ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで

2022/01/16 10:52 JST配信
2022/01/21 17:50 JST最終更新
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。

 東北部地方バクザン省イエンテー郡出身のソンさんにとって最も大きな人生の節目は、日本での7年間におよぶジムでのトレーニングを経て国際ボディビルダーズ連盟(IFBB)のプロカードを獲得し、プロコンテストに足を踏み入れたことだ。

 「2022年の目標は、2023年に米国のラスベガスで開催される世界で最も権威あるボディビル大会『ミスター・オリンピア(Mr. Olympia)』の予選を通過し、ベトナム人初の出場者になることです」とソンさんは意気込みを語った。

 これは、ソンさんが2014年にジムに通い始めた当初は考えもしなかった展開だ。

 当時、ソンさんと恋人は共に日本に留学していた。しかし、ソンさんはアルバイトで忙しく、恋人と過ごす時間も持てなかった。恋人から別れを告げられた時、身長168cmで51kgあったソンさんの体重は47kgまで落ちていた。

 ソンさんは恋人と別れたストレスを晴らすため、また自分自身を磨いて自尊心を高めるためにジムでトレーニングを始めることに決めた。しかし、ルームメイトの友人は、ジムはお金がかかり留学生の生活には見合わないと必死に思い止まらせようとしたという。

 ソンさんはジムでのトレーニング時間を毎日2時間確保するため、夜間のアルバイトを減らした。一方、毎月のジムの費用は生活費のおよそ半分を占めた。パーソナルトレーナーを雇うお金もなく、ユーチューブ(YouTube)や本でボディビルについて独学し、また栄養学やカロリー計算、トレーニングの方法についても学んだ。その結果、6か月後にはソンさんの体重は60kgに増加し、身体も引き締まった。

 体型に自信が持てるようになると、ソンさんは在日ベトナム人のコミュニティに積極的に参加するようになり、トレーニング方法や栄養管理について多くの質問を受けるようになった。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 07:00 17/12/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
父親は麻薬中毒に暴力・母親は家出…幼い弟を育てる小学4年生の少年 (15日)
 西北部地方ソンラ省に住む小学4年生のザン・アー・ソン君は、麻薬中毒の父親から暴力を受け、母親が家出する中で、これまで3年間にわたり母親の帰りを待ちながら弟の世話を続けている。  ソン君は2019年末...>> 続き
ロンタイン空港建設、地図から消えた村と人々の新生活 (8日)
 ベトナム最大の空港となるロンタイン国際空港。この一大プロジェクトのために土地を譲った人々はいま、どのような暮らしを送っているのだろうか。 地図から消えた村  3月はじめ、ロンタイン国際空港建...>> 続き
ヤミ美容整形の世界【後編】SNSで手に入る資格 (1日)
前編はこちら  ホーチミン市ゴーバップ区のヤミ美容整形クリニックで仕事をする男性T(31歳)は、施術のコツをこう話す。  「鼻のフィラー注射は難しい。施術するときは、>> 続き
ヤミ美容整形の世界【前編】あなたも3日で「センセイ」に (4/24)
 美しくなりたいと受ける美容整形……しかし術後のトラブルは後を絶たず、死亡事故も出ている。ホーチミン市には、美容整形の技術を教えるという「教室」も多数存在するが、果たしてその実態は――。 練習はホ...>> 続き
ウクライナから帰国した越僑たちの新生活、母国語を学ぶ子供も (4/17)
 ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、戦火を逃れてウクライナからベトナムに帰国した在外ベトナム人(越僑)たちは今、故郷での新生活に慣れようとしているところだ。  「悲しいですし、ウクライナに残して...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved