ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

国際線定期便の運航再開、5か国と合意 4か国とも交渉進む

2021/12/30 05:49 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

ベトナムは2022年1月1日より9か国・地域との間で国際線定期便の運航再開を計画しているが、これまでに両国間で運航再開に合意したのは5か国・地域となっている。交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)が28日に明らかにした。

 5か国・地域は、◇日本、◇台湾、◇シンガポール、◇カンボジア、◇米国。航空各社は各路線の航空券の販売を順次開始している。

 残る4か国について、韓国、ラオス、中国の3か国からは書面による回答を待っているところで、タイとの間では交渉が着々と進んでいるという。

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、日本・カンボジア・米国路線、地場不動産デベロッパー大手FLCグループ[FLC](FLC Group)傘下のバンブー航空(Bamboo Airways)は台湾路線、ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は日本・台湾路線について、それぞれ航空券の販売を開始している。

 現行計画では、ベトナム~日本間の定期便は当面、週8往復(両国それぞれ週4往復)の運航とする。詳細は以下の通り。

◇ベトナム航空:ハノイ/ホーチミン~東京間で週3往復
◇ベトジェットエア:ハノイ/ホーチミン~東京間で週1往復
◇日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA):東京~ハノイ/ホーチミン間で2社合わせて週4往復以内

 ベトナム航空は2022年1月5日、ベトジェットエアとANAの2社は2022年1月6日にそれぞれ運航を再開する予定だ。

 なお、保健省は28日、英国から空路で入国した男性がオミクロン株に感染していたことを発表した。ベトナム国内でオミクロン株の感染者が確認されたのはこれが初めて。

 オミクロン株の感染拡大を受け、ホーチミン市ハノイ市などをはじめとする各省・市の当局は、オミクロン株感染確認国からの入国者全員に集中隔離を適用するなどして独自の対策に取り組んでおり、警戒を強めている。一方、これが国際線定期便の運航再開計画の足かせになることが懸念されている。

[VnExpress 19:20 28/12/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
中央銀行、11年ぶりの金地金の競売を延期 応札数規定未達で (22日)

 ベトナム国家銀行(中央銀行)は、22日に行われる予定だった国家備蓄の金地金(1テール=37.5gのゴールドバー)の競売を23日午前9時に延期した。理由は、応札登録業者数が規定を満たさなかったため。  中央銀行...

英マクラーレン、新型「マクラーレン750S」をベトナム市場投入 (22日)

 英国の高級スポーツカーメーカーであるマクラーレン(McLaren) は17日、同ブランド史上で最も軽量かつ最もパワフルな新型スポーツカー「マクラーレン750S(McLaren 750S)」のベトナム販売を開始した。  「マ...

外国人42人を乗せた観光船がフェリーと衝突、重傷者3人のうち1人.. (22日)

 19日午後5時30分ごろ、カンボジア・プノンペンからベトナムに戻る途中の観光船がフェリーと衝突し、3人が重傷を負う事故が発生した。観光船には42人の外国人観光客が乗っていた。このうち1人は腕を切断する大怪...

10代で結婚、30代で孫の世話…連鎖する児童婚 (21日)

 他に人のいない家の中で、タオ・バン・ポーさん(男性・36歳)が子供をあやして泣き止ませようとしている。一見、ポーさんが自分の子供をあやしているのかと思いきや、実はこの子供はポーさんの「孫」だ。  ...

出版大手ニャーナム、社長がセクハラ疑惑で停職処分 (22日)

 大手出版社のニャーナム(Nha Nam)は18日、女性問題が持ち上がっているグエン・ニャット・アイン社長(男性・50歳)に停職処分を科したと発表した。  同氏には、女性従業員に対するセクハラ疑惑が浮上しており...

自称寺院「旧ボンライ寺」住職92歳、近親相姦容疑で起訴 (22日)

 南部メコンデルタ地方ロンアン省警察は、同省ドゥックホア郡ホアカインタイ村=xa Hoa Khanh Tay, huyen Duc Hoa)にある自称寺院「宇宙の果ての禅庵(Thien am ben bo vu tru、旧ボンライ寺=Tinh that Bong Lai...

教育大手のYBMなど韓国2社、ハノイに英語塾を開校 (22日)

 語学学校運営や語学書籍出版を手掛ける韓国のYBMは、人工知能(AI)を活用した学習サービスを提供するマースプレッソ(Mathpresso)と提携し、ハノイ市に英語塾「UFO IELTS」を開校した。  YBMの強みである学習...

ベトジェットエア、ディエンビエン路線を増便 戦勝70周年で (22日)

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は5月3日から11日にかけて、ハノイ市ノイバイ国際空港およびホーチミン市タンソンニャット国際空港と、西北部地方ディ

ハノイ:20日夜の雷雨で400本の倒木被害、郊外では大粒の雹も (22日)

 ハノイ市は20日夜に激しい雷雨に見舞われ、400本余りの樹木が折れたり、傾いたりするなどの被害が発生した。各地では路上に駐車してあった車やバイクが倒れた樹木の下敷きになるなどの被害も出ているが、21日夜...

「世界の空港トップ100」、ノイバイ空港とダナン空港がランクイン (22日)

 英国航空サービスリサーチ会社のスカイトラックス(Skytrax)が発表した「世界の空港トップ100(The World’s Top 100 Airports)」2024年版で、ベトナムからハノイ市の

電子身分証明書、7月から行政手続きなどで使用可能に (22日)

 身分証明法(7月1日施行)によると、ベトナム国民には電子身分証明書が付与され、これを介して行政手続きや公共サービスなどの手続きを行うことが可能となる。  電子身分証明書は、ICチップ搭載の身分証明書...

サービスエリアにEV充電スタンド設置義務付け、国家技術基準改正で (22日)

 交通運輸省は5日、道路サービスエリアに関する国家技術基準を改正する通達第9号/2024/TT-BGTVT(10月5日施行)を発出した。  通達では、道路サービスエリアについて、◇高速道路、◇国道、◇省道に設置され、交...

社会住宅の購入条件「世帯月収18万円以下」、建設省提案 (22日)

 建設省は、社会住宅(政府・地方自治体が建設・購入を支援する工場労働者などの低収入者や公務員向け住宅)の開発に関する政令草案を策定中だ。草案には、社会住宅購入の対象者に求められる収入の条件が盛り込ま...

ベトナム航空、ハノイ~ディエンビエン線を増便 戦勝70周年で (22日)

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は5月3日から8日にかけて、ハノイ市ノイバイ国際空港と西北部地方ディエンビエン省ディエンビエンフー空港を結ぶ路線を1日3往復に増便する。

ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、1~3月期の動向 (22日)

 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は、2024年1~3月期におけるベトナムのホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。  ベトナムの求人数は前...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved