ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

「病気の弟を見舞いに自転車で100km走った少年」、生後3か月の弟が天国へ

2019/04/26 03:25 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 13歳の少年が西北部地方ソンラ省からハノイ市に向かって100km余りの道のりをブレーキもない自転車に乗って一人で走り、入院している最愛の弟を見舞いに行ったという出来事が現地紙で報じられたが、この少年の生後3か月の弟が病気のため天国へ旅立った。

 100km余りを自転車で一人旅したこの少年は、ソンラ省バンホー郡に住む少数民族タイ族のビー・クエット・チエンくん。3月25日、弟が生まれてから1度も会ったことがなかったチエンくんは、弟の病状が良くないことを聞いて居ても立ってもいられなくなり、自転車に飛び乗った。

 チエンくんの弟が入院していたハノイ市の中央小児病院のドー・バン・ドー医師によると、医師らは全力を尽くしたものの、弟の病状が悪化したため、家族が4月20日午後に弟を故郷へ連れて帰った。

 弟は生まれてからずっと病院にいたため、ソンラ省の自宅に帰ったのは今回が初めてのとだった。しかし、自宅に到着してわずか10分後に息を引き取ったという。

 早産により低体重で生まれた弟は生まれて数日で腸閉塞(イレウス)の手術を受けたが、手術後に短腸症候群、胆汁うっ滞、代謝性アシドーシスなどを発症し、両親の看病のもと同病院で治療を受けていた。

 これに先立ち、旅を共にしたチエンくんの自転車がオークションにかけられ、1億0300万VND(約50万円)という金額で落札されたことも話題となった。1億0300万(103 trieu)VNDという金額は、少年が走った距離(103km)と同じ数字だ。

<特集記事>
病気の弟を見舞うため、13歳の少年が自転車で100km一人旅

[Tuoi Tre 21:04 20/04/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
国境越え出産、生活苦でお腹の我が子を売る女性たち (30日)
 当局が取り締まりを強化している中をすり抜けて、現在も中国との国境の地域では人身売買が横行している。妊婦が出産前からお腹の中の胎児の売買取引をするケースも珍しくない。  北中部地方ゲアン省キーソ...>> 続き
ホーチミン:東京のネオン街をイメージした居酒屋街が若者の間で人気 (30日)
 東京のネオン街をイメージした居酒屋街「チルタウン(Chill Town)」が昨年末にホーチミン市トゥードゥック区リンチエウ地区トービンジエン通り07A番地(07A To Vinh Dien, Linh Chieu, Thu Duc)にオープンして若...>> 続き
新型コロナ新規感染なし、327人から変わらず (29日)
 保健省の29日午前6時の発表によると、ベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は計327人で、前日から変わっていない。海外からの入国者を除く国内での新規感染は43日間続けてゼロ人となっている。これまでに...>> 続き
ホーチミン:第175病院傘下の整形外科病院、国際科を開設 (29日)
 国防省傘下の第175軍隊中央病院(通称:第175病院、ホーチミン市ゴーバップ区)は27日、同病院傘下の整形外科病院に国際科を開設した。  国際科では、患者に対して包括的な治療・ケアサービスを提供するほか...>> 続き
クラスター発生の「ブッダ・バー」が店名変更 仏教徒からの抗議で (29日)
 ホーチミン市在住の欧米人の間で人気を集めていた2区タオディエン街区の「ブッダ・バー(Buddha Bar)」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター発生を起こしたことで経営上の打撃を被った。これに加...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)