ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハイフォン:工業団地に日本庭園「共生の庭」が完成

2020/12/04 03:59 JST配信
Clip to Evernote
(C) ナムカウキエン工業団地
(C) ナムカウキエン工業団地 写真の拡大

 在ベトナム日本国大使館の岡部大介経済公使は1日、北部紅河デルタ地方ハイフォン市にあるナムカウキエン工業団地内で開催された日本庭園「共生の庭」オープニングセレモニーに出席した。

 「共生の庭」は面積3haで、「環境との共生」、「市民との共生」、「異文化との共生」の3つをコンセプトとしている。投資総額は150万USD(約1億5600万円)。今年8月に着工し、11月に竣工した。

 「共生の庭」は排水処理場の敷地内にあり、滝や池、小川の水、植物に散水される貯水池の水は、ナムカウキエン工業団地内の工場から排出された後、排水処理場で処理され、無害化されたものとなっている。

 福岡県北九州市とハイフォン市は2014年に姉妹都市協定を締結するなど、長年にわたって、環境分野をはじめとした交流・協力関係を構築してきた。昨年12月には同工業団地と北九州市、北九州エコタウンネットワークの間で、ベトナム政府が推進するエコインダストリアルパーク事業の推進に向けた覚書が締結された。
 
 今回完成した日本庭園「共生の庭」は、北九州市の造園会社で技能実習生として技術を学んだベトナム人らがベトナムへ帰国後に設立した会社が設計及び施工管理を担当。同庭園内には北九州市のゆるキャラ「ていたん」の石像が設置された。
 
 岡部公使は、セレモニーの挨拶の中で、北九州市とハイフォン市の友好関係の象徴として「共生の庭」が完成したことが、北九州市とハイフォン市、ひいては日本とベトナムの更なる友好関係の発展につながることを期待すると述べた。

最終更新:2020年12月4日 09:25 JST

[2020年12月3日 在ベトナム日本国大使館プレスリリース U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
日本の製造業の有望事業展開先、ベトナムは3位を維持 (5:38)
 国際協力銀行(JBIC、東京都千代田区)が発表した日本の製造業企業の海外事業展開の動向に関するアンケート調査結果によると、今後3年程度の中期的な有望事業展開先国・地域のランキングで、ベトナムは前回と同じ...>> 続き
レオパレス21、ベトナム子会社を中和石油に売却 (2:48)
 株式会社レオパレス21(東京都中野区)は、ベトナム子会社であるレオパレス21ベトナム(Leopalace 21 Vietnam、ホーチミン市)の全出資持分を中和石油株式会社(北海道札幌市)に譲渡する。これに伴い、レオパレス21...>> 続き
ジェトロ、新メニュー開発・日本産食材利用促進キャンペーンを展開 (18日)
 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により需要が低迷した海外市場における日本産食材の商流を維持・強化し、需要と輸出の拡大を図るため、日本産食材サポーター店を対象...>> 続き
モンスター・ラボ、ハノイ・ダナンの2拠点を統合 (18日)
 世界16か国25都市の人材を活用し、デジタルコンサルティング事業・プロダクト事業を展開する株式会社モンスター・ラボ(東京都渋谷区)は、ベトナムのハノイ拠点(旧社名:Lifetime Technologies)とダナン拠点(旧...>> 続き
出光、ベトナムの屋根置き太陽光発電事業がJCM設備補助事業に採択 (18日)
 出光興産株式会社(東京都千代田区)が海外での再生可能エネルギーの普及を目的にベトナムのバイオマス発電用ペレット工場で実施する「屋根置き太陽光発電システムの導入」事業が、環境省の「令和2年度二国間クレ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited