ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち~【後編】

2019/05/12 05:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) Miwa ARAI
(C) Miwa ARAI 写真の拡大

森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち ダクラク省に国内初のゾウ保護観光施設オープン~
(※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。)


前編 → 森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち~【前編】


象体験(エレファント・エクスペリアンス)ツアー

 南中部高原地方ダクラク省と同ダクノン省にまたがるヨックドン(Yok Don)国立公園の森は熱帯密林ではない。落葉樹の立ち並ぶ高原の森林には小川や泉があり、平坦なトレッキングコースが整えられている。

地地元の少数民族エデ族のガイド。森の植物や、民族に伝わる薬草の効能や鳥の名を説明してくれる。

 のんびりと20分ほど歩いた頃「静かに、あそこにゾウがいます」とガイドが声をひそめた。最初は「どこに?」というくらいにわかりにくい。目を凝らすと、確かに木々の奥にゾウのシルエットが見える。


 大きな体がゆっくりと近づいてくる。静かな森に、段々とピシピシと、地面の小枝や落ち葉を踏みしめる音が聞こえてくる。ゾウは目の前を悠然と横切りその先で立ち止まり、木の枝を器用に鼻に巻いて押したり引いたりして遊び始めた。とても楽しそうだ。

 しばらくするともう一頭が現れた。約束をしていたのだろうか、優しく鼻であいさつを交わし顔を寄せ合い、まるで笑いあっているかのようだ。彼女たちから幸福感、満足感があふれ出ていて、こちらにも伝わってくる。森とゾウは完璧に調和し、すべてがその中に包み込まれるかのようだった。

 何かに感謝し、何かに祈りたいような温かな気持ちに満たされ、私たちは皆、言葉を失っていた。



イフン(Y Khun)

イフンとブンハム(Bun Kham)

前へ   1   2   3   次へ
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
女性が出稼ぎ、男性が子育てする村―別居婚の光と影 (23日)
 北部紅河デルタ地方タイビン省ドンフン郡ドンタン村(xa Dong Tan, huyen Dong Hung)では、村から海外へ出稼ぎに行く人の4分の3が女性だ。女性は子供たちを夫に任せて故郷を離れる。  ビンニン村落(thon Vin...>> 続き
ごみに人生を捧げる、大学卒業し資源回収で起業した若者 (16日)
 資源回収(ベーチャイ=ve chai)により資金を集め、3人の若者が資源回収で起業した。周りからは反対されたが、それでも彼らは諦めず、環境保護のメッセージを伝え続けている。  ホーチミン市内の多くの集合...>> 続き
新型コロナ感染の中国人男性、ベトナムでの治療の日々を語る (9日)
 「最初の病院からチョーライ病院までの道は全て封鎖されました。チョーライ病院の先生方は迅速に行動してくれて、私たち親子を1つの部屋に隔離し、いくつかの検査を行いました……」。  ベトナム国内で最初に...>> 続き
山林に1人で暮らす10歳の少年、父の死を乗り越え強く生きる (2日)
 父親の遺影を手にした日、少年は「お父さんはこんな見た目だったんだ」と震えながらつぶやいた。父親とは長いこと会えていなかった。  ある日の午前10時のことだった。東北部地方トゥエンクアン省ハムイエ...>> 続き
ベトナム人のイスラム教徒が迎えるテト (1/26)
 ハノイ市ドンアイン郡ボンラー村(xa Vong La, huyen Dong Anh)では、テト(旧正月)が近付くと人々は桃の木とキンカンの木を家に運び入れ、ラーゾン(la dong)の葉っぱを柱にくくって乾かし、子供たちは新しい服を...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)