ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

2021年のベトナム経済・社会を振り返る

2022/01/01 08:14 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

1.新体制始動

 1月末から2月にかけて開かれた第13回共産党大会で、グエン・フー・チョン書記長が再任され、異例の3期続投となった。

 3月末から4月にかけて開かれた第14期(2016~2021年)国会の最終回となる第11回会議では、グエン・スアン・フック前首相が新国家主席に、ファム・ミン・チン前中央組織委員長が新首相に、ブオン・ディン・フエハノイ市共産党委員会書記が新国会議長に選出されたほか、大臣らが選出され、新体制が始動した。

 5月に行われた第15期(2021年~2026年任期)総選挙では、国会議員として499人が当選した。

2.新型コロナ第4波

 4月末に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内第4波が発生し、それまで国内の市中感染者数約3000人、死者数35人に留まっていたベトナムで感染が急拡大した。12月30日時点でベトナム国内の累計感染者数は171万4742人、第4波の市中感染者数は170万9043人、累計死者数は3万2168人、第4波の死者数は3万2133人となっている。

3.過去最大規模のワクチン接種キャンペーン

 3月8日、ベトナムで新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。第4波の急拡大を受けて、全国で過去最大規模のワクチン接種キャンペーンを展開した。

 12月29日時点で全国の累計接種回数は1億4931万8658回分となり、このうち1回目が7751万8183回分、2回目が6775万2555回分、3回目が404万7920回分となっている。

4.GDP成長率が21年ぶりマイナス

新型コロナの第4波の影響を受けて、7~9月の国内総生産(GDP)成長率(推定値)は前年同期比▲6.17%となり、2000年以来およそ21年ぶりのマイナス成長かつ四半期として過去最大の落ち込み幅だった。

通年では前年比+2.58%で、前年の+2.91%から減速し、2011年以降で最低値となったものの、プラス成長を維持した。

5.全国的な休校措置

 新型コロナの影響を受けて、全国約2200万人の生徒・学生が登校できず、自宅でのオンライン授業を余儀なくされた。

6.記録的な貿易収支

 統計総局(GSO)が発表した統計データによると、2021年通年の輸出額は前年同期比+19.0%増の3362億5000万USD(約38兆6600億円)、輸入額は同+26.5%増の3322億5000万USD(約38兆2000億円)で、同年の貿易収支は40億USD(約4600億円)の黒字となった。

7.初のメトロ運行開始

 11月6日、ハノイ市都市鉄道(メトロ)2A号線(ドンダー区カットリン~ハドン区間)が、2011年10月の着工から10年の工期を経て、運行を開始した。

 メトロ2A号線を運営するハノイ・メトロ(Hanoi Metro)によると、11月6日から12月5日までの1か月間におけるメトロ2A号線の利用者数は62万0464人、1日当たりの平均利用者数は2万0682人、運行本数は5599本だった。無料で運行していた11月6日から20日までの15日間の利用者数は38万0510人、有料化した11月21日から12月5日までの15日間の利用者数は23万9954人となった。

Clip to Evernote
[VnExpress 00:00 27/12/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
クアンニン省:モンカイ~バンドン間高速道路など交通3案件が開通 (27日)
 東北部地方クアンニン省で3つの大規模な交通インフラ案件が一斉に開通し、26日に開通式が行われた。開通式にはファム・ミン・チン首相も出席し、テープカットを行った。  開通した交通インフラ案件は以下の...>> 続き
2大都市のオフィス市場、21年は入居率が低下 賃貸料も下落 (27日)
 英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナム(Savills Vietnam)が先般発表したベトナム2大都市(ホーチミン市・ハノイ市)のオフィス市場に関するレポートによると、長引く新型コロナウイルス感染症(COVID-...>> 続き
韓国SKグループ、屋根置き型太陽光発電事業で地場と合弁 (27日)
 韓国の財閥SKグループの建設子会社SKエコプラント(旧社名:SK建設)は、ベトナムで屋根置き型太陽光発電事業を展開するため、地場ナミ・エネルギー(Nami Energy)の太陽光発電子会社ナミ・ソーラー(Nami Solar)と...>> 続き
ハイフォン:ラックチャイ川に架かる新ザオ橋が開通 (27日)
 25日、北部紅河デルタ地方ハイフォン市のラックチャイ(Lach Tray)川に架かる新ザオ(Rao)橋の開通式が行われた。レ・バン・タイン副首相や同市人民委員会のグエン・バン・トゥン主席が出席し、テープカットを行...>> 続き
新韓ライフがベトナム法人を設立、グループ会社との提携で営業網拡大へ (27日)
 韓国の生命保険会社、新韓ライフ(Shinhan Life)は25日、ベトナム法人の新韓ライフベトナム(SHLV)をホーチミン市で発足し、営業を開始したと発表した。同社が海外法人を開設するのは今回が初めて。  SHLVの...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited