ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

トランスジェンダーが集う「闇市」に潜入【後編】ネット売春の実態

2021/01/24 05:28 JST配信
Clip to Evernote
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet

前編はこちら

 トランスジェンダーの人々は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のグループを、性転換の悩みを相談したり、経験をシェアしたりする場としてだけでなく、自分の「サービス」を売り込むツールとしても活用している。

 前編でも話を聞いた東南部地方ビンズオン省在住のシャオ・ミー(Xiao Mie)さん(26歳)は、何度目かの約束でようやく、トランスジェンダーの売春に特化したフェイスブック(Facebook)の秘密のグループに記者を潜入させてくれた。

 グループに入るのは難しくなく、管理人からの簡単な質問に答えて数分待つだけで、グループの新メンバーになることができる。

 グループでは、完全に性転換手術を終えている人もそうでない人も、皆一様にセクシーな写真とコメントを投稿し、客を探している。ただし、度を超えた写真を投稿すればフェイスブックにグループのページを制限されてしまう危険性があるため、管理人が注意を促す。

 写真には、「お客さん募集中、ザロ(Zalo)で繋がりましょう」や「(ホーチミン市)8区在住のレディボーイ。お客さん募集中。連絡ください」など、客を探すコメントが添えられている。中には集団での売春を呼び掛ける人もいる。

 このグループの人々の「サービス」の料金は決して安くない。ゴック・リン・ニーと名乗るメンバーは「ホテルのみ。1時間50万VND(約2300円)。1晩100万VND(約4500円)」と書き込んでいた。

 一方、ゴ・ミー・イエンというメンバーは1時間60万VND(約2700円)、1晩120万VND(約5400円)を提示していた。メンバーたちは、数千万VND(1000万VND=約4万5000円)で「セックスツアー」も受ける。

 また、SNSのグループで公に活動するだけでなく、経験豊富な人はアダルトサイトを通じて客を探す。その1人であるN.M.さんはこう語る。「私はグループのほかに、ウェブサイトでもお客さんを探します。フェイスブックで出会うお客さんはほとんどが冷やかしで、声をかけるだけかけて、実際には会う気がない。そういうお客さんはいりません。ウェブサイトで見つけるお客さんのほうが、質が良いですね」。

 N.M.さんに紹介されたアダルトサイトにアクセスすると、生計を立てるために身体を売ることを選んだ女性たちが、自己紹介とともにヌードやベッドの写真を公開し、客を探している。アダルトサイトには、N.M.さん自身も投稿している、トランスジェンダーに特化したコンテンツもある。

前へ   1   2   3   次へ
[Vietnamnet 04:25 30/12/2020, 09:30 31/12/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (18日)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (11日)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4日)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
日本のベトナム人不法残留者数1.6万人、国籍別トップ (2日)
 日本の法務省出入国在留管理庁が発表した2021年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万5689人で、2020年1月1日時点の1万5561人と比べて+0.8%(...>> 続き
ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語 (3/28)
 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話が...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited