ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムの「パパ活」の実態に迫る【前編】シュガーベイビーとシュガーダディーの契約

2020/08/23 05:59 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 「僕のシュガーベイビーになって!良い関係が続けば、君は君が欲しいものを何でも手に入れられる。僕を満足させてくれればそれでいいから」。これは、地元紙の女性記者が「シュガーベイビー」を装って「シュガーダディー」に初めて会ったときに言われた言葉だ。

 シュガーダディーは、若くて美しい女性と「養子」の契約を結び、毎月お金を渡し、場合によっては家を賃貸し、スクーターも与える。その代わり、女性たちは契約に従わなければならず、時に性的関係にも応えなければならない。

 シュガーダディーとシュガーベイビーの関係は、海外でもよく知られる現象だ。ベトナムでは最近、オンラインの秘密のグループでやりとりが行われ、偽装売春のように「クリーンなもの」を装って存在している。

昔の恋人を忘れるために「娘」を探す男性

 このアンダーグラウンドな世界を探るため、地元紙「トゥオイチェー(Tuoi Tre)」の女性記者は、フェイスブック(Facebook)で2万8000人ものメンバーが参加するとある秘密のグループに潜入した。グループでは毎日、シュガーベイビーとシュガーダディーを募集するいくつもの投稿があり、秘密裏に活動している。

 記者は数日間グループの様子をうかがった後、偽のフェイスブックアカウントを作成し、インターネット上で拾ったセクシーな写真と自己紹介文を投稿した。ホーチミン市在住の大学3年生という設定で、美人で聞き分けが良く、週3回会うことができ、すべての秘密を守る、ということにした。

 1時間も経たないうちに何百もの反応があり、20人以上が「パパ」に立候補するメッセージを送ってきた。

 記者はオンラインでやりとりをし、候補者の中からホーチミン市ビンタン区の建設会社の社長と名乗る44歳のグエン・ドゥック・ビンさん(仮名)と会うことにした。ビンさんには妻子がいるという。

 ホーチミン市ビンタイン区ウンバンキエム(Ung Van Khiem)通りにあるカフェで初めて会ったとき、ビンさんは妻について優しくて有能な女性だと話した。しかし、妻に対して感情がわかなくなったため、プライベートな心の内を話せる若い女性を探しているのだという。

 ただ、話を聞くと、ビンさんに妻以外の女性が必要な一番の理由は、10年前に別れた昔の恋人を忘れるためだった。その元恋人は、ビンさんと妻を結婚させるために身を引いたのだった。

 女性記者が「もし奥さんが嫉妬したら?」とたずねると、ビンさんは「僕の妻は温和だから大丈夫。君はただ聞き分け良く、僕が妻を失うことのないようにしてくれれば何も問題ないよ!」と笑った。

前へ   1   2   3   4   次へ
[Tuoi Tre 10:51 15/08/2020, 08:18 14/08/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (11日)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4日)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
日本のベトナム人不法残留者数1.6万人、国籍別トップ (2日)
 日本の法務省出入国在留管理庁が発表した2021年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万5689人で、2020年1月1日時点の1万5561人と比べて+0.8%(...>> 続き
ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語 (3/28)
 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話が...>> 続き
新型コロナ禍で失業した夫婦、深夜の資源回収で生活支える (3/21)
 ベトナムでも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の打撃は大きく、特に今年のテト(旧正月)前に発生した第3波の影響により、テト明けに多くの人々が失業した。  ほとんど教育を受けておらず、ホーチミン市で...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited