ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ:夏到来、路上で賑わう即席茶屋は文化か社会問題か

2018/06/07 16:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) vtc.vn
(C) vtc.vn 写真の拡大

 アイスティー1杯の原価は250VND(約1円)、それを5000VND(約24円)で売れば、利益率は2000%にも上る。夏を迎えたハノイ市の路上の即席茶屋は、世界一利益率が高い商売と言えるかもしれない。

 夏が到来し、同市内の交差点付近や路地のそこらじゅうに小さなプラスチック製の椅子を並べた即席茶屋がお目見えする。椅子は客の座席にもなれば、テーブルにも早変わりする。

 客層は、小休憩と水分補給に訪れる労働者や、朝から晩まで1日中茶屋に座って宝くじに精を出す者、友人とお喋りに興じる若者と様々だ。アイスティーにはレモンティーやキンカンティー、レモングラスティー、ピーチティーなどの種類があり、喧騒と埃の中でアイスティーを飲み、ヒマワリの種をかじりながら語らい合うのが首都ハノイ市の夏の風物詩だ。

 こうした即席茶屋が歩道を占拠するため、警察は巡回取り締まりを行っているが、警察が来たと分かると店主も客も一目散に逃げる。即席茶屋の跡には客の飲み残しが撒かれ、ピーナッツの包装やタバコの吸い殻で散らかっている。さらにはスリが横行し、盗んだ品を路上で売る者までおり、秩序を乱す即席茶屋が首都の顔を汚してしまっているのが現状だ。

 即席茶屋や飲食屋台の路上営業による歩道占拠の問題は今に始まったことではないが、当局は路上での営業が社会秩序を乱しているとする反面、路上で生計を立てざるを得ない市民に対する具体的な措置を未だ講じていない。しかし、人々が1日の終わりに涼みながら他愛ない話をするには即席茶屋は絶好の場所となっている。

 こうした中、何も動こうとしない当局の姿ばかりを見て人々はどうしたら文化的で礼儀正しくいられるというのか、といった意見もみられる。さらには、果たして即席茶屋が「文化」なのか、はたまた「社会問題」なのか、といった疑問も投げかけられている。

[Mai Tam, vtc.vn, 31/05/2018 11:30 AM GMT+7, T].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [社会]
ホーチミン:子供の教育のため…学区外の名門校入学に大金も (18日)
 ホーチミン市では、小学1年生および中学1年生の入学募集が間もなく始まる。こうした中、保護者が子供を学区外の名門校に入れるため、学校関係者に賄賂を渡すといった動きが本格化している。  規定では、街...>> 続き
鉄道スタッフに勤務中のスマホ使用を禁止 (18日)
 ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railways=VNR)はこのほど、鉄道交通における安全秩序の確保に関わる鉄道スタッフを対象に、勤務時間中のスマートフォン(スマホ)の使用を禁止することを決めた。  それによると...>> 続き
ホーチミン:夜な夜な行列のできる黒糖パールミルクティー屋 (16日)
 ホーチミン市5区チャンフンダオ通り(Tran Hung Dao)に、夕方から夜にかけて数百人もの若者が行列を成す黒糖入りパールミルクティー(タピオカミルクティー)の店がある。店周辺の歩道には来店客の自転車やバイク...>> 続き
ベトナムのソフトウェアの74%が違法コピー、改善も依然多く (15日)
 米国の非営利団体ビジネス・ソフトウェア・アライアンス(BSA)の調査によると、ベトナムにおける2017年のコンピュータソフトウェアの著作権侵害(違法コピー)率は74%で、前回調査に比べて4ポイント改善したもの...>> 続き
経済特区法案に便乗したデモ・暴動、当局が処分を強化 (15日)
 今国会で可決が延期された特別行政経済区法(経済特区法)案、および12日に可決されたサイバーセキュリティ法に対する抗議デモ・暴動に関連して、全国で複数人が身柄を拘束された。  ホーチミン市ではこれま...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)