ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日越大学、気候変動・開発プログラム開講―茨城大が幹事大学に

2018/09/14 15:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) 日越大学
(C) 日越大学 写真の拡大

 ベトナム国家大学ハノイ校の7番目の傘下大学で、日越両政府の協力により2016年9月に開学した日越大学(Vietnam Japan University=VJU)で、茨城大学が幹事大学を務める修士課程「気候変動・開発プログラム(MCCD)」がこのほど開講し、25人の新入生(ベトナム国籍22人、ナイジェリア国籍2人、ミャンマー国籍1人)を迎えた。

 プログラムの開講に伴い、茨城大学と日越大学は覚書(MOU)を締結し、今後の教育・研究に係る連携を確認した。

 日越大学では、これまで6つのプログラムが開講されており、今回開講する気候変動・開発プログラムは7つ目となる。

 深刻な海岸侵食などの課題に見舞われているベトナムでは、気候変動や持続可能な開発への関心が高まっている。茨城大学は、2006年設立の同大地球変動適応科学研究機関(Institute for Global Change Adaptation Science=ICAS)を中心に、東南アジアなどをフィールドとした気候変動および適応策についての研究・教育に長年取り組んでいる実績から、幹事大学を務めることとなった。

 日越大学の気候変動・開発プログラムでは、茨城大学のカリキュラムをベースとして、ベトナム社会の現状とニーズに適合した文理融合のプログラムを提供し、気候変動に関する原理や影響、持続可能な開発についての学際的な知識・スキルを育て、学生の問題解決能力を養うことを目指す。講義は茨城大学の教員16人のほか、両国の大学や国立環境研究所などの研究者が担当する。

 このプログラムでは、2年次のカリキュラムにインターンシップが組み込まれており、一部の学生は茨城大学の施設などを利用して、日本国内での実習やフィールド研究に取り組む予定。また、茨城大学の学生も、短期海外研修の一環でハノイ市を訪れ、日越大学の学生たちとも交流を行う予定となっている。

[2018年9月12日 日越大学ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
ANA、羽田~ハノイ線を運休へ―ベトナム路線再編でホーチミン線に切り替え (6:23)
 全日本空輸株式会社(ANA、東京都港区)は、2020年3月29日よりベトナム路線を再編する。  これにより、ANAの機材および乗務員で運航する便について、現行7往復/週の羽田~ハノイ線を同日より運休する。  ...>> 続き
伊藤忠エネクス、ベトナムでカーライフ事業に出資・参画 (2:32)
 石油製品・LPガスの販売および電力の発電・販売などを手掛けるエネルギー商社の伊藤忠エネクス株式会社(東京都千代田区)は、連結子会社で運送会社向け軽油販売などを行うエネクスフリート株式会社(大阪府大阪市...>> 続き
プロネクサス、ベトナム現地法人を設立―日系企業向け進出支援 (19日)
 企業のディスクロージャー・IR支援のトータルソリューションを提供する株式会社プロネクサス(東京都港区)は、ベトナム現地法人(子会社) 「プロネクサス・ベトナム(PRONEXUS VIETNAM)」をホーチミン市1区に設立...>> 続き
ハノイ国家大学と人間文化研究機構、学術交流協定を締結 (19日)
 ベトナム国家大学ハノイ校(ハノイ国家大学)傘下の人文社会科学大学と日本の人間文化研究機構(東京都港区)はこのほど、学術交流協定を締結した。  締結式には、同大学のファム・クアン・ミン学長、ファン・...>> 続き
JX石油開発、フンドン油田の権益期間を5年延長 (18日)
 JX石油開発株式会社(東京都千代田区)はこのほど、同社が100%出資する日本ベトナム石油株式会社(JVPC)がオペレーターとして生産操業するベトナム沖15-2鉱区内のフンドン油田について、ベトナム政府より5年間の...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)