ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム企業の若き「9X」役員たち、BOT案件に不正の疑念も

2017/12/07 15:03 JST配信
(C) zing, トゥー・ティ・ビック・グエット女史
(C) zing, トゥー・ティ・ビック・グエット女史 写真の拡大

 メコンデルタ地方ティエンザン省カイライ町を通過する国道1号線に設置されたカイライ通行料金徴収所をはじめとする複数のBOT(建設・運営・譲渡)方式の道路の徴収所が運転手らから猛反発を受けている中、こうしたBOT案件を展開する多くの企業で社長や副社長を務めているのは「9X」と呼ばれる1990年代生まれの20代の若者だということがマスコミの調査で明らかになり、話題となっている。

 具体的には以下のとおり。

1.カイライ町バイパス道路・国道1号線カイライ町区間補修案件(カイライ通行料金徴収所を運営)

 同案件を直接展開するのはティエンザン国道1号線投資BOT(National Highway No.1 Tien Giang Investment)だが、同社株65%を保有しているのは、バックアイ建設投資コンサルティング(Bac Ai Construction Investment Consultation)。バックアイ建設投資コンサルティングの社長を務めているのは1992年生まれのグエン・ティエン・アン氏(男性・25歳)。

 同案件の投資総額は1兆3980億VND(約70億円)、このうち、ティエンザン国道1号線投資BOTの自己資本比率が15%程度に留まっており、銀行からの借入金比率が85%に上っている。

 バックアイ建設投資コンサルティングは現在、BOTおよびBT(建設・譲渡)方式による複数の交通インフラ案件を展開し、投資総額が合わせて10兆VND(約500億円)に上っている。

2.ファップバン~カウゼー道路案件

 同案件を展開するのはミンファット社(Minh Phat)とその他2社の共同企業体。ミンファット社は同事業持分65%を保有し、社長を務めているのは1990年生まれのグエン・ティエン・ビン氏(男性・27歳)。

 同案件の投資総額は6兆7310億VND(約334億円)、このうち投資主の自己資本比率は12%程度に留まっており、銀行からの借入金比率が88%に上っている。

 ミンファットの株主らは、コンタイン交通建設投資(Cong Thanh Transportation Construction & Investment)にも出資している。コンタイン交通建設投資は、ハロン~バンドン高速道路案件を同じくBOT方式で展開し、同案件の投資総額は14兆VND(約70億円)に上っている。

3.カントー~フンヒエップ道路案件

 同案件を展開するのはティーソン建設製造社(Thi Son)と第9建設投資社がそれぞれ50%を出資するカントーフンヒエップBOT(Can Tho Phung Hiep BOT)。同社の副社長を務めているのは1992年生まれのトゥー・ティ・ビック・グエット女史(女性・25歳)。

 同案件の投資総額は1兆8368億VND(約91億円)、このうち投資主の自己資本比率は14%程度に留まっており、銀行からの借入金比率が86%に上っている。

 なお、投資主の指定や事業予算の水増しなど、BOT方式による交通案件の展開にあたり不正があったのではとの疑問が広がっており、複数のBOT方式による交通案件に対する調査を求める声が多く挙がっている。

Clip to Evernote
[Zing, 08:29 GMT+7 05/12/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ホーチミン:地下鉄カフェが登場、若者の間で人気を博す (9:15)
 ホーチミン市フーニュアン区フインバンバイン(Huynh Van Banh)通りの路地に最近、韓国の地下鉄の内装を模したカフェがリニューアルオープンし、若者の間で人気を博している。  カフェでは、1階部分に地下鉄...>> 続き
新型コロナ:21日の市中感染1万5901人、第4波市中感染者210万人超 (21日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する21日の発表によると、62省・市で市中感染者1万5901人が新たに確認された。海外からの入国者34人も陽性となった。  21日午後までに国内で確認されたオミ...>> 続き
ハノイ:3歳女児の頭部から9本の釘、母親の恋人を殺人未遂の疑いで逮捕 (21日)
 17日に3歳の女児が腕をギプスで固定され、頭部に9本の釘が埋まっていた状態でハノイ市タックタット郡総合病院に救急搬送された事件について、同市警察は20日、母親の恋人であるグエン・チュン・フエン容疑者(男...>> 続き
ハノイ:展覧会「昔のテト」開催中、伝統的なテトの写真など展示 3月まで (21日)
 ハノイ市にあるベトナム国家記録アーカイブズ局傘下の第1国家公文書センター(5 Vu Pham Ham, phuong Yen Hoa, quan Cau Giay, TP. Ha Noi)の展示エリアで、1月14日から3月15日まで「昔のテト(Tet Xua)」と題し...>> 続き
22年の失業者数は前年比+100万人増、ILO予想 (21日)
 国際労働機関(ILO)は世界の雇用及び社会の見通しに関するレポートの中で、ベトナムの失業者数について、2022年は前年比+100万人増の130万人となるが、2023年には120万人に減少すると予想している。  ILOは...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited