ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語

2021/09/19 10:31 JST配信
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大

 今は一緒に暮らしているものの、初めて出会った日のことを思い出すと、夫婦は今でも夢のようだと感じている。

 「交通違反をした女性が交通警察官に罰せられ、後に2人がカップルになるというシチュエーションの映画をよく観ていたのですが、まさか実生活で自分がこういった話の主人公になる日を迎えるとは思ってもいませんでした」と、ラン・アインさんは笑いながら語った。

 西北部地方イエンバイ省出身で1999年生まれのラン・アインさんと夫のグエン・バン・タンさんは、他のカップルとは全く違う出会い方をした。ラン・アインさんは今でも2人が出会った日付と時刻まで正確に覚えているという。

 「私が交通違反をして、交通警察官の彼に取り締まられたんです。だから、出会った時刻も調書に記録されていて…。今でもその調書を記念に保管しています」。

 2018年6月29日、ラン・アインさんはバイクの運転免許証の試験を受けるため、自分でバイクを運転して出かけた。無事試験に合格して家に帰る途中、交通警察官に止められ、運転免許証不携帯で罰せられることになった。ラン・アインさんはその日試験に合格したことを伝えたが、それでも違反になるのだと言われた。

 自身が交通違反を犯したことを理解したラン・アインさんは、違反調書に署名し、バイクも1週間没収されることになった。この時、ラン・アインさんの調書を作成したのが、現在の夫であるタンさんだった。

 初めてタンさんに会ったときの印象をラン・アインさんに聞くと、「初めて会った時の状況はとても悲惨で、とても緊迫していました。彼の印象は、真面目な顔つきで気難しい警察官の『おじさん』という感じ。あの日はとても暑かったので、皆の表情にイライラがにじみ出ていたんです」と教えてくれた。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Dan Tri 14:45 10/08/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
新型コロナ禍、しめやかに死者を送り出す人々 (17日)
 女性は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で亡くなった夫の遺体がビニール袋に包まれ、外に運び出されていく様子に背を向けた。  「棺は?」と聞かれ、「いえ、ありません。ご遺体は袋に入れて密封し、...>> 続き
2度の悲しみを乗り越えて、夫婦が手に抱いた「贈り物」 (10日)
 9月15日に行われた娘の誕生1か月祝いに、レ・バン・ビンさん(50歳)と妻のグエン・ティ・リエウさん(47歳)は改めて見つめ合い、6年越しの幸せに涙を流した。  北中部地方ハティン省ホンリン町ドゥックトゥア...>> 続き
新型コロナ死者の遺影を無料で作成、遺族に寄り添う (3日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で愛する人を失いながらも故人の遺影が作れないという家庭がたくさんあることを知り、グエン・アンさん(男性・33歳)は遺影の作成を無料で引き受けることにした。  新型...>> 続き
新型コロナ禍、両親と祖父母を失った14歳の少女 (9/26)
 ホーチミン市ビンチャイン郡在住のグエン・ティ・マイ・カインさん(14歳)は、父親が急死したショックから立ち直る間もなく、母親、そして母方の祖父母を、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により相次いで失...>> 続き
ハノイで3世代続く国旗の縫製職人、祖国の象徴と伝統を守って (9/12)
 ハノイ市で3代にわたりベトナム国旗の縫製を家業としているトゥオンティン郡レロイ村トゥーバン村落(lang Tu Van, xa Le Loi, huyen Thuong Tin)在住のグエン・バン・フックさん(45歳)は、200枚の国旗を丁寧に...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited