ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち~【後編】

2019/05/12 05:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) Miwa ARAI
(C) Miwa ARAI 写真の拡大

森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち ダクラク省に国内初のゾウ保護観光施設オープン~
(※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。)


前編 → 森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち~【前編】


象体験(エレファント・エクスペリアンス)ツアー

 南中部高原地方ダクラク省と同ダクノン省にまたがるヨックドン(Yok Don)国立公園の森は熱帯密林ではない。落葉樹の立ち並ぶ高原の森林には小川や泉があり、平坦なトレッキングコースが整えられている。

地地元の少数民族エデ族のガイド。森の植物や、民族に伝わる薬草の効能や鳥の名を説明してくれる。

 のんびりと20分ほど歩いた頃「静かに、あそこにゾウがいます」とガイドが声をひそめた。最初は「どこに?」というくらいにわかりにくい。目を凝らすと、確かに木々の奥にゾウのシルエットが見える。


 大きな体がゆっくりと近づいてくる。静かな森に、段々とピシピシと、地面の小枝や落ち葉を踏みしめる音が聞こえてくる。ゾウは目の前を悠然と横切りその先で立ち止まり、木の枝を器用に鼻に巻いて押したり引いたりして遊び始めた。とても楽しそうだ。

 しばらくするともう一頭が現れた。約束をしていたのだろうか、優しく鼻であいさつを交わし顔を寄せ合い、まるで笑いあっているかのようだ。彼女たちから幸福感、満足感があふれ出ていて、こちらにも伝わってくる。森とゾウは完璧に調和し、すべてがその中に包み込まれるかのようだった。

 何かに感謝し、何かに祈りたいような温かな気持ちに満たされ、私たちは皆、言葉を失っていた。



イフン(Y Khun)

イフンとブンハム(Bun Kham)

前へ   1   2   3   次へ
© Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
脳死の息子の臓器提供、見知らぬ4人に「母」と呼ばれる女性 (21日)
 不慮の事故で脳死となった息子を「生かす」ため、ハノイ市に住むカン・ティ・ガンさん(女性・59歳)は、危篤状態の1人を含む5人に息子の臓器を提供する決心をした。5人のうち4人はまだ若く、自分への臓器提供者...>> 続き
薪を蓄えて嫁入り、ジエ・チエン族の結婚の風習 (14日)
 南中部高原地方コントゥム省ゴックゴイ郡ダクズック村には、ベトナムの少数民族の1つであるジエ・チエン(Gie Trieng)族の人々が暮らしている。だいたいどの家にも、大きく均一で見た目の美しい薪の山がある。こ...>> 続き
娘の遺志継ぎベトナムに小学校開校、父親が再訪 (7日)
 南中部沿岸地方クアンナム省ディエンバン郡ディエンフオック村にある小学校「ジュンコスクール(JUNKO School=Truong Tieu hoc Junko)」。この学校は、ある1人の日本人女性の遺志を継ぎ、1995年9月4日に開校し...>> 続き
「他人の看病」で高収入、故郷を離れ病院で生活する女性たち (6/30)
 近年、人々の生活は日増しにせわしなくなり、多くの人は親しい人が病気になっても世話をする時間が取れない。そのため、病人の看病をするという新たな仕事が生まれた。ベトナムの大きな病院では、常時数十人か...>> 続き
下半身を動物に噛みちぎられた捨て子の少年、米国で大手術へ (6/23)
 2006年7月、ティエン・ニャン君は南中部沿岸地方クアンナム省ヌイタイン郡で生まれてすぐに捨てられ、野生動物に片足と性器を噛みちぎられた。捨てられてから3日後、ティエン・ニャン君は近くの住民に発見され...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)