ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作

2021/02/21 05:10 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress

 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛けたのは、ホーチミン市在住のフリーランスの3Dデザイナーであるフイン・カオ・ブー・カンさん(男性・31歳)だ。

 ファンページで紹介されたのは、豚の角煮と煮玉子(thit kho tau=ティットコータウ)、ちまき(banh chung=バインチュン、banh tet=バインテット)、ゴーヤの肉詰め(kho qua don thit)などで、レゴの「今週の創作(Build Of The Week)」に選ばれた。

 カンさんは4~5歳のころからレゴで遊んでいたが、18歳になって再び触れるようになり、本格的に創作を始めた。以来、様々なテーマの作品を生み出している。

 今回のテトの食事の作品は、カンさんが2019年12月に創作した「テトを祝う(An Tet)」というテーマの一部だ。

 カンさんは、たまたま目に入った濃いオレンジ色の丸いブロックが、見た目もサイズもアヒルの煮卵の断面に似ていたことからこのテーマを思いついたという。「以来、レゴでテトの伝統的な食事をたくさん作ってきました」とカンさん。

 アイデアを生み出し、下絵を描くことも難しいが、作品にぴったり合ったレゴのピースを探すことはもっと難しいことだった。

 中でもカンさんにとって最も難しかったパーツは、ホアマイ(hoa mai=黄色い花をつけるミッキーマウスの木)の枝だ。躍動感のある本物らしい枝を作るために適したピースを探す必要があった。

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 05:05 18/02/2021 / Doanh Nghiep & Tiep Thi 07:58 18/02/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
自閉症の少年画家たちの夢、絵画で人生を彩る (10:21)
 2021年12月、「障がい者が学校に通う権利」というテーマで開催された絵画コンテストで最優秀賞を受賞した17歳のチャン・ナム・ロンさんは、成功に満ちた1年を締め括った。  障がいを持つ子どもたちが他の多...>> 続き
父親は麻薬中毒に暴力・母親は家出…幼い弟を育てる小学4年生の少年 (15日)
 西北部地方ソンラ省に住む小学4年生のザン・アー・ソン君は、麻薬中毒の父親から暴力を受け、母親が家出する中で、これまで3年間にわたり母親の帰りを待ちながら弟の世話を続けている。  ソン君は2019年末...>> 続き
ロンタイン空港建設、地図から消えた村と人々の新生活 (8日)
 ベトナム最大の空港となるロンタイン国際空港。この一大プロジェクトのために土地を譲った人々はいま、どのような暮らしを送っているのだろうか。 地図から消えた村  3月はじめ、ロンタイン国際空港建...>> 続き
ヤミ美容整形の世界【後編】SNSで手に入る資格 (1日)
前編はこちら  ホーチミン市ゴーバップ区のヤミ美容整形クリニックで仕事をする男性T(31歳)は、施術のコツをこう話す。  「鼻のフィラー注射は難しい。施術するときは、>> 続き
ヤミ美容整形の世界【前編】あなたも3日で「センセイ」に (4/24)
 美しくなりたいと受ける美容整形……しかし術後のトラブルは後を絶たず、死亡事故も出ている。ホーチミン市には、美容整形の技術を教えるという「教室」も多数存在するが、果たしてその実態は――。 練習はホ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved