ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

JX石油開発、フンドン油田の権益期間を5年延長

2019/11/18 13:20 JST配信
Clip to Evernote
(C) JX石油開発
(C) JX石油開発 写真の拡大

 JX石油開発株式会社(東京都千代田区)はこのほど、同社が100%出資する日本ベトナム石油株式会社(JVPC)がオペレーターとして生産操業するベトナム沖15-2鉱区内のフンドン油田について、ベトナム政府より5年間の権益期間延長が承認されたと発表した。

 フンドン油田の権益期間は2020年4月までとなっていたが、JX石油開発はベトナム政府およびペトロベトナムグループ(Vietnam National Oil and Gas Group=PVN)と期間延長について協議を重ね、今回、同国における長年の安定操業実績等から、2025年4月までの権益期間延長が認められた。

 なお、JVPCが同鉱区内で操業するランドン油田の権益期間についても、炭化水素を利用したガスEOR(Enhanced Oil Recovery:石油増進回収)を実施するため、2013年に5年間の延長が承認され、2025年4月までとなった。

 JVPCは、1992年に15-2鉱区の権益を取得し、その後の探鉱活動により原油・コンデンセートおよび天然ガスを発見。1998年にランドン油田で、また、2008年にはフンドン油田で、それぞれ生産を開始。JVPCは、同鉱区においてランドン油田権益の46.5%、フンドン油田権益の64.5%を保有し、PVEP社(ペトロベトナムの子会社)およびフランスのぺレンコ社と共に、これら油田の開発・生産活動を行っている。

 ランドン・フンドン両油田を合わせた累計生産数量(グロス)は、原油約2億3000万バレル、天然ガス3700億立方フィートに達している。また、今年9月には両油田において休業災害16年間ゼロの記録を達成し、安全操業を継続中。

[2019年11月15日 JX石油開発株式会社ニュースリリース U].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [日系]
にしてつベトナム現地法人、クアンガイ事務所を開設 (13:05)
 にしてつベトナム現地法人(NNR Global Logistics (Vietnam))は、南中部沿岸地方クアンガイ省のベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)クアンガイ内にクアンガイ事務所を開設し、1日より業務を開始した。同社にと...>> 続き
薬ゼミ情報教育センター、ベトナムの薬剤師国家試験制度確立を支援 (3日)
 薬剤師国家試験対策予備校の学校法人医学アカデミー薬学ゼミナール(埼玉県川越市)のグループ企業である株式会社薬ゼミ情報教育センター(東京都千代田区)は、ベトナム保健省およびハノイ薬科大学の協力要請を受...>> 続き
LED照明のニイヌマ、ベトナム2社目の現地法人を設立 (3日)
 LED照明の開発・製造・販売などの環境事業を手掛けるニイヌマ株式会社(宮城県石巻市)は、ベトナムで2社目の現地法人となる「NIINUMA TOMOFARMCO., LTD」を南中部高原地方コントゥム省に設立し、 8 月より業務を...>> 続き
ホテル・ニッコー・ハイフォンが8月1日に開業 (3日)
 大和ハウス工業株式会社(大阪市北区)と大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)が、北部紅河デルタ地方ハイフォン市にホテルおよびロングステイホテルを建設する「ウォーターフロントシティプロジェ...>> 続き
無印良品、ホーチミンにポップアップストアを開店 コロナ再燃でも長蛇の列 (7/31)
 「無印良品」を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区)が100%出資するベトナム現地法人「ムジ・リテール・ベトナム(Muji Retail (Vietnam))」は31日、ホーチミン市1区中心部に初のポップアップストア(期間限...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited