ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:1区で朝ご飯を食べるならここ!絶品朝食5選

2019/05/11 05:57 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市1区で朝ご飯を食べるなら、バインミー(ベトナム風のサンドイッチ)やお粥に南部地方の名物として知られる豚骨スープ麺のフーティウ(フーティエウ=Hu Tieu)など、あらゆるメニューが思い浮かぶ。本記事では、中でもおすすめの朝食5選を紹介する。

1.バインミーチャオ・リートゥチョン(Banh mi chao Ly Tu Trong)

 この店には正式な店名はなく、通称で呼ばれている。通称名にあるチャオ(chao)はフライパンを意味し、その名の通りフランスパンに挟む具材が熱々の小さなフライパンで提供される。60代の夫妻が経営する創業32年のこの店は、早朝5時にオープンするが、最も混み合うのは7時ごろだ。

 具材には目玉焼き、肉団子(シウマイ)、パテ、ベトナムハムなどがあり、価格は1人前4万VND(約190円)から。フライパンで出された具材を自分でパンに挟んだり、具材をそのままフライパンから直接食べながらパンをかじったり、思い思いの食べ方で楽しめる。(住所:8 Dang Tran Con St., Dist.1)



2.チャオロン・バーウット(Chao long Ba Ut)
 
 コーザン(Co Giang)通りで80年以上前から営業する老舗の豚モツ粥の店。金だらいを2つ合わせたような変わった形をした鍋でお粥がコトコトと炊かれ、その隣には大きなお盆に豚モツがどっさりと盛られている。注文すると、丼に手早くお粥と豚モツを入れて出してくれる。この店のお粥はお米を炒めてから炊くため芳ばしさも感じられる。豚モツ全種を入れたお粥は1杯4万VND(約190円)。(住所:193 Co Giang St., Dist.1)



3.ブンモック・タインマイ(Bun moc Thanh Mai)
 
 グエンアンニン(Nguyen An Ninh)通りとチュオンディン(Truong Dinh)通りの角で1980年初めに開業した店。朝5時から開店しており、午前中は混み合う。豚骨で出汁を取ったスープに細米麺、歯ごたえのある豚肉団子が入り、芳醇な香りが辺りに漂う。肉団子は自家製で、塊肉をミンチにして調味料を加えて練り上げている。メニューには大6万VND(約290円)、小5万5000VND(約260円)がある。(住所:14 Truong Dinh St., Dist.1)



4.ミー70(Mi 70)
 
 キーコン(Ky Cong)通りとグエンコンチュー(Nguyen Cong Tru)通りの角にある華僑料理の店。早朝からザンシン(ヤンシン)市場周辺に住む常連客が朝の一杯を食しにやって来る。メニューはスープにミー(中華風麺)、フーティウ、ブン(米細麺)、ワンタンなどと魚や豚肉、チャーシュー、豚レバー、豚腎臓などの具材が入っている。サイドメニューには肉団子(シウマイ)や蒸し餃子、またこんがり炙られたフランスパンを注文することも可能。メニュー1品は平均で3万5000VND(約170円)ほど。(住所:70 Ky Con St., Dist.1)



5.フーティウボーコー・グエンコンチュー(Hu tieu bo kho Nguyen Cong Tru)

 グエンコンチュー通りのザンシン(ヤンシン)市場付近に位置し、半世紀以上前から営業するボーコー(ベトナム風ビーフシチュー)専門店。営業は朝のみで午前10時ごろには閉店する。店には看板などはなく、唯一の目印は店頭の大鍋。客席3テーブルほどの小さな店構えだが、メニューは豊富だ。ボーコーはフーティウで食べるほかフランスパンを選ぶこともできる。
 
 ボーコーのほか、通常のフーティウ、豚肉や鶏肉のミーなどもメニューもあり、なかでもミックスミーが一番人気。1人前は麺2玉に豚腎臓、鶏肉、剥きエビ2尾、胃袋、魚、豚肉と具沢山で5万VND(約240円)。(住所なし)

[vnexpress.net 10:13 21/4/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
ベトジェットエア、運賃50%割引キャンペーン実施中―2月末まで (22日)
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は2月20日(木)から29日(土)まで、日本発着路線を含めた全ての国際線およびベトナム国内線を対象に、運賃50%割引キャンペーンを実施している。 ...>> 続き
国内航空各社、ホーチミン~ハノイ線で割引キャンペーン―往復4800円前後 (19日)
 国内の航空各社は現在、需要刺激策として、ホーチミン~ハノイ線の運賃割引キャンペーンを実施している。往復運賃は100万VND(約4800円)前後となっており、テト(旧正月)の600万VND(約2万8700円)から大きく引き下...>> 続き
「フォーブス・トラベルガイド2020」、ベトナムのホテル2軒が5つ星獲得 (19日)
 一流のホスピタリティを格付けする米国のトラベルガイド「フォーブス・トラベルガイド(Forbes Travel Guide)」はこのほど、世界で最も優れたホテルを格付けする第62回格付けリストを発表した。  ベトナムか...>> 続き
バンブー航空、2020年に国際線25路線を新規就航へ―新型コロナの影響なし (18日)
 地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)子会社のバンブー航空(Bamboo Airways)は、同社が2020年に計画している国際線25路線の就航への新型コロナウイルス(COVID-19)の影響はないとしている。  同社の新...>> 続き
ベトナム航空と米デルタ航空、ハノイ~羽田間でコードシェア開始 (18日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)と米デルタ航空(Delta Air Lines)は12日、ベトナム航空が運航するハノイ~羽田間で共同運航(コードシェア)を開始した。  これに伴い、デルタ航空の利用客は米国のミネ...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)