ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち~【前編】

2019/05/05 05:30 JST配信
(C) Miwa ARAI
(C) Miwa ARAI 写真の拡大

森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち ダクラク省に国内初のゾウ保護観光施設オープン~
(※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。)




 イフン(Y Khun)は思い出しただろうか、この森の匂いを。あの日突然足に掛かった罠、必死で助けようとする母親の悲鳴、あきらめ立ち去っていく家族の後ろ姿。

 今、目の前を歩いているのは、もう60年近くも前にこの森で捕らえられた年老いたゾウ、イフンだ。彼女の足には鎖はない。もう手鉤(テカギ:象使いが持つ鋭い金属フックのついた棒)が振り下ろされる音におびえることもない。長い長い時間がたってしまったけれど、彼女は家に帰ってきた。


ベトナムと野生動物

 ベトナムの自然は豊かだ。南北に長い国土は温帯と熱帯の気候に恵まれ、海と山と、そして乾季でも川の流れる広い森林がある。その森には虎、サイ、熊、ゾウ、鹿や様々な猿類、鳥や昆虫、植物が生息し、世界でもトップレベルの生物多様性を誇っていた。しかし、度重なる戦争や森林破壊、復興による農地宅地開拓で、動物たちは生きる場を追われた(*1)。

 漢方薬や毛皮、肉用の乱獲、密猟の標的にもなり、2010年、ベトナム最後の野生のサイは撃たれ絶滅、虎は数年前にわずか5頭と推定されている。希少なサルや多くの鳥、昆虫までもが次々と姿を消していっている。ニューヨークタイムズ紙は、今日のベトナムの国立公園を、動物も鳥もいない“空っぽの森”と描写し憂いた。

*1:ベトナム戦争時の森林の爆撃や枯葉剤散布、武器資材の運搬時の戦死(ゾウ)、肉を食用とされたことも生態破壊の要因となった。

野生象と使役象

南中部高原地方ダクラク省ブオンドン(Buon Don)観光区の象乗り観光。

 1980年代、国内に2000頭いた野生象は、今日100頭以下と推定されている。30~40年で5%に激減した(*2)。ベトナムの人々とゾウのかかわりは深く、ゾウは昔から労働力として森林の木材けん引、荷物運搬等に重用されてきた。

 その後、運搬車両や機械の導入でその需要が下がると、彼らは観光、つまり動物園やサーカス、観光用の象乗り施設などで使われるようになった。中でも観光客をゾウの背に乗せて歩く“象乗り(エレファント・ライド)”は、ベトナムや東南アジアの定番観光施設となっている。ベトナムにはこうした使役象が88頭いる。

*2:アジア象は絶滅危惧種(国際自然保護連合(IUCN)の評価)。

前へ   1   2   3   4   次へ
Clip to Evernote
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited