ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ:線路沿いカフェ一掃から3か月、観光客絶えず営業再開

2020/01/14 06:25 JST配信
Clip to Evernote
(C) laodong
(C) laodong 写真の拡大

 交通運輸省の要請を受けて、ハノイ市当局は2019年10月10日、同市のディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通り~フンフン(Phung Hung)通りの区間に敷かれた線路脇への観光客の立ち入りを禁止した。ここは線路沿いのカフェが軒を連ねるエリアで、立ち入りが禁止される前まで昼夜問わず観光客で賑わっていた。

 当局はさらに、線路脇で営業していたカフェ68店舗に対して計1億5300万VND(約73万6000円)の罰金を科すとともに、線路沿いの民家の住人らに対し鉄道制限区域を占有しないことを書面で約束させた。

 しかし、一掃から3か月が経った今も外国人を中心とする観光客がこのエリアを訪れており、多くのカフェが営業を再開している。現在も立ち入り禁止の看板が立てられているほか、各所に当局の人員が配置され監視が続いているものの、観光客がエリアに立ち入るのを妨げられることはないという。

 現行規定では、線路から左右5m以内は鉄道制限区域とされており、ここでの営業活動は一切禁止されている。上記の区間ではレール幅1mの線路が住宅街を通っているが、100年以上前に整備されて以来、現在も柵がなく線路から住宅までの距離も1m程と非常に近い。

 この区間で最初にカフェがオープンしたのは2017年末ごろのこと。コーヒーを飲みながら列車が走る光景を眺めることができるとして観光客の間で人気を集めた。しかし、規定違反というだけでなく、観光客が写真や動画撮影のために線路内に立ち入ることで、安全確保の観点からも大きな問題となっていた。

[Lao Dong 16:22 13/01/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ダナン:ツアー申込客のパスポート29冊が盗難被害、ごみ処理場で無事発見 (27日)
 南中部沿岸地方ダナン市のカインソンごみ処理場で21日未明、ベトナムのパスポート27冊が発見された。この前日、観光ガイドの男性がツアー客のパスポートが入った袋を盗まれており、ソーシャル・ネットワーキン...>> 続き
2020年テトのGoogle検索キーワードトップ10 (24日)
 インターネット検索大手の米グーグル(Google)は、2020年のテト(旧正月)前に最も多く検索されたキーワードを発表した。  2020年のテトに関するGoogle検索キーワードのランキングトップ10は以下の通り。 1...>> 続き
テトに需要急増の各種サービス、掃除から美容まで多種多様 (24日)
 例年、テト(旧正月)直前の時期は便利な各種サービスの需要が増す。多くの忙しい人々にとって買い物や家族の世話は大変で、その需要を満たすため、掃除からベビーシッター、配送、美容まで様々なサービスが人気...>> 続き
ハノイ唯一の線香村、テト間近の出荷ピーク迎える (23日)
 テト(旧正月)が間近に迫る中、ハノイ市ウンホア郡クアンフーカウ村(xa Quang Phu Cau, huyen Ung Hoa)は昼夜を問わず忙しく賑やかで、鮮やかな赤色の線香の束が一面に並んでいる。クアンフーカウ村はハノイ市に...>> 続き
交通違反罰金の検索アプリ「iThong」がリリース、国内初 (22日)
 ベトナム法律サイト「https://thuvienphapluat.vn」はこのほど、交通違反罰金額の検索アプリ「iトン(iThong)」をリリースした。これは交通違反罰金額の検索を目的とした国内初のアプリで、文字または音声による...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)