ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

バンロン湿地自然保護区、ベトナム9番目のラムサール条約湿地に

2019/05/27 05:37 JST配信
Clip to Evernote

 紅河デルタ地方ニンビン省のバンロン(Van Long)湿地自然保護区が、ラムサール条約湿地に認定された。バンロン湿地自然保護区は、世界で2360か所目、ベトナム国内で9か所目のラムサール条約湿地となった。

 同保護区はニンビン省ザービエン郡に位置し、紅河デルタ地方に残る手付かずの内陸の湿地帯となっている。多くの生物にとって重要な生息地と繁殖地であるほか、「ベトナム最大のラングール保護区」としても知られている。

 ラムサール条約は、水鳥の生息地として国際的に重要な湿地や湿地に生息する動植物の保護を目的として、1971年2月2日に制定され、1975年12月21日に発効した。ベトナムは1989年に締約国に加盟している。

 ベトナム国内でこれまでに認定されたラムサール条約湿地は以下の8か所。

◇紅河デルタ地方ナムディン省のスアントゥイ国立公園
◇東南部地方ドンナイ省のバウサウ湿地帯(カットティエン国立公園)
◇東北部地方バクカン省のバーベー湖
◇メコンデルタ地方ドンタップ省のチャムチム国立公園
◇メコンデルタ地方カマウ省のカマウ岬国立公園
◇東南部地方バリア・ブンタウ省のコンダオ国立公園
◇メコンデルタ地方ロンアン省のランセン湿地保護区
◇メコンデルタ地方キエンザン省のウーミントゥオン国立公園

[VOV 14:40 22/05/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ハノイ:水道水の悪臭、原因はスチレン―違法投棄の廃油に含有か (6:49)
 ハノイ市南西部の広域で10日から水道水が悪臭を放ち生活用水として利用できない状態が続いている中、市当局は15日に水道水の成分検査の結果を発表した。  検査の結果によると、水道水中のスチレン濃度がベ...>> 続き
妻の凍結保存胚を愛人に移植、夫が病院だまして (6:17)
 ハノイ市の郵便病院で、夫が病院側をだまして凍結保存されていた妻の「胚(受精卵が発育したもの)」を愛人に移植させていたことが発覚した。  調べによると、紅河デルタ地方バクニン省在住の夫妻は1990年に...>> 続き
美容整形クリニックでフェイスリフト手術後に女性が死亡、ホーチミン (3:39)
 ホーチミン市3区にあるカンナム(Kangnam)美容整形クリニックでこのほど、米国在住の越僑(在外ベトナム人)の女性(59歳)がフェイスリフト手術を受けた後に死亡した。  女性は11日午前、フェイスリフト手術を...>> 続き
THグループ、ハイテク医療複合施設案件を始動―慶応大学と協力覚書 (16日)
 ベトナムの乳業大手THグループは14日、ハノイ市ドンアイン郡ティエンズオン町(xa Tien Duong)で「ハイテクメディカルヘルスケアコンプレックス」設立プロジェクトの始動式を執り行った。  これは、◇予防医...>> 続き
ビナシン幹部らによる国の資産横領事件、控訴審で元会長にさらに重い刑罰 (16日)
 オーシャンバンク(Ocean Bank)における簿外の利息支払いによる国の資産横領事件の控訴審でハノイ市上級人民裁判所は14日、造船工業総公社(ShipBuilding Industry Corporation=SBIC、旧ビナシン=Vinashin)の元...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)