ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ:幼子抱えた妻をめった切り、夫に死刑判決 妻の父は減刑望むも

2022/05/20 03:09 JST配信
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 2021年2月に幼い子供を抱いた女性が夫にめった切りにされ、その場で死亡した事件で、ハノイ市人民裁判所は18日、ブー・タイン・フン被告(男・38歳、ソンタイ町在住)に死刑の判決を下した。

 起訴状によると、被告と妻のN・T・T・Tさん(女性・34歳)の2人は2018年に結婚し、7歳、4歳、8か月の3人の子供を育てていた。しかし、2020年から夫婦の間でトラブルが発生したため、Tさんは離婚を求めたが、被告は同意しなかった。

 2021年2月16日午前10時ごろ、被告が調理中に子供たちの泣き声が聞こえたため、長女に下の子をいじめないよう注意した。それを目撃したTさんは、被告が4歳の子だけをかわいがっていると非難し、2人は言い争いになった。

 Tさんは口論中に再び離婚を求め、長女と末子を連れ出して実家に戻り、4歳の子は被告に育てさせると告げた。

 妻の態度に怒りを覚えた被告は食後の午前11時45分ごろ、ナイフを取り出して居間で子供を抱いていたTさんを容赦なく切りつけた。Tさんは外に逃げ出そうとしたが、門にたどり着いたところでつまずいてしまい、追いかけてきた被告に腹部を蹴られた上でナイフで複数回切り付けられ、その場で死亡した。

 Tさんの父親であるN・M・Cさん(70歳)は、妻は脳梗塞になり、息子は障害があり車椅子を使わなければならないなど、一家が非常に困難な状況にあり、経済的にも余裕がないとし、今後は3人の孫の世話もしなければならず生活がさらに困窮すると涙ながらに境遇を打ち明けた。

 Cさんは、孫たちがいつか父親と再会できるよう、裁判所に対し被告に死刑を言い渡さないよう要請した。しかし、裁判所は被告が凶悪かつ悪質な手口を使ったと判断し、更生や情状酌量の余地はなく社会から永久に排除する必要があるとし、要請を却下して死刑判決を下した。

 中央司法精神医学研究所によると、被告は2015年、幻覚剤の使用による精神病性障害の治療を受けていたが、すでに完治している。鑑定が行われた2021年5月14日時点で、被告はうつ病を患っていたが、それでも行動を認識し制御することが可能だったと結論付けられている。

 裁判が開かれる前、被告の家族は精神的損失の賠償と子供3人の養育費として、遺族に15億5000万VND(約870万円)を支払った。

Clip to Evernote
[Tuoi Tre 14:21 18/05/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ホーチミン:公務員のバス通勤を呼びかけ、過去に同様の取り組みも成果なく (5:05)
 ホーチミン市交通運輸局は27日、公務員、職員、労働者の路線バス利用と、路線バスの運行情報・路線検索アプリ「ゴー!バスGo!Bus」の利用呼びかけを市の各部局、各区・郡・トゥードック市人民委員会に要請した...>> 続き
新型コロナ:29日の市中感染777人・死者なし (29日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する29日の発表によると、国内で市中感染者777人が新たに確認された。1日あたりの感染者数としては26日連続で1000人を下回った。  29日午後の発表時点でベ...>> 続き
保健省、新型コロナの風土病扱いは「時期尚早」 (29日)
 保健省は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に関する最新の草案を発表し、新型コロナウイルス感染症予防国家指導委員会をはじめとする関連機関の意見聴取を行っている。  保健省は草案の中で、国内...>> 続き
ホーチミン経済大学、大学ランキング「U-Multirank」で国内最優秀大学に認定 アジア467大学中66位 (29日)
 欧州委員会(EC)が主導する高等教育機関の多元的世界ランキング「U-Multirank」の最新版が21日に発表された。これによると、ホーチミン経済大学(UEH)がベトナムの最優秀大学として認定された。  U-Multirank...>> 続き
ハノイ:「オンライン公共サービス出張支援隊」が発足 (29日)
 ハノイ市バーディン区チュックバック街区は23日、「オンライン公共サービス出張支援隊」を発足した。  住民のオンラインによる公的サービス利用率を高めることが狙いで、隊員は家々を回って、国家公共サー...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved