ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

片腕でチェーを売って30年、69歳老舗店主の人生

2017/07/02 05:31 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 ホーチミン市1区のマイティルウ(Mai Thi Luu)通りとグエンバントゥー(Nguyen Van Thu)通りの角地に、1987年に開店したチェー(Che、ベトナム風ぜんざい)の店がある。シンプルな路上店だが、30年間にわたり変わらぬ味のチェーを売り続けており、いつも客でいっぱいだ。

 「バークットさん(ong Ba cut)」のニックネームで知られる店主のボー・バン・テーさん(男性・69歳)は、40年以上も前に右腕を失い、残った左腕だけを動かして生きてきた。片腕を失ったのは、若い頃に遭った労働災害事故のためだという。しかし、片腕を失ったからといってテーさんが仕事を辞めることはなかった。

 テーさんは毎日朝早くから緑豆や黒豆などを使った様々な種類のチェーを片腕だけで調理し、11時になると1区チャンクアンカイ(Tran Quang Khai)通りにある自宅から慣れ親しんだ店の場所まで車を押して行き、忙しくも楽しい1日の仕事を始める。

 黒豆や緑豆をピューレ状にして砂糖と氷を混ぜただけのテーさんのチェーには、幼い頃に食べたチェーを思い出させてくれる懐かしさがある。テーさんは、「私には何のノウハウもありませんよ。実際のところ、以前は姉がチェーを売るのを手伝っていたのですが、姉が亡くなってから私1人で店を営んでいるんです」と話す。

 テーさんは、仕事の上で苦労が多いかと尋ねられると、「ないといえば嘘になりますが、もうすっかり慣れましたよ。店主としての仕事も難しいことはありませんし。ただ片腕というのが不便なだけです。客が多い時は、近くにいる人が手伝ってくれるので安心です」と笑顔で語る。

前へ   1   2   次へ
[Le Nam, Thanh Nien, 09:12 (GMT+7), 13/06/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
脳死の息子の臓器提供、見知らぬ4人に「母」と呼ばれる女性 (5:49)
 不慮の事故で脳死となった息子を「生かす」ため、ハノイ市に住むカン・ティ・ガンさん(女性・59歳)は、危篤状態の1人を含む5人に息子の臓器を提供する決心をした。5人のうち4人はまだ若く、自分への臓器提供者...>> 続き
薪を蓄えて嫁入り、ジエ・チエン族の結婚の風習 (14日)
 南中部高原地方コントゥム省ゴックゴイ郡ダクズック村には、ベトナムの少数民族の1つであるジエ・チエン(Gie Trieng)族の人々が暮らしている。だいたいどの家にも、大きく均一で見た目の美しい薪の山がある。こ...>> 続き
娘の遺志継ぎベトナムに小学校開校、父親が再訪 (7日)
 南中部沿岸地方クアンナム省ディエンバン郡ディエンフオック村にある小学校「ジュンコスクール(JUNKO School=Truong Tieu hoc Junko)」。この学校は、ある1人の日本人女性の遺志を継ぎ、1995年9月4日に開校し...>> 続き
「他人の看病」で高収入、故郷を離れ病院で生活する女性たち (6/30)
 近年、人々の生活は日増しにせわしなくなり、多くの人は親しい人が病気になっても世話をする時間が取れない。そのため、病人の看病をするという新たな仕事が生まれた。ベトナムの大きな病院では、常時数十人か...>> 続き
下半身を動物に噛みちぎられた捨て子の少年、米国で大手術へ (6/23)
 2006年7月、ティエン・ニャン君は南中部沿岸地方クアンナム省ヌイタイン郡で生まれてすぐに捨てられ、野生動物に片足と性器を噛みちぎられた。捨てられてから3日後、ティエン・ニャン君は近くの住民に発見され...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)