ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

病気の弟を見舞うため、13歳の少年が自転車で100km一人旅

2019/03/31 05:50 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 西北部地方ソンラ省からハノイ市に向かって100km余りの道のりをブレーキもない自転車に乗って一人で走り、途中で気を失いかけたりサンダルが壊れたりしながらも、入院している最愛の弟を見舞いに行った13歳の少年がいる。

 この少年は、ソンラ省バンホー郡に住む少数民族タイ族のビー・クエット・チエンくん。チエンくんは3月26日の朝、弟が入院しているハノイ市の中央小児病院を訪れた。同病院の医師らは彼の「旅」に大いに驚いたという。

 チエンくんの父親であるビー・バン・ナムさんによると、3月25日の昼ごろに学校から帰宅したチエンくんは、2か月前に早産により低体重で生まれた弟が重病で、治療を受けるためハノイ市の中央小児病院に入院したことを祖父から聞いた。

 生まれてから2か月、1度も弟に会ったことがなかったチエンくんは、これを聞いて居ても立ってもいられなくなり、通学に使っている自転車に飛び乗ってハノイ市に向かったのだという。

 このとき、チエンくんは祖父に「学校でスポーツがあるから行ってくる」と伝えていた。祖父はまさかチエンくんが嘘をついてハノイ市に向かったなど知る由もなかった。チエンくんはハノイ市への経路も知らなければ、自宅からハノイ市までどのくらい遠いのかも知らなかった。チエンくんは道すがら人に尋ねながら、国道をひたすら走った。

 自転車はブレーキがなかったため、坂を下るときにはサンダルをブレーキ替わりにしなければならなかった。自宅を出発してから約6時間、25日の夜に西北部地方ホアビン省ホアビン市に着いたころには疲れ果てて気を失いかけていた。

前へ   1   2   3   次へ
[Tuoi Tre 21:57 26/03/2019 / Tuoi Tre 20:30 27/03/2019 / Tuoi Tre 16:56 28/03/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
2人のマルティーヌ、アフリカに渡り王女となったベトナム人少女たちの運命 (15日)
 1970年11月末のことだった。17歳のマルティーヌは父親に会うためにアフリカへ渡りリムジンバスに乗るまで、旧サイゴンの路上でタバコ売りをしていたごく普通の少女だった。浅黒い肌と巻き毛をしたマルティーヌ...>> 続き
視覚障害のジャーナリスト、雑誌とラジオで視覚障害者に光を (8日)
 国営ベトナムの声放送局(VOV)のリポーター、そして編集者として活躍するホアン・バン・リーさんは、先天性失明者でありながら、独自のやり方で15年間にわたりジャーナリズムの仕事に情熱的に取り組んできた。 ...>> 続き
ホー・チ・ミン主席死去から50年、最期の日々をたどる (1日)
 故ホー・チ・ミン主席の死去から2019年9月2日で50年を迎える。  ホー・チ・ミン主席が死去する前に護衛を担当していたチャン・ベト・ホアン氏は、病気のホー・チ・ミン主席を間近で見守り、主席が亡くなる...>> 続き
「剣を置くのは芸を尽くした時」シングルファーザーの大道芸人 (8/25)
 観客が目を逸らしそうになるほど身体を張った技を披露した大道芸人は、スポットライトが消えると哀愁が漂う日常生活に戻る。  ステージに音楽が鳴り響く中、大道芸人のグエン・バン・ホアンさん(男性・34歳...>> 続き
<明日は明日の試合がある>フィリップ・トルシエ(元サッカー日本代表監督) ベトナムで育成世代にサッカー全力指導中【後編】 (8/18)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。) 前編 → <明日は明日の試合がある>フィリップ・トルシエ(元サッカー日本代表監督) ベトナムで育成世代にサッカー全力指導中【前編>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)