ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

BOT道路案件、18年の通行料徴収額は12.2兆VNDー過少申告で監視強化中

2019/02/18 16:17 JST配信
(C) vietstock
(C) vietstock 写真の拡大

 交通運輸省傘下道路総局によると、全国にあるBOT方式(建設・運営・譲渡)で実施した道路案件57件の料金徴収所(全63か所)における2018年の料金徴収総額は12兆1920億VND(約590億円)となっている。

 上記には、ホーチミン~チュンルオン間高速道路、ハノイ~ハイフォン間高速道路、および、ベトナム高速道路開発投資総公社(VEC)が管理している高速道路4本(◇ホーチミン~ロンタイン~ザウザイ間高速道路、◇カウゼー~ニンビン間高速道路、◇ノイバイ~ラオカイ間高速道路、◇ダナン~クアンガイ間高速道路)の計6本の料金徴収額は含まれていない。

 2018年の道路料金徴収額を案件別でみると、国道51号線の料金徴収額が7300億VND(約35億円)で最も徴収額が大きかった。以下、◇ファップバン~カウゼー間高速道路:7028億VND(約34億円)、◇ドンナイ新橋:5900億VND(約28.5億円)、◇ハノイ~バクザン間国道1号線(改修):4620億VND(約22.3億円)、◇ファンティエット~ドンナイ間国道1号線(拡張):3400億VND(約16.4億円)と続いた。一方、料金徴収額が最も小さかったのはタイグエン~チョモイ間道路の229億VND(約1.1億円)だった。

 なお、道路総局は現在、BOT方式で展開される道路案件の料金徴収所を定期的または抜き打ちで検査するなど監視を強化している。この背景には、徴収額の過少申告や料金所の不適切な設置などの不正が多く発見されたことにより、利用者の反感を買っているという現状がある。

 公安省はこれに先立ち、ホーチミン~チュンルオン間高速道路案件の投資主を務めるイエンカイングループ(Yen Khanh Group)の複数の役員を料金徴収額の過少申告および脱税の疑いで逮捕していた。

Clip to Evernote
[Vietstock 10:22 14/02/2019 / Lao Dong 09:43 01/01/2019].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
21~30年のディエンビエンフー空港計画調整案を承認 (26日)
 交通運輸省はこのほど、西北部地方ディエンビエン省ディエンビエンフー空港の2021~2030年の計画調整案を承認した。  調整案によると、2025年までに既存の旅客ターミナルを改修して年間旅客処理能力を現在...>> 続き
チャビン省:コリア・チャビンV1-1風力発電所が竣工 (26日)
 第1チャビン風力発電社は23日、南部メコンデルタ地方チャビン省ズエンハイ町(thi xa Duyen Hai)でコリア・チャビンV1-1風力発電所の竣工式を開催した。  同発電所は総出力48MWで、年間発電量1億5500万kWh超...>> 続き
鉄道局、鉄道2案件の海外投資呼びかけを提案 投資総額4500億円 (26日)
 ベトナム鉄道局はこのほど、外資を誘致する鉄道案件2件を交通運輸省に提案した。投資総額は89兆4000億VND(約4500億円)。  提案によると、ハイフォン~ラックフエン(北部紅河デルタ地方ハイフォン市)間鉄道...>> 続き
ベトナムのデジタルエコシステム市場規模、25年までに11.6兆円に倍増 (26日)
 ベトナムのデジタルエコシステム(デジタル基点で形成されるビジネスエコシステム)の市場規模は500億USD(約5兆8000億円)と推定され、2025年までに1000億USD(約11兆6000億円)に拡大するものと見込まれる。  ...>> 続き
ホーチミン:10年放置の「サイゴン・ワン・タワー」が建設再開 (26日)
 ホーチミン市1区トンドゥックタン通り34番地に立地する高層ビル「サイゴン・ワン・タワー」の建設工事が25日朝に再開された。同案件は10年以上も放置されて建設がストップしていた。  サイゴン・ワン・タワ...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited