ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:中部地方の生春巻きの名店、店主は若きエンジニア

2018/09/30 05:25 JST配信
Clip to Evernote
(C) Vnexpress
(C) Vnexpress 写真の拡大
(C) Vnexpress
(C) Vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市ゴーバップ区ファムバンドン通り(Pham Van Dong)にあるバインクオン(Banh cuon)店「タイソン(Tay Son)」は、中部料理を楽しむ大勢の客で毎日賑わっている。

 従業員の制服は、店名にもなっている西山(タイソン)朝(1778~1802年)の兵士の衣装を模しているのが特徴的だ。そして、店主は南中部沿岸地方ビンディン省タイソン郡出身のグエン・ディン・チンさん(1991年生まれ)で、料理とは畑違いの元エンジニアだ。

 同店はバインホイ(Banh hoi、極細の米麺を編んだもの)にネムヌオン(Nem nuong、焼きつみれ)、チャーラムトムダット(Cha ram tom dat、中部風エビ揚げ春巻き)、チェーチョンソアイ(Tre tron xoai、青いマンゴーのサラダ)など、中部料理も幅広く取り揃えているが、看板メニューは何といってもタイソン風バインクオンだ。

 「バインクオン」というと、一般的には蒸したライスペーパーにひき肉やきくらげなどの具を巻いた「蒸し春巻き」とも呼べる北部料理を指すが、タイソン風バインクオンは少し違う。

 タイソン風バインクオンの見た目は一般的な生春巻きに似ているが、ライスペーパーに包まれた具材は揚げ春巻きや焼き肉、ボーラーロット(牛肉のロットの葉包み焼き)、ネムチュア(豚の発酵ソーセージ)、ゆで卵、キュウリ、葉野菜など…とても具沢山。そのためタイソン風バインクオンは丸々としていて菓子パンほどの大きさもあり、各家庭や店によって違うオリジナルの特製ダレをつけていただく。

 チンさんは2009年にタイソン郡からホーチミン市へ移り住み、同市技術師範大学で電気・電子を専攻した後、企業からの就職の誘いを断り、故郷の味で勝負することを決意した。在学中に生活費を賄うためにあらゆるアルバイトをした中で、同市の飲食市場にビジネスチャンスを見出したのだ。

  1   2   3  
[Vnexpress 00:03 2/8/2018, T].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
85歳で夢の大学生活、通学は自転車で片道35分 (21日)
 毎朝7時、カオ・ニャット・リンさん(85歳)は、ハノイ市バックトゥーリエム区の自宅から自転車で大学に登校する。ワイシャツにズボン、サンダルとシンプルな装いで、ノートと筆記用具が入ったケースを自転車のカ...>> 続き
注射器を巧みに操る魔女、寒天に浮かび上がる可憐な3Dアート (14日)
 チャン・フオン・ガーさんは、寒天を使った3Dアートを創り出す「魔女」と呼ばれている。ガーさんが多く手掛けている作品はバラ、藤や菊、ザボンの花などの花々。しかし、寒天に絵を描くことはそう容易なことで...>> 続き
「ベトちゃんドクちゃん」分離手術から30年 (7日)
 今から30年前の1988年10月4日、ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の分離手術がホーチミン市ツーズー産婦人科病院で行われた。  兄のベトさん...>> 続き
3人仲良く100歳超え、ゲアン省の長寿三姉妹 (9/23)
 北中部地方ゲアン省イエンタイン郡リータイン村には、3人そろって100歳を超えた仲良し三姉妹が暮らしている。3人とも、高齢になった今も元気に自身の人生を楽しんでいる。  この三姉妹は、レ・ティ・トアイ...>> 続き
「生ける者も亡き者も助ける」が信条、親に代わり水子供養する女性 (9/16)
 ハノイ市ソックソン郡タインスアン村ドイコック集落に住むグエン・ティ・二エムさんは、2006年のある日、病院で我が子を「捨てに行く」母親を見て、不幸な子供たちのために何かしなければと思った。その日から1...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)