ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

サパでイチゴ栽培に奮闘する夫婦、年間3万人が訪れる人気のイチゴ狩りスポットに

2021/06/13 10:32 JST配信
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大

 西北部地方ラオカイ省サパ町サパ街区からターフィン地域に向かって約7kmの場所に位置する面積2haのイチゴ農園は、イチゴ狩りが体験できるスポットとして多くの観光客で賑わい、サパを訪れる時に外せない「チェックイン」スポットの1つとなっている。

 この農園には各地から毎年3万人が訪れ、イチゴ狩りを体験している。最新技術を使った温室栽培が行われ、農薬や化学物質も使われていないため、イチゴは高品質かつ安全で、農園で摘んだイチゴをその場ですぐに食べることができる。

 この農園はサパで初めての大規模ハイテクイチゴ農園でもある。毎年15~16tが収穫でき、年間売上高は30億VND(約1440万円)に上る。

 このハイテクイチゴ農園は、ドー・ティ・キム・ズンさんとトゥアン・ギアさん夫婦が5年の歳月をかけて形作ったものだ。ギアさんは中国のホンハー学院で農業工学を学んでいた。

 2016年に夫婦と友人2人で資金を出し合ってイチゴ農園を開いたが、経験も技術的な知識もなかったため、イチゴは病気で腐ってしまった。それでも、費用を収益でカバーできたことは幸いだった。

 夫婦はその年の経験を生かし、翌年には自作の竹製ネットを使ったハウス栽培を始め、新しい品種の栽培の試行も続けた。しかしながら、まだ技術的な知識が十分でなかったため、収穫量は少なく、果実も酸っぱくなり、多くの病害虫の被害にも遭った。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Dan Tri 14:30 07/05/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホーチミンの「資源回収集落」に暮らす人々、集団感染で生き死にの境 (10:44)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の襲来で、ホーチミン市の「資源回収(ベーチャイ=ve chai)集落」に暮らす人々のほとんどが感染者(F0)となり、多くが生き死にの境に直面した。集団感染(クラスター)の発生か...>> 続き
映画「COME & GO カム・アンド・ゴー」日本公開、小野美由紀(作家)×リム・カーワイ(映画監督)対談 (21日)
 アジア9か国・地域のキャストが出演するリム・カーワイ監督作「COME & GO カム・アンド・ゴー」が、11月19日に日本で公開された。この映画は、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ネパ...>> 続き
乳児期の火傷で顔にケロイド、差別を乗り越え夢のケーキ屋をオープンした男性 (14日)
 顔にケロイドがあるゴ・クイ・ハイさん(男性・27歳)は、10歳のときに聴覚障害を持つ友人の誕生日ケーキを買いにケーキ屋に入ったが、顔が醜いという理由で店から追い出されてしまった。それからというもの、ハ...>> 続き
米国で7年服役した有名ハッカー、政府公認の専門家として社会貢献 (7日)
 「HieuPC」ことゴ・ミン・ヒエウさん(男性・32歳、南中部高原地方ザライ省出身)は、多国籍サイバー犯罪者集団の1人として2013年に米国で逮捕された、有名な元ブラックハットハッカーだ。米国で7年間服役した後...>> 続き
新型コロナで彼女の故郷に足止め、そのまま結婚したサイゴンの男性とモン族の女性 (10/31)
 4月30日の南部解放記念日に伴う連休に合わせて、西北部地方ライチャウ省に暮らす恋人のもとを訪れたホーチミン市出身のグエン・タイン・ゴックさん(1996年生まれ)は、同時期に新型コロナウイルス感染症(COVID-1...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited