ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムコーヒー栽培とカフェの歴史

2012/10/13 08:14 JST配信
(C) caphesieusach
(C) caphesieusach 写真の拡大

 ベトナムほどコーヒー文化が根付いている国は世界広しといえど滅多にお目にかかれない。街中にはおしゃれなコーヒーショップや路上の喫茶店が溢れており、老若男女が思い思いにコーヒーを楽しんでいる。コーヒー輸出量は世界トップで、自他共に認めるコーヒー大国だ。今日はそんなベトナムコーヒーの歴史を紹介しよう。

 ベトナムでコーヒー栽培が始まったのは17世紀から18世紀にかけて、ポルトガル、スペイン、オランダ、フランスの宣教師がベトナムで布教を行った際に持ち込んだことが始まりとされている。ただし、これらは小規模な栽培にすぎず、大規模に生産されだしたのはフランスがベトナムの占領を開始した1857年以降とされる。

 フランスは1789年のフランス革命まで世界の主要なコーヒー生産国で、主に植民地だったカリブ海の島々で生産していた。ベトナムでは1862年にトゥドゥック(嗣徳)帝から東部3省の割譲を受け、その2年後にはサイゴン(現在のホーチミン市)に植物園を設立して、コーヒーの試験栽培を始めている。

 フランスが試したのは、ベトナムと気候や土壌の性質が似ているカリブ海のマルティニーク島と南米のギアナで栽培していたアラビカ種。1884年に占領した北部(トンキン)で栽培を開始し、その後中部に拡大していった。収穫後のコーヒーは「アラビカ・ドゥ・トンキン」のブランド名でフランスに輸出された。

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[Thanh nien online,02/08/2012 8:00,06/09/2012 8:00,O ].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ:24日の新規感染者1176人・死者なし (24日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する24日の発表によると、国内で感染者1176人が新たに確認された。  24日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1147万1340人となっている。  ...>> 続き
ベトナムの食品生産現場における添加物管理の実態 (24日)
 ベトナム製の即席めんが多数、発がん性物質「エチレンオキシド(ethylene oxide=EO)」の検出によって各国で回収されている。ただこの物質は、ベトナムでは規制されていないものだ。各国が禁止しているにもかかわ...>> 続き
新型コロナ:23日の新規感染者2545人・死者なし (23日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する23日の発表によると、国内で感染者2545人が新たに確認された。  23日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1147万0164人となっている。  ...>> 続き
保健省、電子母子手帳をお披露目 (23日)
 保健省は22日、妊娠から出産までの妊婦の健康状況や子供の予防接種、成長状況などを記録する母子健康手帳(母子手帳)の電子版ウェブサイト<https://somevabe.suckhoedoisong.vn>を開設した。  電子母子手...>> 続き
ホーチミン:偽装の安全野菜取り締まり、流通網立ち入り検査へ (23日)
 ホーチミン市市場管理局は21日、傘下の支局宛てに公文書を送付し、食品安全基準を満たしていない、または出所不明の野菜・果物に対する取り締まりを強化するよう促した。  各支局は、管轄地域内の流通網の...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved