ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

映画「ソン・ランの響き」日本公開、初日舞台挨拶に監督と主演俳優が登壇

2020/02/26 06:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) ムービー・アクト・プロジェクト
(C) ムービー・アクト・プロジェクト 写真の拡大

 ベトナム映画「ソン・ランの響き(原題:Song Lang)」が22日、新宿K’s cinemaで公開初日を迎えた。日本公開に合わせてレオン・レ(Leon Le)監督と主演のリエン・ビン・ファット(Lien Binh Phat)が訪日し、初日舞台挨拶に登壇。ベトナムの伝統歌劇「カイルオン(Cai Luong)」をテーマにした理由や、作品への思いを語った。

 カイルオンを作品のテーマにした理由について問われたレオン・レ監督は、「子供の時からカイルオンの役者になることが夢でしたが、13歳から米国で暮らすことになったんです。その時、恐らくこの夢は叶わないだろうと思いました。しかし、カイルオンへの愛は私の中で1日も消えることなく、あり続けたんです。そして20年後、カイルオンの役者になることではなく、カイルオンの映画を作るという夢を持ってベトナムに帰国し、脚本を書き始めました」と語った。

 一方、リエン・ビン・ファットは役作りについて「俳優デビュー作であり、たくさん難しいシーンがあったため、私の全ての能力を費やしました。脚本を何度も読み込み、演じるユンの人物像を分析し、カイルオンについても研究しました」と話した。

 トークショーの中で、レオン・レ監督はリエン・ビン・ファットを主演に抜擢した理由にも言及。「彼のボディや美貌も重視しました。魅力的ですから(笑)。しかしそれよりも大事にしたのは、彼の表現力です。特に無邪気な雰囲気の目です」と振り返った。

 また、カイルオンの花形役者リン・フンを演じたアイザック(Issac)については、プロデューサーから提案された当初は断ったと明かした。「韓国のポップスターのようなアイザックは適役ではないと思っていました。しかし、何百人に会ってもふさわしい人がいませんでした。それでもう一度彼と会ってみると、バランスが取れていると感じたんです。カイルオンの役者にもオーディションを受けてもらいましたが、映画の世界にとけ込めないんです。しかし、映画の役者はカイルオンを演じられない。彼はそのバランスが良かったんです」。

 続いて、レオン・レ監督への思いを問われたリエン・ビン・ファットは「監督への思いはA4用紙2枚でも足りません」と笑いながら、「最も尊敬しているのは、基準を設け、自分の主張を譲らず、最後までやり遂げるところ。周りが経済的な効果の出る方法を提案しても、最後まで自分の基準を維持していました」と監督のこだわりを讃えた。

 イベント終盤には、レオン・レ監督とリエン・ビン・ファットが練習してきたという日本語でそれぞれ挨拶。レオン・レ監督は「ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします」と述べ、リエンも「友達にもどうぞよろしく!」と語り、開場は拍手に包まれた。

 「ソン・ランの響き」は2018年にベトナムで公開され、日本では同年の第31回東京国際映画祭(TIFF)で上映された。TIFFではリエン・ビン・ファットが「東京ジェムストーン賞」を受賞。また2019年11月に開催された第21回ベトナム映画祭では最優秀作品賞にあたる「ゴールデンロータス賞(Bong Sen Vang)」に輝いた。さらにレオン・レ監督が監督賞を、アイザックが助演男優賞を受賞した。このほか、世界各地の映画祭に出品され、数々の賞を受賞している。

 「ソン・ランの響き」は新宿K’s cinemaほか全国順次公開中。詳細は公式ウェブサイト<http://www.pan-dora.co.jp/songlang/>を参照。

【あらすじ】
1980年代のホーチミン市。高利貸しの手下で借金の取り立て屋ユン(Dung)と、ベトナムの伝統歌劇「カイルオン」の花形役者リン・フン(Linh Phung)。全く接点のないはずの2人があるきっかけで知り合い、友情にも似た感情を互いに抱く。ユンは過去の記憶に囚われながらも新たな道を進もうとするが、その罪は償うにはあまりにも大きく、抗えない運命が迫っていた……。

【予告編】

[2020年2月22日 ムービー・アクト・プロジェクト A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [エンタメ]
「ミス・ベトナム2020」開催延期、新型コロナで (3/12)
 5月から開催予定だった「ミス・ベトナム2020」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により実施が延期されることになった。  当初は5月から8月にかけて各審査が行われる予定だった。主催者は引き続...>> 続き
ベトナム映画「第三夫人と髪飾り」、日本でDVD発売へ (3/6)
 ベトナム映画「第三夫人と髪飾り(越題:Vo Ba、英題:The Third Wife)」のDVDが、6月10日に日本で発売される。  「第三夫人と髪飾り」は、世界の巨匠たちがその才能を絶賛する1985年生まれの女性監督、アッ...>> 続き
国民的音楽家チン・コン・ソンの映画、メインキャスト募集中―日本人可 (2/27)
 映画の製作・配給などを手掛けるギャラクシーM&E(Galaxy M&E)は、2020年6月にベトナムで撮影が行われる予定の映画プロジェクトのメインキャストを募集している。  この映画はベトナムの国民的音楽家である...>> 続き
テト映画、公開2週間で興行収入7.9億円突破―歴代5位に (2/19)
 2020年1月のテト(旧正月)に公開されたベトナム映画「Royal Bride(原題:Gai Gia Lam Chieu 3)」が、公開から2週間で興行収入1650億VND(約7億9000万円)を突破した。  これにより、「Royal Bride」はベトナム...>> 続き
フェイクニュース拡散、ゴ・タイン・バンら芸能人3人の責任追及 (2/6)
 ホーチミン市情報通信局は、新型コロナウイルスに関する虚偽の情報をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で拡散した芸能人3人の責任を追及する方針だ。  フェイクニュースを拡散し問題となってい...>> 続き
これより過去の記事は、エンタメ記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)