ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

環境省「二国間クレジット制度資金支援事業」でベトナム案件5件採択

2021/10/04 04:50 JST配信
イメージ画像
イメージ画像 写真の拡大

 日本の環境省はこのほど、令和3年度(2021年度)「二国間クレジット制度(JCM)資金支援事業のうち設備補助事業」の採択案件(第2次採択分)として19件を選定した。このうち5件がベトナム関連となっている。

 第2次採択分の選定事業のうち、ベトナム関連のプロジェクト名と代表事業者は以下の通り。

◇商業・産業需要家への12MW屋根置き太陽光発電システムの導入(丸紅株式会社)
◇工業団地への9.8MW屋根置き太陽光発電システムの導入(大阪ガス株式会社)
◇飲料工場への5.8MW屋根置き太陽光発電システムの導入(アジアゲートウェイ株式会社)
◇食品工場及び衣料品製造工場への2.5MW屋根置き太陽光発電システムの導入(関西電力株式会社)
◇ショッピングセンターへの高効率チラー及び調光型高効率LED照明導入事業(東急株式会社)

 同事業は、優れた脱炭素技術などを活用して途上国における温室効果ガス(GHG)排出量を削減する事業を実施し、測定・報告・検証(MRV)を行う事業に対して、初期投資費用の2分の1を上限として補助するもの。途上国などにおけるGHGの削減とともに、JCMを通じて日本のGHG排出削減目標の達成にも資することを目的としている。

 これまでに採択した設備補助事業は194件となり、これらの事業による2030年までの累積GHG削減量は約1920万tを見込んでいる。

 なお、環境省JCM資金支援事業のベトナム関連の案件は、2013~2021年度(2021年9月27日時点)で計36件(うち設備補助35件、F-gas1件)となっている。

Clip to Evernote
[2021年9月27日 環境省報道発表資料 A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
第7回日本・ベトナム環境政策対話、気候変動や海洋プラスチックごみ対策で協力 (26日)
 日本の環境省とベトナム資源環境省は東京で24日、第7回日ベトナム環境政策対話を開催した。日本からは山口壯環境大臣、小野洋地球環境局長ほか、ベトナムからはチャン・ホン・ハー資源環境相、ホアン・バン・ト...>> 続き
HIS、ドンアー大学と観光業発展・ホスピタリティ人材育成で基本協定を締結 (26日)
 株式会社エイチ・アイ・エス(HIS、東京都港区)は25日、日本貿易振興機構(ジェトロ)とベトナム計画投資省が共催した「ベトナム投資カンファレンス」で、「ベトナムの観光業の発展とホスピタリティ人材育成に関す...>> 続き
日本政府、ホーチミンの水環境改善に108億円の円借款 経済社会開発計画に5億円の無償資金協力も (26日)
 東京で24日、日本を公式訪問中のファム・ミン・チン首相と岸田文雄内閣総理大臣の立会いのもと、山田滝雄駐ベトナム日本国特命全権大使とボー・タイン・フン財政次官、グエン・ゴック・ドン交通運輸次官との間...>> 続き
塩野義製薬、感染症対策でベトナム保健省と基本合意書を締結 (26日)
 塩野義製薬株式会社(大阪市中央区)は、ベトナム保健省との間で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を含む感染症対策に関する基本合意書を締結した。  基本合意に基づき、ベトナム保健省、政府系総合商社AIC...>> 続き
日・ベトナム刑事共助条約に署名、犯罪対策の両国間協力を促進 (26日)
 24日、山田滝雄駐ベトナム日本国特命全権大使とレ・ミン・チー最高人民検察院検事総長との間で、「刑事に関する共助に関する日本国とベトナム社会主義共和国との間の条約(日・ベトナム刑事共助条約)」の署名が...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited