ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

国際線定期便の運航再開、5か国と合意 4か国とも交渉進む

2021/12/30 05:49 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ベトナムは2022年1月1日より9か国・地域との間で国際線定期便の運航再開を計画しているが、これまでに両国間で運航再開に合意したのは5か国・地域となっている。交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)が28日に明らかにした。

 5か国・地域は、◇日本、◇台湾、◇シンガポール、◇カンボジア、◇米国。航空各社は各路線の航空券の販売を順次開始している。

 残る4か国について、韓国、ラオス、中国の3か国からは書面による回答を待っているところで、タイとの間では交渉が着々と進んでいるという。

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、日本・カンボジア・米国路線、地場不動産デベロッパー大手FLCグループ[FLC](FLC Group)傘下のバンブー航空(Bamboo Airways)は台湾路線、ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は日本・台湾路線について、それぞれ航空券の販売を開始している。

 現行計画では、ベトナム~日本間の定期便は当面、週8往復(両国それぞれ週4往復)の運航とする。詳細は以下の通り。

◇ベトナム航空:ハノイ/ホーチミン~東京間で週3往復
◇ベトジェットエア:ハノイ/ホーチミン~東京間で週1往復
◇日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA):東京~ハノイ/ホーチミン間で2社合わせて週4往復以内

 ベトナム航空は2022年1月5日、ベトジェットエアとANAの2社は2022年1月6日にそれぞれ運航を再開する予定だ。

 なお、保健省は28日、英国から空路で入国した男性がオミクロン株に感染していたことを発表した。ベトナム国内でオミクロン株の感染者が確認されたのはこれが初めて。

 オミクロン株の感染拡大を受け、ホーチミン市ハノイ市などをはじめとする各省・市の当局は、オミクロン株感染確認国からの入国者全員に集中隔離を適用するなどして独自の対策に取り組んでおり、警戒を強めている。一方、これが国際線定期便の運航再開計画の足かせになることが懸念されている。

Clip to Evernote
[VnExpress 19:20 28/12/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ検査キットの価格水増し事件、ドンタップ省疾病管制センター所長を新たに逮捕 (14:35)
 地場ベトアー・テクノロジー・コーポレーション(Viet A Technology Corporation、ホーチミン市)が新型コロナの流行に便乗して地方自治体の医療当局と結託し、検査キット価格を水増しした事件で、これまでに複数...>> 続き
ホーチミン証券取引所、新社長にチャン・アイン・ダオ女史が就任 (14:28)
 ホーチミン証券取引所(HSX)は20日、市場操作に関わった疑いがもたれているレ・ハイ・チャー社長を解任し、副社長のチャン・アイン・ダオ女史を後任社長に任命した。  これに先立ち、ベトナム共産党中央監査...>> 続き
ディエンビエンフー戦勝68周年、烈士追悼施設で落成式 (14:15)
 グエン・スアン・フック国家主席は西北部地方ディエンビエン省ディエンビエンフー市で18日、ディエンビエンフー戦場跡に建設された烈士(英霊)追悼施設の落成式に参列した。式典には、チュオン・タン・サン元国...>> 続き
会長免職の国家証券委員会、当面は財政次官が直接管理 (5:53)
 財政省は19日、このほど免職となった国家証券委員会(SSC)のチャン・バン・ズン会長に代わる新たな人材が見つかるまでの間、グエン・ドゥック・チー財政次官がSSCを直接管理・執行するよう命じた。  これに...>> 続き
ホーチミン:第2血液学輸血病院が落成 (5:41)
 ホーチミン市ビンチャイン郡タンキエン村チャンフウギエップ通り1番地(1 Tran Huu Nghiep, xa Tan Kien, huyen Binh Chanh)で19日、第2血液学輸血病院の落成式が行われた。  同病院は同市1区の血液学輸血病...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved