ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ウラヤマシイ?「日本人街」で働くベトナム会社員たちのランチ事情

2022/08/27 10:27 JST配信
(C) phunuvietnam
(C) phunuvietnam 写真の拡大

 ホーチミン市に最も古くから存在し、最も大きな「日本人街」と言えば、1区レタントン(Le Thanh Ton)通り。

 あたりは日本語の看板が立ち並び、白や赤の提灯が軒に下がり、店構えは木造のあしらい。表通りレタントンの飲食店は10店に8店が日本風で、路地に入っても、路地の路地に入っても、日本色が濃い店が続く。

 そんな街は、特に夜に賑わうが、ここにはCJタワー(CJ Tower)、リムタワー(Lim Tower)、ソナタスタワー(Sonatus Tower)といった内外の大企業が入居する大きなオフィスビルも複数ある。となると、お昼には、こういった日本食店もベトナム人のオフィスワーカーで賑わうことと思いきや、実際にはそうでもない。店先にはベトナム語のメニューが出され、オフィス民向けのリーズナブルなランチセットも様々用意されているが、実際には、これらの店にベトナムの会社員が入ることは非常に少ない。まだまだ「入りにくい」のだ。

 ソナタスタワーに入居する電子商取引(eコマース=EC)サイト運営会社ショッピー(Shopee)で働く女性ウエンさんは、「友人からは、毎日、日本食なんでしょう?刺身、寿司、ラーメン、おやつはたこ焼き?って言われますが、実際のところ、日本食レストランでお昼を食べたのは、この1年で4回あるか、というくらいですね」と言う。

 男性ミンさんも、「日本料理店がオフィスのすぐ傍にありますが、行きつけにはなりません。同僚と昼食に出る時も、日本食はほぼ選択肢にありません。うちの会社では、スタッフの半分は弁当持参、残りもその辺のベトナム料理。理由は単純、食べる習慣ですよ。日本食は、何だかパーティーで食べるようで、毎日の食事という感じではありません。ベトナム人は、ベトナムのご飯で育っていますから」と笑う。

 女性アインさんは、「多国籍企業で働き給料も少しは良いですが、日本食店でランチを食べれば安くても10万VND(約580円)、プラス飲み物代。毎日お昼に10万~20万VND(約580~1160円)使っていれば、貯金も家族への仕送りもできません」と言う。

 そんな会社員たちは、お昼時、オフィスからレタントン通りに出たかと思うと、そのまま近くの路地や、ゴーバンナム(Ngo Van Nam)通り、タイバンルン(Thai Van Lung)通りといった脇道に一直線、南部の庶民的な皿飯コムタム(Com Tam)や中部フエの代表料理ブンボーフエ(Bun bo Hue)を出す店に入り、こういった店はどこもすぐに満員御礼となる。

 「日本食は、私の昼食とはかなり違います。私はご飯と生野菜を食べたいのに、日本食のランチに出てくるのは、ワカメとか海苔とか。味も、濃い味付けのものが食べたいのに、日本食は食材そのものの味で、メインのおかずも日本食は焼肉なんかが多いのですが、私はカーコート(Ca kho to=魚の煮込み)や、ガーコーサー(Ga kho sa=鶏肉のレモングラス煮)が好き」と女性バンさん。

 事実、このエリアの会社員たちは屋台にもよく集まる。「歩道で1食3万5000VND(約200円)なら、毎日のランチにはちょうどいい。お昼をさっと食べるだけだし、庶民的なところの方が良いですね。歩道に座って息抜きして、お昼を食べてお茶を飲んで、オフィスに戻って昼寝ってところですね」と女性タオさん。

 そんなタオさんも、日本食店にまったく行かないわけではない。ただ、行く時はだいたい客や上司と一緒であり、「こういう時は仕事の話をしますので、個室のような改まった空間がいいですし、誰かを食事に誘うわけですから、歩道のご飯というわけにもいきません」と話してくれた。

Clip to Evernote
[Phu Nu Viet Nam 11:05 19/08/2022, F].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ:24日の新規感染者1176人・死者なし (24日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する24日の発表によると、国内で感染者1176人が新たに確認された。  24日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1147万1340人となっている。  ...>> 続き
ベトナムの食品生産現場における添加物管理の実態 (24日)
 ベトナム製の即席めんが多数、発がん性物質「エチレンオキシド(ethylene oxide=EO)」の検出によって各国で回収されている。ただこの物質は、ベトナムでは規制されていないものだ。各国が禁止しているにもかかわ...>> 続き
新型コロナ:23日の新規感染者2545人・死者なし (23日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する23日の発表によると、国内で感染者2545人が新たに確認された。  23日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1147万0164人となっている。  ...>> 続き
保健省、電子母子手帳をお披露目 (23日)
 保健省は22日、妊娠から出産までの妊婦の健康状況や子供の予防接種、成長状況などを記録する母子健康手帳(母子手帳)の電子版ウェブサイト<https://somevabe.suckhoedoisong.vn>を開設した。  電子母子手...>> 続き
ホーチミン:偽装の安全野菜取り締まり、流通網立ち入り検査へ (23日)
 ホーチミン市市場管理局は21日、傘下の支局宛てに公文書を送付し、食品安全基準を満たしていない、または出所不明の野菜・果物に対する取り締まりを強化するよう促した。  各支局は、管轄地域内の流通網の...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved