ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

日本、入国時の3回目以降接種条件に有効なワクチンを追加

2022/06/23 13:59 JST配信
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 日本政府は22日、新たな水際対策措置を決定した。6月1日午前0時から適用している措置に関して、6月26日午前0時以降、日本入国時の水際防疫措置緩和の対象として、新たに2種類のワクチンを3回目以降の接種に有効なものとして取り扱うこととした。

 新たに追加されたワクチンは、◇バキスゼブリア(Vaxzevria)筋注(アストラゼネカ(AstraZeneca)製)、◇ジェコビデン(JACOVDEN)筋注(ヤンセン(Janssen)製)。

 また、インド血清研究所が製造するコビシールド(Covishield)については、アストラゼネカ製バキスゼブリア筋注と同一のものとして取り扱う。

 これに先立ち、3回目以降の接種に有効なワクチンとして、◇コミナティ(COMIRNATY)筋注(ファイザー(Pfizer)製)、◇スパイクバックス(Spikevax)筋注(モデルナ(Moderna)製)、◇ヌバキソビッド(Nuvaxovid)筋注(ノババックス(Novavax)製)の3種類が認められている。

 なお、6月1日午前0時から適用している措置では、オミクロン株に関する知見、各国・地域における流行状況、日本への流入状況などのリスク評価、ワクチンの有効性などを踏まえ、各国・地域からの流入リスクを総合的に勘案し、国・地域を「赤」「黄」「青」の3つに区分して有効なワクチン接種証明書の有無などによって検査と待機期間を定めている。

 ベトナムは「黄」に区分され、入国時検査を実施した上で、原則7日間の自宅等待機を求めることとし、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めない。このうち、ワクチン3回目接種者については、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めない。

Clip to Evernote
[2022年6月22日 外務省海外安全ホームページ A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
VNEXT JAPAN、ブロックチェーン技術分野でINDETAILと業務提携 (29日)
 ハノイ市に本社を置くVNEXTホールディングス(VNEXT HOLDINGS)のグループ会社で、システム・アプリケーション開発やブロックチェーン開発、人工知能(AI)開発などを行うVNEXT JAPAN株式会社(東京都千代田区)はこ...>> 続き
イオンとダナン市、ショッピングモール開発の投資・事業推進で覚書 (29日)
 イオンモール株式会社(千葉県千葉市)は、南中部沿岸地方ダナン市との間で「ダナン市におけるショッピングモール開発に関する投資及び事業推進についての包括的覚書」を締結した。  同社は、中部エリアを現...>> 続き
南部日系企業の現状と今後の見通し、JCCH・ジェトロアンケート結果 (29日)
 ホーチミン日本商工会議所(JCCH)と日本貿易振興機構(ジェトロ)ホーチミン事務所はこのほど、ベトナム南部日系企業の現状と今後の見通しの把握を目的とした「事業活動の現状と今後の見通しに関するアンケート調...>> 続き
nms、住友商事のタンロン工業団地で製造支援サービス拡充 本格展開 (28日)
 ヒューマンソリューション事業やエレクトロニクスマニュファクチャリングサービス事業などを手掛けるnmsホールディングス株式会社(東京都新宿区)グループで人材ソリューション事業(HS事業)を担う日本マニュファ...>> 続き
大同工業、ホーチミンに支店開設で新事業展開 (27日)
 二輪車および四輪車部品、産業機械部品などの製造・販売を手掛ける大同工業株式会社(石川県加賀市)の連結子会社であるD.I.D Vietnam Co.,Ltd.(北部紅河デルタ地方フンイエン省フンイエン市:以下、DVN)はこの...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved