
 自動車による輸送事業に関する政令第86号/2014/ND-CPを改正する政令草案の最新版について、配車アプリ最大手グラブ(Grab)は複数の問題点を指摘し、草案を策定した交通運輸省に改善を要請した。  草案には、...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)