ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作

2021/02/21 05:10 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress

 カンさんは何日も考えた後、飛行機用の2種類のプロペラのパーツがぴったりだと思いついた。しかし、このパーツは古い商品である上に数も少ないため、なかなか手に入らなかった。カンさんはタイからドイツ、米国まで各国のレゴ販売店に問い合わせ、3~4か月待ってようやく「材料」を揃えることができた。

 「テトを祝う」は、合わせて約5000ピースのレゴを使い、1か月ほどかけて完成した。最初はカンさん自身が楽しむために作り始めたものだったが、今やベトナムの伝統的なテトを再現した作品として世界の人々に紹介され、海外在住のベトナム人にも故郷を思い出させる1つのきっかけとなった。

 今年のテトの最新作は、ホアマイの植木だ。高さ35cmの大作で、本物そっくりに仕上がった。前の年にホアマイの枝を作った経験のおかげで、今回はわずか2週間で完成した。

 ホアマイの植木に加え、カンさんは友人と協力して、ベトナムの文化を紹介・PRする目的で、「テトがくる(Tet Ve)」と題したテーマの作品も生み出した。これは、テト前のホーチミン市の一角や人々の様子をレゴで再現したもので、変電所の前で花や国旗が売り買いされるシーンを描いている。

 さらにカンさんは、「なじみのもの(Nhung Dieu Quen Thuoc)」というテーマで、列車の踏切や花売りのバイク、床屋など、日々の生活に馴染んだ街角の風景を再現する作品にも着手している。

 新型コロナ禍の今、カンさんにとってレゴの創作は娯楽の1つというだけでなく、他の人々に前向きな気持ちになってもらうためのツールでもある。「何にせよ、人生は楽しくなければいけませんから」とカンさんは語った。
 

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 05:05 18/02/2021 / Doanh Nghiep & Tiep Thi 07:58 18/02/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
がんに打ち勝ったシングルマザー、病を経て人生に輝き (26日)
 トゥイさんにとってがんは人生の終わりではなく、彼女の人生をより輝かしく再スタートさせるためのチャンスとなった。 1日が50時間あればと願った闘病の日々  「お母さんね、がんになっちゃった!」トゥ...>> 続き
ハノイの「鍛冶屋村」唯一の女性職人 (19日)
 初夏の午前7時、ドー・ティ・トゥエンさん(女性・57歳)は手持ちの中で一番古い服を選び、ブーツを履き、分厚いグローブをはめ、布の帽子をかぶって、40年物の炉に火を入れる。  トゥエンさん一家の工房は、...>> 続き
日本初のベトナム人ロックバンド「KURROCK」、異彩を放つ魅力 (12日)
 2022年6月に東京・代々木公園イベント広場で開催された「ベトナムフェスティバル2022」で、ひときわ異彩を放つアーティストがステージに登場した。東京をベースに活動する、ベトナム人5人と日本人1人からなる6...>> 続き
「異形」のベトナム男児と米国女性の物語 (5日)
 17年前、ホープさん夫妻は、フンという名のベトナム人男児を養子に迎えた。小さく、体中に疥癬があり、そして顔の半分が腫瘍に覆われた男の子だった。  「サミュエルはもう高校を卒業して、じきに大学に入...>> 続き
兄は姉、妹は弟…トランスジェンダーの兄妹が自分自身を見つけるまで (5/29)
 男性の身体を持って生まれたキム・トゥンさんは、自分に無理をしながら周りの人々のために男性として生きていた。しかしある時トゥンさんは、妹のイエン・ニーさんも女性の身体を持ちながら内面は男性であるこ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved