ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハロン市:2020年までにスマートシティ化を目指す

2019/05/14 16:15 JST配信
Clip to Evernote
(C) baoquangninh
(C) baoquangninh 写真の拡大

 2030年までを視野に入れた2020年までの東北部地方クアンニン省の社会経済開発戦略によると、2020年までにハロン市をスマートシティ(環境配慮型都市)化させることを目標に掲げている。

 スマートシティ化に向けて、保健、教育、行政、運輸、金融、税務など様々な分野にIT(情報技術)を応用していく計画だ。

 ハロン市は2017年~2020年の期間に、◇ハロン湾における旅客運輸へのIT応用、◇都市管理へのIT応用、◇クアンニン省の効果的な観光活動へのIT応用(第1期)、◇スマート照明システムの構築、◇電子納税システムの導入という5つのプロジェクトに投資している。

 同市人民委員会のグエン・ゴック・ソン副主席によると、市内中心部にある18の通りにおけるスマート照明システムの構築が完了しているという。同案件の投資額は470億VND(約2億2400万円)で、今後は郊外の道路でも構築を進めていく。この他では、市内の34社に対する電子納税システムの導入を試験的に始めている。

[Vietnamplus 09:39 08/05/2019  U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ホーチミン:市内初のインド研究センターをお披露目、全国2か所目 (15:46)
 ホーチミン市のホンバン国際大学(HIU)はこのほど、「インド研究センター(HIU Indian Study Center)」をお披露目した。  お披露目式典には、駐インド・ネパール・ブータンのベトナム国特命全権大使であるフ...>> 続き
物流効率化の地場スタートアップ、世界大会優勝で賞金100万USD (14:48)
 物流効率化ソフトウェア開発を手がけるベトナムのスタートアップ企業アビビン(Abivin)はこのほど、米国サンフランシスコで開催された「スタートアップ・ワールドカップ2019(Startup World Cup 2019」で40か国以...>> 続き
韓国のフードデリバリーアプリ「配達の民族」、ホーチミンでサービス開始 (6:01)
 韓国最大のフードデリバリーアプリを提供する韓国系スタートアップ企業、ウーワブラザーズ(Woowa Brothers)はこのほど、ホーチミン市でフードデリバリーサービス「配達の民族(Baemin)」を開始した。  アプ...>> 続き
配車アプリの扱いに関する政令草案、情報通信相が4つの指摘 (5:40)
 自動車による輸送事業に関する政令第86号/2014/ND-CPを改正する政令草案について、グエン・マイン・フン情報通信相はグエン・スアン・フック首相に意見書を提出し、この中で4つのポイントを指摘した。  詳...>> 続き
ハローキティのテーマパーク、ハノイに21年開業―サンリオと地場BRG (20日)
 ベトナムでゴルフ・リゾートを運営する地場BRGグループ(BRG Group)は19日、ハノイ市で建設を計画している屋内型テーマパーク「サンリオ・ハローキティワールド・ハノイby BRG(Sanrio Hello Kitty World Hanoi b...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)