ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

日本政府、ディエンビエン省の妊産婦・新生児健康改善事業(第3期)を支援

2015/02/11 16:46 JST配信
Clip to Evernote
(C) 在ベトナム日本国大使館
(C) 在ベトナム日本国大使館 写真の拡大

 日本政府は5日、在ベトナム日本国大使館で、2014年度日本NGO連携無償資金協力「ディエンビエン省における妊産婦・新生児の健康改善事業(第3期)」に関する贈与契約の署名式を開催した。

 贈与契約締結額は33万7621USD(約3980万円)で、実施団体は特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン。

 西北部ディエンビエン省における保健施設は慢性的な資金不足のため、既存の保健施設の多くがベトナム政府の基準を満たしておらず、施設や機材の整備は都市部に比べ大きな遅れを取っている。また、伝統的な農耕生活を営む少数民族が多く住むこの地域では、保健サービスが無料で提供されているにも関わらず、保健施設へのアクセスの悪さや言葉・文化の壁から自宅出産率が高く、産前健診の受診率も低いなど住民の保健サービス利用率は極めて低い状況にある。

 このような状況下でワールド・ビジョン・ジャパンは、2012年度からこれまで2年間にわたり日本NGO連携無償資金協力を活用し、保健省やディエンビエン省保健局などと連携して、同省の中でも貧困率が高くニーズの多いムオンチャー郡及びトゥアンザオ郡において、◇保健施設の改善、◇保健スタッフの妊産婦・新生児ケアに関する知識・スキルの向上、◇妊産婦や保護者への妊産婦・新生児ケアに関する知識の普及などを行ってきた。

 同事業は3年計画で、今回が最終年度となる。なお、同案件は日本NGO連携無償資金協力国際協力重点課題事業(アジアにおける貧困削減に資する事業)となっている。

[2015年2月5日 在ベトナム日本国大使館プレスリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
在ベトナム日系企業の給与動向、管理職層の上昇率+10%以上 ICONIC調査 (25日)
 グローバル人材総合サービスを手掛けるICONIC(ホーチミン市)は、在ベトナム日系企業178社(総従業員数:3万7347人)を対象に実施したベトナム人従業員の給与動向に関するアンケート調査の2020年版データを発表し...>> 続き
第一三共、ベトナムに子会社を設立 (25日)
 第一三共株式会社(東京都中央区)は18日付けで、同社の100%子会社として「第一三共ベトナム」をホーチミン市に設立した。資本金は800万USD(約8億4000万円)。  第一三共は、2014年にホーチミン駐在員事務所...>> 続き
通販のLibeiro、FLCグループと業務提携 ベトナムに新会社を設立 (24日)
 通信販売を手掛ける株式会社Libeiro(東京都中央区)は、地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)と業務提携を締結し、ベトナムに新会社「セーレン(SEIREN)」を設立した。  セーレンは、ベトナム在住者向...>> 続き
カネカ、ベトナムで医療用カテーテルの生産能力を3倍に増強 (24日)
 株式会社カネカ(東京都港区)は、グループ会社で医療用カテーテル製品の組立加工を手掛けるカネカメディカルベトナム(旧社名:カネカファーマベトナム=Kaneka Pharma Vietnam、東南部地方ビンズオン省)における...>> 続き
農林水産省、「日本食普及の親善大使」にハノイ在住の小林氏を任命 (23日)
 山田滝雄駐ベトナム日本国特命全権大使は15日、ハノイ市の日本食レストラン「和食処紀伊」と「寛」のオーナーである小林宏治郎さんに対し、「日本食普及の親善大使」の任命状を授与した。  「日本食普及の...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited