ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:中部地方の生春巻きの名店、店主は若きエンジニア

2018/09/30 05:25 JST配信
Clip to Evernote
(C) Vnexpress
(C) Vnexpress 写真の拡大
(C) Vnexpress
(C) Vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市ゴーバップ区ファムバンドン通り(Pham Van Dong)にあるバインクオン(Banh cuon)店「タイソン(Tay Son)」は、中部料理を楽しむ大勢の客で毎日賑わっている。

 従業員の制服は、店名にもなっている西山(タイソン)朝(1778~1802年)の兵士の衣装を模しているのが特徴的だ。そして、店主は南中部沿岸地方ビンディン省タイソン郡出身のグエン・ディン・チンさん(1991年生まれ)で、料理とは畑違いの元エンジニアだ。

 同店はバインホイ(Banh hoi、極細の米麺を編んだもの)にネムヌオン(Nem nuong、焼きつみれ)、チャーラムトムダット(Cha ram tom dat、中部風エビ揚げ春巻き)、チェーチョンソアイ(Tre tron xoai、青いマンゴーのサラダ)など、中部料理も幅広く取り揃えているが、看板メニューは何といってもタイソン風バインクオンだ。

 「バインクオン」というと、一般的には蒸したライスペーパーにひき肉やきくらげなどの具を巻いた「蒸し春巻き」とも呼べる北部料理を指すが、タイソン風バインクオンは少し違う。

 タイソン風バインクオンの見た目は一般的な生春巻きに似ているが、ライスペーパーに包まれた具材は揚げ春巻きや焼き肉、ボーラーロット(牛肉のロットの葉包み焼き)、ネムチュア(豚の発酵ソーセージ)、ゆで卵、キュウリ、葉野菜など…とても具沢山。そのためタイソン風バインクオンは丸々としていて菓子パンほどの大きさもあり、各家庭や店によって違うオリジナルの特製ダレをつけていただく。

 チンさんは2009年にタイソン郡からホーチミン市へ移り住み、同市技術師範大学で電気・電子を専攻した後、企業からの就職の誘いを断り、故郷の味で勝負することを決意した。在学中に生活費を賄うためにあらゆるアルバイトをした中で、同市の飲食市場にビジネスチャンスを見出したのだ。

前へ   1   2   3   次へ
[Vnexpress 00:03 2/8/2018, T].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
大女優タイン・ガー殺害から40年、「舞台の女王」の人生をたどる【前編】 (9日)
 1978年11月26日、当時のベトナム南部で「舞台の女王」と称された大女優タイン・ガー(Thanh Nga)とその夫が、見知らぬ男2人に殺害される事件が起きた。この事件は犯人らの残虐さや犯行の大胆さから世間を震撼さ...>> 続き
合気道家と運命の出会い、寝たきりから自立できるようになった少年 (2日)
 ホーチミン市フーニュアン区児童館の3階では障がい者向けに無料の合気道教室が開かれている。教室に通じる階段には、母親に見守られながら伝い歩きで一歩ずつゆっくりと階段をあがる少年の姿がある。少年の名前...>> 続き
身長2.2mのボビナム選手、夢は「身長1.6m」 (11/25)
 身長があまりにも高いため、チャン・ゴック・トゥーさん(22歳・男性)はこれまで数々の不都合に直面し、外に出れば周りの人々から注目されてしまう。そんな彼は「身長がもっと低ければ…」と何度となく願...>> 続き
発売から86年、懐かしの「バーおばさんの石鹸」が復刻へ (11/18)
 1932年に発売されてから長きにわたりベトナムで広く親しまれつつも一度は市場から姿を消した、緑色のパッケージと女性の写真が印象的な石鹸ブランド「バーおばさん(Co Ba)の石鹸」が、本格的に復活を遂げようと...>> 続き
祖父母と暮らす両手両足のない少女、学校に通い夢を追う (11/11)
 メコンデルタ地方ソクチャン省クーラオズン郡第2アンタイン村に住むチャン・ヒエウ・タオちゃん(8歳)は、生まれつき両手両足がない。早くに父親を亡くし、母親も出稼ぎに行っているため、母方の祖父母とともに...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)