ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」独占インタビュー【前編】

2018/12/23 05:30 JST配信
Clip to Evernote

―――これまででベトナム人に一番受けたネタを教えてください。また、逆に一番受けなかったネタがあれば教えてください。

中川:ウケたネタは、僕が女装してミュージカルをするネタです。悲鳴と笑いの共鳴は凄まじかったです。ウケなかったネタは、何のネタか覚えていませんが、「できます」と言っておきながらオチで「できませんでした」となるネタです。例えば、吉本のハイキングウォーキングさんの「コーラを一気飲みしてゲップをせずに山手線の駅名を言い切る」という芸であれは、「ゲップをしてしまい駅名を全て言えなかった」というのがオチですが、ベトナムだとこれは「駅名を全て言えないとダメ」なんです。

井手:ベトナムに住んでいれば誰しもに起こり得る日常を題材にした「あるあるネタ」をリズムに乗せてやるネタはウケました。ウケないことで言えば、例えば真剣にゲームに取り組んでいる人の邪魔をしたりするボケは、そもそもツッコミの概念がないので無視されます。


―――普段どのようにしてネタを思いついたり、作ったりされますか。また、ベトナム人向けにネタを作るにあたり、気を付けていること、工夫していることなどありましたら教えてください。

中川:とにかくベトナム人にウケることを意識していて、ベトナム人に聞いたりしながらベトナムで流行っている歌やワードなどを入れるように心がけています。そして、そこに日本人ならではの目線や切り口も入れつつ、オリジナリティを出すようにしています。

井手:それに加えて、誰かが傷つくようなネタや誰かをいじりすぎるネタはやらないようにしています。ただの悪口ととられてしまうこともあるので・・・。

最新動画の1シーンの撮影中

―後編に続く―
※後編は、ベトナムのお笑い界と裏話、今後のビジョンなどについてのインタビューです!


ダブルウィッシュの2人が出演するイベントやテレビ番組などの最新情報、またベトナム住みます芸人ならではのベトナム情報はFacebookページYouTubeチャンネルでチェックを。

―――――――――――――――

ダブルウィッシュ(Double Wish)プロフィール

吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。メンバーはボケ担当の中川新介(なかがわしんすけ、1982年6月25日生まれ)とツッコミ担当の井手一博(いでかずひろ、1983年2月6日生まれ)。いずれも熊本県熊本市出身。高校時代、テレビ熊本の若者向けローカル情報番組「若っ人ランド」で共演したことがきっかけで、2008年4月にお笑いコンビを結成。2015年6月より「住みますアジア芸人」としてベトナムに住み始め、現地で活動している。

Facebookページ:https://www.facebook.com/doublewishkumamoto/
Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/doublewishkumamoto/

前へ   1   2   3   次へ
[2018年12月23日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
日常と観光のはざまに生きる、ハノイの線路脇の暮らし (5:49)
 ハノイ市当局はこのほど、同市のディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通り~フンフン(Phung Hung)通りの区間に敷かれた線路脇で営業していたカフェを一掃した。コーヒーを飲みながら列車が走る光景を眺めることが...>> 続き
ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」が新曲発表!独占インタビュー (13日)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースとベトナムエンタメ情報サイト「A-TIM’s(エータイムズ)」の合同取材によるものです。)  吉本興業が主導するアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」の芸人(住みますア...>> 続き
墓地にごみ捨て場、路上で90人の子供を拾い救った独身男性 (6日)
 グエン・バン・ラムさん(男性・47歳)は、11年余りの間に100人近い子供の命を救った。ごみ捨て場にいた子、トイレに捨てられていた子、両親を失った子、奇形の子…。男性はそんな子供たちを家に連れて帰り、彼ら...>> 続き
ベトナム映画「第三夫人と髪飾り」アッシュ・メイフェア監督インタビュー (9/29)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースとベトナムエンタメ情報サイト「A-TIM’s(エータイムズ)」の合同取材によるものです。)  世界の巨匠たちがその才能を絶賛する1985年生まれのベトナム人女性監督、アッシュ・...>> 続き
片腕を失った退役軍人、愛する妻への贈り物に5度家を建てる (9/22)
 ハノイ市バービー郡ドンタイ村(xa Dong Thai, huyen Ba Vi)在住のチャン・バン・クエットさん(60歳)は、23歳で軍に入隊し、カンボジアの戦場に派遣された。1981年に片腕を失い、また腹部に重傷を負ったため、戦...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)