ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム企業の過半数が21年の成長を楽観視 HSBC調査

2020/12/04 16:16 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 香港上海銀行(HSBC)が先般発表した調査結果によると、コロナ禍の影響があるにもかかわらず、ベトナム企業の過半数が2021年の成長を楽観視していることが明らかになった。

 この調査にはベトナムから200社が参加。調査結果によると、ベトナム企業の55%が2021年の成長を楽観視しており、世界平均の21%を大きく上回った。ただし、「+5%以上の成長」を見込むと回答した企業の割合は66%で、前年の92%を大きく下回っている。

 一方で、悲観的な姿勢を示したり、事業縮小を予定するという企業の割合は26%で、前年の4%から大きく増えている。

 なお、自社の利益がコロナ前の水準まで回復する時期については、ベトナム企業の59%が「2021年を目処に回復」と回答。86%は「2022年を目処に回復」と回答した。同様の質問に対し、世界各国の企業で「自社の利益が2021年を目処にコロナ前の水準まで回復する」と回答したのは全体の45%程度に留まった。

 全体的に、新型コロナによるベトナム企業の影響は世界各国の企業と比べて限定的という結果となった。ベトナム企業の68%が「コロナ禍に対応するため、多くの対策に取り組んできた」と回答。具体的には、半数近い企業がコストやリスクの削減を図ったとしている。

 なお、新型コロナの影響が続いているにもかかわらず、ベトナム企業の88%が2021年に投資を強化する方針を示している。

[Forbesvietnam 03/12/2020 U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ホーチミン~カントー間高速鉄道、プレFS報告書作成へ (20日)
 交通運輸省はこのほど、鉄道案件管理委員会に対し、2021~2025年期中期公共投資計画に盛り込まれたホーチミン市~南部メコンデルタ地方カントー市間高速鉄道建設案件の予備事業化調査(プレFS)報告書を2021~202...>> 続き
べトトラベル航空、商用フライトのチケット販売を開始 (20日)
 国内トップブランドの旅行会社ベトトラベル[VTR](Vietravel)傘下のベトトラベル・エアラインズ(Vietravel Airlines)は19日、ウェブサイト<www.vietravelairlines.com>(英語、>> 続き
クアンビン省:第2クアンチャック火力発電所案件 首相が原則承認 (20日)
 グエン・スアン・フック首相はこのほど、第2クアンチャック火力発電所建設案件(北中部地方クアンビン省クアンチャック郡クアンドン村=xa Quang Dong, huyen Quang Trach)を原則承認した。  第2クアンチャ...>> 続き
ハノイ:ノイバイ空港内にメトロ3駅の設置を提案 (20日)
 ハノイ市人民委員会はこのほど提出した「2050年までを視野に入れた2030年までのノイバイ国際空港開発計画案」の中で、同空港内に都市鉄道(メトロ)3駅を設置することを交通運輸省に提案した。市中心部から空港ま...>> 続き
キングコーヒー、FPTショップ前に移動販売店を展開 (20日)
 コーヒー大手TNIキングコーヒー(TNI King Coffee)は、移動販売店「ウィホーム・カフェ(WEHome Café)」のフランチャイズ事業で携帯電話販売大手FPTリテール[FRT](FPT Digital Retail)と事業提携し、FRTが展...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited