ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

病気の弟を見舞うため、13歳の少年が自転車で100km一人旅

2019/03/31 05:50 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 西北部地方ソンラ省からハノイ市に向かって100km余りの道のりをブレーキもない自転車に乗って一人で走り、途中で気を失いかけたりサンダルが壊れたりしながらも、入院している最愛の弟を見舞いに行った13歳の少年がいる。

 この少年は、ソンラ省バンホー郡に住む少数民族タイ族のビー・クエット・チエンくん。チエンくんは3月26日の朝、弟が入院しているハノイ市の中央小児病院を訪れた。同病院の医師らは彼の「旅」に大いに驚いたという。

 チエンくんの父親であるビー・バン・ナムさんによると、3月25日の昼ごろに学校から帰宅したチエンくんは、2か月前に早産により低体重で生まれた弟が重病で、治療を受けるためハノイ市の中央小児病院に入院したことを祖父から聞いた。

 生まれてから2か月、1度も弟に会ったことがなかったチエンくんは、これを聞いて居ても立ってもいられなくなり、通学に使っている自転車に飛び乗ってハノイ市に向かったのだという。

 このとき、チエンくんは祖父に「学校でスポーツがあるから行ってくる」と伝えていた。祖父はまさかチエンくんが嘘をついてハノイ市に向かったなど知る由もなかった。チエンくんはハノイ市への経路も知らなければ、自宅からハノイ市までどのくらい遠いのかも知らなかった。チエンくんは道すがら人に尋ねながら、国道をひたすら走った。

 自転車はブレーキがなかったため、坂を下るときにはサンダルをブレーキ替わりにしなければならなかった。自宅を出発してから約6時間、25日の夜に西北部地方ホアビン省ホアビン市に着いたころには疲れ果てて気を失いかけていた。

前へ   1   2   3   次へ
[Tuoi Tre 21:57 26/03/2019 / Tuoi Tre 20:30 27/03/2019 / Tuoi Tre 16:56 28/03/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「Made in Vietnam」のチョコレートに第2の人生を捧げる越僑男性 (5:07)
 「サミー(Samy)」ことブイ・デュラスサミー(Bui Durassamy)さん(男性・70歳)は、40年以上暮らしたカナダから単身でベトナムに帰り、ベトナムのカカオの木を救い、ベトナム人皆が「Made in Vietnam」のチョコレ...>> 続き
アジア初の宇宙飛行士ファム・トゥアン、「ソユーズ37号」打ち上げから40年 (2日)
 今から40年前の1980年7月23日、ベトナム初、そしてアジア初の宇宙飛行士となったベトナム人民空軍の英雄ファム・トゥアン(Pham Tuan)氏は、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から「ソユーズ37号(Soyuz 37)」...>> 続き
車椅子で30省・市を旅した29歳、次は近隣諸国の制覇目指す (7/26)
 不運にも脊髄動静脈奇形を発症し、20歳から歩行ができなくなったファン・ブー・ミンさんは、並外れたエネルギーと情熱により、車椅子でベトナム国内の30省・市を旅してきた。  1991年生まれ、南部メコンデ...>> 続き
分離手術から7年、結合双生児の片割れを亡くした少年の今 (7/19)
 2013年11月26日、ホーチミン市第2小児病院で生後14か月の結合双生児の分離手術が行われた。手術を受けたのは、南中部沿岸地方ニントゥアン省に住む父親のグエン・タイン・フィエンさんと母親のグエン・ティ・ホ...>> 続き
Z30D刑務所に暮らす200人の外国人受刑者たち (7/12)
 南中部沿岸地方ビントゥアン省ハムタン郡(huyen Ham Tan)にあるトゥードゥック(Thu Duc)刑務所は、またの名をZ30D刑務所といい、ベトナムで最大規模の刑務所として知られる。  ここは、約200人の外国人受刑...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited