ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

第21回ベトナム映画祭が閉幕、最優秀作品賞は「ソン・ランの響き」

2019/11/30 06:05 JST配信

 東南部地方バリア・ブンタウ省で27日、第21回ベトナム映画祭の閉幕式が開催された。ベトナム映画祭は11月23日から27日まで開かれ、開幕式と閉幕式はベトナム国営テレビ局(VTV)とバリア・ブンタウ省ラジオ・テレビ局で生中継された。

 映画祭は「長編映画部門」「資料映画部門」「科学映画部門」「アニメ映画部門」の4部門があり、長編映画部門に16作品、資料映画部門に29作品、科学映画部門に9作品、アニメ映画部門に20作品が出品された。

 今回の映画祭の長編映画部門では、レオン・クアン・レ(Leon Quang Le)監督が手掛けた2018年8月公開の「ソン・ランの響き(Song Lang)」が、最優秀作品賞にあたる「ゴールデンロータス賞(Bong Sen Vang)」に輝いた。

 また、レオン・クアン・レ監督が監督賞を、アイザック(Issac)が助演男優賞を受賞した。同作品は2018年の「第31回東京国際映画祭(TIFF)」でも上映され、主演のリエン・ビン・ファット(Lien Binh Phat)が「東京ジェムストーン賞」を受賞。2020年2月には新宿K’s cinema(ケイズシネマ)で公開される予定だ。

 「シルバーロータス賞(Bong Sen Bac)」は、「Cua Lai Vo Bau」(2019年2月公開)、「ハイ・フォン(Hai Phuong)」(2019年2月公開)、「Truyen Thuyet Ve Quan Tien(The Legend of Quan Tien)」(2019年11月公開)の3本だった。

 「Cua Lai Vo Bau」は、ドアン・ニャット・チュン(Doan Nhat Trung)監督が脚本賞を、チャン・タイン(Tran Thanh)が主演男優賞を受賞。また「ハイ・フォン」は、主演のゴ・タイン・バンの娘役のマイ・カット・ビー(Mai Cat Vi)が助演女優賞に輝いた。

 ベトナム映画祭は文化スポーツ観光省と同省傘下の映画局が2年に1回開催するもの。1970年に第1回が開かれ、2019年で21回目を迎えた。次回の第22回は2021年に北中部地方トゥアティエン・フエ省で開催される。

Clip to Evernote
[VOV 07:01 28/11/2019 / Vietnam+ 10:16 28/11/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [エンタメ]
映画「578」、アカデミー賞「国際長編映画賞」ベトナム代表に (1日)
 2022年2月公開のベトナム映画「578: Phat Dan Cua Ke Dien」が、第95回アカデミー賞「国際長編映画賞」ノミネート候補作品のベトナム代表に選ばれた。  同部門の日本代表は早川千絵監督作の「PLAN 75」。 ...>> 続き
映画「シン・ウルトラマン」、ベトナムで9月30日公開 (9/27)
 「エヴァンゲリオンシリーズ」でお馴染みの庵野秀明氏が総監修と脚本を務め、「平成ガメラシリーズ」3部作で特撮監督を務めた樋口真嗣氏が監督を務める「シン・ウルトラマン」がベトナムで9月30日に公開される...>> 続き
「第35回東京国際映画祭」、ベトナム映画1本上映 10月24日から開催 (9/26)
 10月24日(月)から11月2日(水)まで開催される「第35回東京国際映画祭(TIFF)」で、ベトナム映画1本が上映される。  コンペティションでの上映が決定したのは、「漂うがごとく(原題:Choi voi、英題:Adrift)...>> 続き
シン・エヴァンゲリオン劇場版:||、ベトナムで9月30日公開 (9/26)
 1990年代後半から2000年代にかけて社会現象を巻き起こしたエヴァンゲリオンの新劇場版最終作「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||( EVANGELION:3.0+1.0 THRICE UPON A TIME)」がベトナムで9月30日に公開される。...>> 続き
ハノイが舞台のベトナム発ホラーアドベンチャーゲームがSTEAMで配信開始 (9/19)
 地場ゲーム開発スタジオ「DUT Studio」はこのほど、ゲーム配信プラットフォームSTEAMでホラーアドベンチャーゲーム「Than Trung/The Death」の配信を開始した。  同作は、ウォーキングシミュレータータイプ...>> 続き
これより過去の記事は、エンタメ記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved