ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

フーティウ屋台の出稼ぎ夫婦と遠く離れた娘たちの物語

2015/10/04 05:28 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 ビンさんとゴックさんも、もう何年も買い物などしていない。2人が毎日着ている服も、近所の人がくれた古着だ。子どもたちと離れて暮らす2人の唯一の楽しみは、毎年度末に成績優秀な生徒に贈られる表彰状を子どもたちがもらってくることだ。

 「もしも母がもっと年老いて亡くなってしまったら、田舎へ帰るべきかホーチミン市で暮らし続けるべきか、どうするかというのが目下の心配事です」。午前2時半をまわり、フーティウの屋台を引いて帰りつつビンさんはそう語った。

 ビンさんの母と子どもたちが暮らすフォークオン村ミーチャン村落は小さな村だが、1000人を超える村の出身者が全国各地でフーティウを売っている。フォークオン村全体で見ると、約3500世帯がフーティウ売りで生計を立てているという。

 ビンさん夫婦の長女フエンさんが8歳になった時に三女ミーさんが生まれたが、両親はやはり子どもを田舎に置いて出稼ぎにホーチミン市へ戻って行った。両親が近くにいないフインさんと次女ミイさんは、幼い妹と腰痛持ちの祖母の面倒を見ることに学校以外の時間を捧げている。

 特にフインさんは、食事の用意から妹たちの勉強の手伝い、洋服の繕い物まで、家のことは何でもやらなくてはならない。「私は姉であると同時に、母親でもあります。両親の代わりに妹たちの面倒を何から何まで見てあげないといけません」とフインさんは言う。

 ミーチャン村には彼女たち同様、両親が出稼ぎに行ってしまいみなしご状態の子どもたちがたくさんいる。しかし近年では、地方都市にもフーティウが浸透してきたため、出稼ぎ先のホーチミン市から田舎に近い場所へ移る人も多い。ビンさん夫婦は、ホーチミン市に残る少数派だが、今後も子どもたちと離れた状況を受け入れながら、フーティウを売り続けていく。

前へ   1   2   次へ
[Ngoc Hien, Tran Mai, Doan Hoa, Quoc Nam, Tuoi Tre, 11/09/2015 10:51 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
脳死の息子の臓器提供、見知らぬ4人に「母」と呼ばれる女性 (21日)
 不慮の事故で脳死となった息子を「生かす」ため、ハノイ市に住むカン・ティ・ガンさん(女性・59歳)は、危篤状態の1人を含む5人に息子の臓器を提供する決心をした。5人のうち4人はまだ若く、自分への臓器提供者...>> 続き
薪を蓄えて嫁入り、ジエ・チエン族の結婚の風習 (14日)
 南中部高原地方コントゥム省ゴックゴイ郡ダクズック村には、ベトナムの少数民族の1つであるジエ・チエン(Gie Trieng)族の人々が暮らしている。だいたいどの家にも、大きく均一で見た目の美しい薪の山がある。こ...>> 続き
娘の遺志継ぎベトナムに小学校開校、父親が再訪 (7日)
 南中部沿岸地方クアンナム省ディエンバン郡ディエンフオック村にある小学校「ジュンコスクール(JUNKO School=Truong Tieu hoc Junko)」。この学校は、ある1人の日本人女性の遺志を継ぎ、1995年9月4日に開校し...>> 続き
「他人の看病」で高収入、故郷を離れ病院で生活する女性たち (6/30)
 近年、人々の生活は日増しにせわしなくなり、多くの人は親しい人が病気になっても世話をする時間が取れない。そのため、病人の看病をするという新たな仕事が生まれた。ベトナムの大きな病院では、常時数十人か...>> 続き
下半身を動物に噛みちぎられた捨て子の少年、米国で大手術へ (6/23)
 2006年7月、ティエン・ニャン君は南中部沿岸地方クアンナム省ヌイタイン郡で生まれてすぐに捨てられ、野生動物に片足と性器を噛みちぎられた。捨てられてから3日後、ティエン・ニャン君は近くの住民に発見され...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)