ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」独占インタビュー【前編】

2018/12/23 05:30 JST配信
Clip to Evernote

―――これまででベトナム人に一番受けたネタを教えてください。また、逆に一番受けなかったネタがあれば教えてください。

中川:ウケたネタは、僕が女装してミュージカルをするネタです。悲鳴と笑いの共鳴は凄まじかったです。ウケなかったネタは、何のネタか覚えていませんが、「できます」と言っておきながらオチで「できませんでした」となるネタです。例えば、吉本のハイキングウォーキングさんの「コーラを一気飲みしてゲップをせずに山手線の駅名を言い切る」という芸であれは、「ゲップをしてしまい駅名を全て言えなかった」というのがオチですが、ベトナムだとこれは「駅名を全て言えないとダメ」なんです。

井手:ベトナムに住んでいれば誰しもに起こり得る日常を題材にした「あるあるネタ」をリズムに乗せてやるネタはウケました。ウケないことで言えば、例えば真剣にゲームに取り組んでいる人の邪魔をしたりするボケは、そもそもツッコミの概念がないので無視されます。


―――普段どのようにしてネタを思いついたり、作ったりされますか。また、ベトナム人向けにネタを作るにあたり、気を付けていること、工夫していることなどありましたら教えてください。

中川:とにかくベトナム人にウケることを意識していて、ベトナム人に聞いたりしながらベトナムで流行っている歌やワードなどを入れるように心がけています。そして、そこに日本人ならではの目線や切り口も入れつつ、オリジナリティを出すようにしています。

井手:それに加えて、誰かが傷つくようなネタや誰かをいじりすぎるネタはやらないようにしています。ただの悪口ととられてしまうこともあるので・・・。

最新動画の1シーンの撮影中

―後編に続く―
※後編は、ベトナムのお笑い界と裏話、今後のビジョンなどについてのインタビューです!


ダブルウィッシュの2人が出演するイベントやテレビ番組などの最新情報、またベトナム住みます芸人ならではのベトナム情報はFacebookページYouTubeチャンネルでチェックを。

―――――――――――――――

ダブルウィッシュ(Double Wish)プロフィール

吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。メンバーはボケ担当の中川新介(なかがわしんすけ、1982年6月25日生まれ)とツッコミ担当の井手一博(いでかずひろ、1983年2月6日生まれ)。いずれも熊本県熊本市出身。高校時代、テレビ熊本の若者向けローカル情報番組「若っ人ランド」で共演したことがきっかけで、2008年4月にお笑いコンビを結成。2015年6月より「住みますアジア芸人」としてベトナムに住み始め、現地で活動している。

Facebookページ:https://www.facebook.com/doublewishkumamoto/
Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/doublewishkumamoto/

前へ   1   2   3   次へ
[2018年12月23日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
薪を蓄えて嫁入り、ジエ・チエン族の結婚の風習 (14日)
 南中部高原地方コントゥム省ゴックゴイ郡ダクズック村には、ベトナムの少数民族の1つであるジエ・チエン(Gie Trieng)族の人々が暮らしている。だいたいどの家にも、大きく均一で見た目の美しい薪の山がある。こ...>> 続き
娘の遺志継ぎベトナムに小学校開校、父親が再訪 (7日)
 南中部沿岸地方クアンナム省ディエンバン郡ディエンフオック村にある小学校「ジュンコスクール(JUNKO School=Truong Tieu hoc Junko)」。この学校は、ある1人の日本人女性の遺志を継ぎ、1995年9月4日に開校し...>> 続き
「他人の看病」で高収入、故郷を離れ病院で生活する女性たち (6/30)
 近年、人々の生活は日増しにせわしなくなり、多くの人は親しい人が病気になっても世話をする時間が取れない。そのため、病人の看病をするという新たな仕事が生まれた。ベトナムの大きな病院では、常時数十人か...>> 続き
下半身を動物に噛みちぎられた捨て子の少年、米国で大手術へ (6/23)
 2006年7月、ティエン・ニャン君は南中部沿岸地方クアンナム省ヌイタイン郡で生まれてすぐに捨てられ、野生動物に片足と性器を噛みちぎられた。捨てられてから3日後、ティエン・ニャン君は近くの住民に発見され...>> 続き
刑務所4回、悪党から改心し病院で炊き出し支援―元不良の新たな人生 (6/16)
 何度も罪を犯した悪党としての過去を背負いながら、グエン・タイン・クオン(Nguyen Thanh Cuong)さん(男性・49歳、ホーチミン市3区在住)は毎日、ホーチミン市腫瘍病院の前にトラックを停めて貧しい人々に無料で...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)