ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち~【後編】

2019/05/12 05:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) Miwa ARAI
(C) Miwa ARAI 写真の拡大

森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち ダクラク省に国内初のゾウ保護観光施設オープン~
(※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。)


前編 → 森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち~【前編】


象体験(エレファント・エクスペリアンス)ツアー

 南中部高原地方ダクラク省と同ダクノン省にまたがるヨックドン(Yok Don)国立公園の森は熱帯密林ではない。落葉樹の立ち並ぶ高原の森林には小川や泉があり、平坦なトレッキングコースが整えられている。

地地元の少数民族エデ族のガイド。森の植物や、民族に伝わる薬草の効能や鳥の名を説明してくれる。

 のんびりと20分ほど歩いた頃「静かに、あそこにゾウがいます」とガイドが声をひそめた。最初は「どこに?」というくらいにわかりにくい。目を凝らすと、確かに木々の奥にゾウのシルエットが見える。


 大きな体がゆっくりと近づいてくる。静かな森に、段々とピシピシと、地面の小枝や落ち葉を踏みしめる音が聞こえてくる。ゾウは目の前を悠然と横切りその先で立ち止まり、木の枝を器用に鼻に巻いて押したり引いたりして遊び始めた。とても楽しそうだ。

 しばらくするともう一頭が現れた。約束をしていたのだろうか、優しく鼻であいさつを交わし顔を寄せ合い、まるで笑いあっているかのようだ。彼女たちから幸福感、満足感があふれ出ていて、こちらにも伝わってくる。森とゾウは完璧に調和し、すべてがその中に包み込まれるかのようだった。

 何かに感謝し、何かに祈りたいような温かな気持ちに満たされ、私たちは皆、言葉を失っていた。



イフン(Y Khun)

イフンとブンハム(Bun Kham)

前へ   1   2   3   次へ
© Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
2人のマルティーヌ、アフリカに渡り王女となったベトナム人少女たちの運命 (15日)
 1970年11月末のことだった。17歳のマルティーヌは父親に会うためにアフリカへ渡りリムジンバスに乗るまで、旧サイゴンの路上でタバコ売りをしていたごく普通の少女だった。浅黒い肌と巻き毛をしたマルティーヌ...>> 続き
視覚障害のジャーナリスト、雑誌とラジオで視覚障害者に光を (8日)
 国営ベトナムの声放送局(VOV)のリポーター、そして編集者として活躍するホアン・バン・リーさんは、先天性失明者でありながら、独自のやり方で15年間にわたりジャーナリズムの仕事に情熱的に取り組んできた。 ...>> 続き
ホー・チ・ミン主席死去から50年、最期の日々をたどる (1日)
 故ホー・チ・ミン主席の死去から2019年9月2日で50年を迎える。  ホー・チ・ミン主席が死去する前に護衛を担当していたチャン・ベト・ホアン氏は、病気のホー・チ・ミン主席を間近で見守り、主席が亡くなる...>> 続き
「剣を置くのは芸を尽くした時」シングルファーザーの大道芸人 (8/25)
 観客が目を逸らしそうになるほど身体を張った技を披露した大道芸人は、スポットライトが消えると哀愁が漂う日常生活に戻る。  ステージに音楽が鳴り響く中、大道芸人のグエン・バン・ホアンさん(男性・34歳...>> 続き
<明日は明日の試合がある>フィリップ・トルシエ(元サッカー日本代表監督) ベトナムで育成世代にサッカー全力指導中【後編】 (8/18)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。) 前編 → <明日は明日の試合がある>フィリップ・トルシエ(元サッカー日本代表監督) ベトナムで育成世代にサッカー全力指導中【前編>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)