ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:4つの名前を持つ24時間営業のベトナム風中華麺店

2018/08/18 05:55 JST配信
Clip to Evernote
(C) Luu Tran, Thanh Nien
(C) Luu Tran, Thanh Nien 写真の拡大

 ホーチミン市ビンタイン区24街区ソーベトゲティン(Xo Viet Nghe Tinh)通り33番地のミー(ベトナム風中華麺)店「グエンロイ(Nguyen Loi)」は、店名に3つの正式名称と1つの通称を持つ「名だくさん」の店として界隈で有名だ。

 華僑の店主が商う同店は、店先に立つ木製の屋台車に「グエンロイ」と書かれているほか、店舗の軒下には「カムビン(Cam Vinh)」、「カムグエン(Cam Nguyen)」と書かれた2つの大きな看板が下がっている。また、24時間営業であることから常連客の間では「戸なし中華麺店」とも呼ばれている。

 店内はステンレス製の机と椅子が壁に沿って配置され、奥の細い通路では店員がエビシュウマイや水餃子、ワンタンなどを包んでいる。コシのある麺は小麦とアヒルの卵、かん水で練り上げられ、先代直伝の透き通ったスープは豚骨と牛骨を6対4の割合で、調味料を加えて8~10時間かけて取っている。

 屋台車には麺にもやし、チャーシュー、エビ、調味料がきれいに並べられ、注文が入ると店主が2玉の麺を沸騰した鍋に放り込む。麺に火が通ると丼に移し、レタスやバジル、ニラ、もやし、チャーシュー、挽き肉、エビ、うずらの卵を乗せる。さらにコショウとフライドオニオン、カリカリに揚げた豚脂を振りかけ、最後にスープを注ぐ。汁なし麺を注文した場合は、麺の入った丼とは別のお椀にスープが入れられる。

 汁なし麺はサテー(ベトナム風ラー油)や醤油などの調味料をたらして具材とよく混ぜれば、麺に具材やタレがしっかり絡む。汁麺はコクのあるスープにハーブやフライドオニオンなどの香りも加わりまた違った味わいだ。

 同店は先代が1962年に夫婦で始めて今年で56年になる老舗だ。先代の後は親族一同で仕入れや調理などを交代で担い、店を閉めることなく24時間フル稼働している。メニューは3万~5万VND(約140~240円)。

[Thanh Nien 12:32 08/08/2018, T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
国境越え出産、生活苦でお腹の我が子を売る女性たち (30日)
 当局が取り締まりを強化している中をすり抜けて、現在も中国との国境の地域では人身売買が横行している。妊婦が出産前からお腹の中の胎児の売買取引をするケースも珍しくない。  北中部地方ゲアン省キーソ...>> 続き
ホーチミン:東京のネオン街をイメージした居酒屋街が若者の間で人気 (30日)
 東京のネオン街をイメージした居酒屋街「チルタウン(Chill Town)」が昨年末にホーチミン市トゥードゥック区リンチエウ地区トービンジエン通り07A番地(07A To Vinh Dien, Linh Chieu, Thu Duc)にオープンして若...>> 続き
新型コロナ新規感染なし、327人から変わらず (29日)
 保健省の29日午前6時の発表によると、ベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は計327人で、前日から変わっていない。海外からの入国者を除く国内での新規感染は43日間続けてゼロ人となっている。これまでに...>> 続き
ホーチミン:第175病院傘下の整形外科病院、国際科を開設 (29日)
 国防省傘下の第175軍隊中央病院(通称:第175病院、ホーチミン市ゴーバップ区)は27日、同病院傘下の整形外科病院に国際科を開設した。  国際科では、患者に対して包括的な治療・ケアサービスを提供するほか...>> 続き
クラスター発生の「ブッダ・バー」が店名変更 仏教徒からの抗議で (29日)
 ホーチミン市在住の欧米人の間で人気を集めていた2区タオディエン街区の「ブッダ・バー(Buddha Bar)」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター発生を起こしたことで経営上の打撃を被った。これに加...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)