ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

映画「ソン・ランの響き」日本公開、初日舞台挨拶に監督と主演俳優が登壇

2020/02/26 06:30 JST配信
(C) ムービー・アクト・プロジェクト
(C) ムービー・アクト・プロジェクト 写真の拡大

 ベトナム映画「ソン・ランの響き(原題:Song Lang)」が22日、新宿K’s cinemaで公開初日を迎えた。日本公開に合わせてレオン・レ(Leon Le)監督と主演のリエン・ビン・ファット(Lien Binh Phat)が訪日し、初日舞台挨拶に登壇。ベトナムの伝統歌劇「カイルオン(Cai Luong)」をテーマにした理由や、作品への思いを語った。

 カイルオンを作品のテーマにした理由について問われたレオン・レ監督は、「子供の時からカイルオンの役者になることが夢でしたが、13歳から米国で暮らすことになったんです。その時、恐らくこの夢は叶わないだろうと思いました。しかし、カイルオンへの愛は私の中で1日も消えることなく、あり続けたんです。そして20年後、カイルオンの役者になることではなく、カイルオンの映画を作るという夢を持ってベトナムに帰国し、脚本を書き始めました」と語った。

 一方、リエン・ビン・ファットは役作りについて「俳優デビュー作であり、たくさん難しいシーンがあったため、私の全ての能力を費やしました。脚本を何度も読み込み、演じるユンの人物像を分析し、カイルオンについても研究しました」と話した。

 トークショーの中で、レオン・レ監督はリエン・ビン・ファットを主演に抜擢した理由にも言及。「彼のボディや美貌も重視しました。魅力的ですから(笑)。しかしそれよりも大事にしたのは、彼の表現力です。特に無邪気な雰囲気の目です」と振り返った。

 また、カイルオンの花形役者リン・フンを演じたアイザック(Issac)については、プロデューサーから提案された当初は断ったと明かした。「韓国のポップスターのようなアイザックは適役ではないと思っていました。しかし、何百人に会ってもふさわしい人がいませんでした。それでもう一度彼と会ってみると、バランスが取れていると感じたんです。カイルオンの役者にもオーディションを受けてもらいましたが、映画の世界にとけ込めないんです。しかし、映画の役者はカイルオンを演じられない。彼はそのバランスが良かったんです」。

 続いて、レオン・レ監督への思いを問われたリエン・ビン・ファットは「監督への思いはA4用紙2枚でも足りません」と笑いながら、「最も尊敬しているのは、基準を設け、自分の主張を譲らず、最後までやり遂げるところ。周りが経済的な効果の出る方法を提案しても、最後まで自分の基準を維持していました」と監督のこだわりを讃えた。

 イベント終盤には、レオン・レ監督とリエン・ビン・ファットが練習してきたという日本語でそれぞれ挨拶。レオン・レ監督は「ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします」と述べ、リエンも「友達にもどうぞよろしく!」と語り、開場は拍手に包まれた。

 「ソン・ランの響き」は2018年にベトナムで公開され、日本では同年の第31回東京国際映画祭(TIFF)で上映された。TIFFではリエン・ビン・ファットが「東京ジェムストーン賞」を受賞。また2019年11月に開催された第21回ベトナム映画祭では最優秀作品賞にあたる「ゴールデンロータス賞(Bong Sen Vang)」に輝いた。さらにレオン・レ監督が監督賞を、アイザックが助演男優賞を受賞した。このほか、世界各地の映画祭に出品され、数々の賞を受賞している。

 「ソン・ランの響き」は新宿K’s cinemaほか全国順次公開中。詳細は公式ウェブサイト<http://www.pan-dora.co.jp/songlang/>を参照。

【あらすじ】
1980年代のホーチミン市。高利貸しの手下で借金の取り立て屋ユン(Dung)と、ベトナムの伝統歌劇「カイルオン」の花形役者リン・フン(Linh Phung)。全く接点のないはずの2人があるきっかけで知り合い、友情にも似た感情を互いに抱く。ユンは過去の記憶に囚われながらも新たな道を進もうとするが、その罪は償うにはあまりにも大きく、抗えない運命が迫っていた……。

【予告編】

Clip to Evernote
[2020年2月22日 ムービー・アクト・プロジェクト A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [エンタメ]
21年のミスコン総合ランキング、美女大国ベトナムが世界2位 (4:45)
 ミスコンテスト総合ランキングサイト「グローバルビューティーズ(Global Beauties)」はこのほど、2021年度の総合ランキングを発表した。ベトナムは3750ポイントの高得点を記録し、インド(4450ポイント)に次ぐ世...>> 続き
国民的音楽家チン・コン・ソンの映画「Em Va Trinh」、動員数100万人突破 (24日)
 ベトナムの国民的音楽家チン・コン・ソン(Trinh Cong Son)をテーマにした映画「Em Va Trinh(わたしとチン)」が、先行上映を含めて公開10日間で動員数100万人を突破した。今年公開されたベトナム映画の中で、最...>> 続き
ミスユニバース・ベトナム2022、「カマウ省のござドレス」がベスト民族衣装に選出 (18日)
 ホーチミン市で開催中のミスユニバース・ベトナム2022は14日夜、民族衣装コンテストが行われ、グエン・クオック・ベト氏がデザインした「カマウ省のござドレス」が最優秀賞に輝いた。  ベトナム各地の文化...>> 続き
国民的音楽家チン・コン・ソンの2本立て映画、「Em Va Trinh」のみ上映に (18日)
 ベトナムの国民的音楽家で2001年4月1日に亡くなった故チン・コン・ソン(Trinh Cong Son)をテーマにした映画「Em Va Trinh(わたしとチン)」が、17日に公開された。  当初は、チン・コン・ソンの若き日を描い...>> 続き
カンヌ受賞作品、ベトナムで順次公開 「ベイビー・ブローカー」も (14日)
 5月にフランスのカンヌで開催された第75回カンヌ国際映画祭で、最優秀男優賞とエキュメニカル審査員賞をダブル受賞した、是枝裕和監督による韓国映画「ベイビー・ブローカー(越題:Nguoi Moi Gioi)」が、6月24...>> 続き
これより過去の記事は、エンタメ記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved