ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム映画興行収入の歴代記録更新、国産映画が世界で公開

2016/02/25 05:53 JST配信
Clip to Evernote

 ファン・ザー・ニャット・リン(Phan Gia Nhat Linh)監督によるコメディ映画「Em la ba noi cua anh(英題:I’m your grandmother)」が、12月11日の公開日から2月22日までの約2か月半で興行収入1020億VND(約5億1300万円)を突破した。

 これにより、同映画は2014年公開のチャーリー・グエン(Charlie Nguyen)監督作品「De mai tinh 2(英題:Fool for Love 2)」の1013億VND(約5億0900万円)を上回り、ベトナム映画の興行収入で歴代1位に躍り出た。

 同映画は、ベトナム国内だけでなく、オーストラリアやニュージーランド、トルコでも公開された。オーストラリアでは、2月11日からシドニー、メルボルン、アデレード、ブリスベン、パースで公開。興行収入は、公開日から5日間で3万5000AUD(約282万円)に上った。3月には、米国でも公開予定。

 同作品は、2014年に公開された韓国映画「怪しい彼女(英題:Miss Granny)」が原作。70歳の老婆があるきっかけで突然20歳の自分に若返ってしまい、若い時に叶えることのできなかった歌手という夢を実現したり、様々な厄介ごとに巻き込まれたりするドタバタコメディだ。英語字幕あり。

 韓国の「怪しい彼女」はアジア各国で大きな人気を集めた。中国で「20歳よ、もう一度(英題:20 Once Again)」としてリメイクされ、2015年に中国と米国で公開。日本でも2016年4月1日に「あやしい彼女」のタイトルでリメイク版が公開されるほか、今後、タイやインドネシアも映画化に向けて著作権を購入するという。

 日本版では、多部未華子が20歳に若返った「おばあちゃん」を演じる。このほか、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎、小林聡美らが出演する。

[C.K, Tuoi Tre, 22/02/2016 16:33 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [エンタメ]
LGBT描くベトナム映画「Goodbye Mother」など、釜山国際映画祭に出品 (18日)
 第24回釜山国際映画祭(24th Busan International Film Festival=BIFF)が、10月3日から12日にかけて韓国の釜山で開催される。今回のBIFFには、長編と短編合わせてベトナム映画7本が出品される予定だ。  中...>> 続き
韓国人俳優チ・チャンウクが訪越、ファン殺到し警察出動―イベントも中止に (13日)
 韓国の人気俳優チ・チャンウク(池昌旭)が10日、イベント出演のためホーチミン市を訪問したが、彼の姿を一目見ようと同市1区の通りに多くのファンが殺到したため、治安部隊が出動し、サイレンや消火器、電機警棒...>> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」、韓国で公開 (12日)
 落合賢監督が手掛けたベトナム映画の2作目「パパとムスメの7日間(Hon Papa Da Con Gai)」が、韓国で9月5日に公開された。  五十嵐貴久氏の同名小説が原作のベトナム版「パパとムスメの7日間」は、2018年12...>> 続き
アジア観光大使ミスコン2019、ベトナム代表がグランプリ (11日)
 アジア観光大使ミスコンテスト2019(Miss Tourism Asia Ambassador 2019)の決勝大会が9月8日に大阪で行われ、各国から集まった25人の美女を抑えて、ベトナム代表のレ・バオ・トゥエンさん(21歳)がグランプリを受...>> 続き
中国でベトナム映画が初公開、ゴ・タイン・バン主演「ハイ・フォン」 (9日)
 ゴ・タイン・バン(Ngo Thanh Van)主演のベトナム映画「ハイ・フォン(原題:Hai Phuong、英題:Furie)」が、中国で9月20日に公開される。ベトナム映画が中国で公開されるのはこれが初めて。>> 続き
これより過去の記事は、エンタメ記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)