ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム初の新型コロナワクチン、接種費用は1回2260円未満の見通し

2020/12/10 06:44 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ナノゲン社(Nanogen)が開発中の新型コロナウイルスワクチン「ナノコバックス(Nanocovax)」の臨床試験の第1期について、臨床試験を管轄する国防省傘下の軍医学院は10日からワクチン接種を受けるボランティアの募集を開始する。

 募集人数は40人。要件として、◇18~40歳であること、◇健康状態が良好であること、◇慢性疾患を持っていないことなどが挙げられる。12月17日にボランティアに初めてワクチンを接種する。

 2021年3月に第2期、2021年8月に第3期の臨床試験を行う。ワクチンを接種する対象者数は、◇第2期:400人以上、◇第3期:1万人を予定している。第3期の臨床試験は、市中感染が多い◇バングラデシュ、◇インド、◇インドネシアの3か国との協力のもとで行われる。

 ナノゲンは2021年5月にベトナム国内で一般向けにワクチン「ナノコバックス」を発売する。販売価格は保健省と交渉中で未定だが、1回あたり50万VND(約2260円)未満になる見通し。計2回の接種が必要だ。同社は管轄官庁に対し、ナノコバックスを医療保険が適用される医薬品リストに追加するよう働きかけている。

 現段階の年産能力は200万回分だが、同社は今後6か月で年産能力を3000万回分に増やす計画もある。

 ナノゲン社のほか、ベトナム国内では、◇ワクチン生物製剤研究製造センター(保健省傘下POLYVAC)、◇第1ワクチン生薬製造会社(同VABIOTECH)、◇ワクチン医学生物学研究所(同IVAC)の3つの組織が厳格な基準に従って新型コロナワクチン開発を進めており、2021年末をめどに発売を目指している。

 4社のうち、臨床試験の段階まで進んでいるのはナノゲン社のみ。

[VnExpress 14:27 8/12/2020 / Thanh Nien 04:01 09/12/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
クアンナム省:日本支援の橋、完成後も開通できず 住民が土地収用に不服 (5:06)
 南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市(TP. Hoi An)とディエンバン町(thi xa Dien Ban)を結び、トゥーボン川(song Thu Bon)に架かるカムキム橋(cau Cam Kim)が完成後も開通できないままとなっている。  カ...>> 続き
ホーチミン:区・郡管轄の隔離施設に監視カメラ設置へ (4:40)
 ホーチミン市保健局は24日、区および郡の医療センターに対し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を強化すべく業務プロセスを見直すことを要請。この一環として、それぞれの管轄下にある隔離施設に監視カ...>> 続き
タインホア省:隔離治療中の男性が急性肺炎で死亡 コロナウイルス検査は陰性 (3:39)
 北中部地方タインホア省保健当局は24日、同省のビムソン総合病院(benh vien Bim Son)で隔離治療を受けていた男性(37歳)が23日に急性肺炎で死亡したと発表した。  病院は、死亡した男性について新型コロナウ...>> 続き
踏切で転倒のバイク運転手、九死に一生を得る (2:57)
 北中部地方トゥアティエン・フエ省フオンスアン街区(Phuong Huong Xuan)で2月23日午後15時43分、踏切の遮断機に衝突して転倒したバイク運転手があわや列車にひかれそうになるという事故が発生した。事故の模様...>> 続き
ベトナム沖に停泊中の外国貨物船、乗組員4人の新型コロナ感染・感染疑いを確認 (25日)
 シンガポール船籍の貨物船「オーシャン・アメージング(Ocean Amazing)号」で20日、乗組員1人が死亡した。同貨物船はインドネシアからベトナムに向かう航行中だった。  貨物船には死亡した乗組員も含め、21...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited